聖ヴィレティ団

西方諸島におけるフィシャ・フォン・フィアンシャの聖ヴィレティ宣教士派遣団(古理:nisn'd minixss'c molo fixa'd fianxa'd shone vileti'd oiljerss'd kuounerss cel))通称、聖ヴィレティ団(Shone vileterss, SV)はphil.812年にフィシャ・フォン・フィアンシャによって設立されたリパラオネ教布教団体。

名称

  • nisn'd minixss'c molo fixa'd fianxa'd shone vileti'd oiljerss'd kuounerss cel(Shone vileterss) - 古理
  • Nisnen menis io fixa fon fi'anxa'd esten vileti'd tvasnli'eserrgen fao(Cierjustel esten vileti) - 新理
  • 西島心意之友型御全清正論行人集 - 燐字表記
  • Zito mounyene fixaga fi'anxaga ecuchuna viletige i-faconabige vokimoja - アイル語
  • yk2 dop1 hia1-xa1 a hi1-xa2 am be1-lin-tit1 zui1 mok1 cuk2 dat2 - パイグ語

概要

phil.810年にイェクト・ユピュイーデャがパイグ人共同体からレアディオに帰り、パイグ人などの神秘性について記した「西方の諸島における先住民の神秘的な生活とその文化について」の売れ行きはその非リパラオネ教性の強さによってフォン・フィアンシャ内でも危機感を持つグループができていた。ヴィデュン派とフィシャ派の対立を危惧し、全ての派閥の長であるは直接手を下すことは憚られたフィシャ・フォン・フィアンシャは、派閥とフォン・フィアンシャの上下構造から距離を置いていた聖ヴィレティ・フィアンシャのジェパーシャーツニアーであるフィシャ・リーサに慈善団体として聖ヴィレティ団の結成を命令し、裏ではパイグ、アイル、タカン民族のリパラオネ教化を命令した。
しかしながら、中立的立ち位置に居た聖ヴィレティ団は布教の姿勢を示しながらも諸島民族への伝統的な宗教を認めながら、その改宗は個人の意思に任せ強制しないというステトニース宣言をフィシャ・フォン・フィアンシャに提出した。するとヴィデュン・フォン・フィアンシャを初めとしたヴィデュン派フィアンシャが反発、フィシャ・フォン・フィアンシャに聖ヴィレティ団の即時帰国を促すよう署名を送ろうとしたが、フィシャ派による爆破工作によって署名諸共存在を消し去った。(ステトニース事件)
これが発覚し、ヴィデュン・フォン・フィアンシャとフィーナ・フォン・フィアンシャはお互いに宣戦布告を宣言し、お互いのシャーツニアーを街中や夜中に殺しあったり、フィアンシャを爆破する異常な状態ヴィデュニア抗争に発展した。フィシャ・フォン・フィアンシャは責任を聖ヴィレティ団に押し付け、自らの責任は無い事を主張したが、聖ヴィレティ団は裏でフィシャ・フォン・フィアンシャから宣教を命令されていたこと公開する。抗争は一旦停止するが、フィシャ・フォン・フィアンシャの力は少しづつ弱まっていた。

抗争後もこの団体は残り続け、独立国家戦争時代での慈善活動やPhil.2003年におけるハタ王国における信仰の調査など、フィシャ・フォン・フィアンシャンの先鋭団体として動き続けた。連邦影響圏では大学や高等教育機関を設立した。アイル共和国アイル自治区における大学や高等教育機関の50%は聖ヴィレティ団の運営によるものである。ファルトクノア内戦後の布教・慈善活動やラーツォルペン公国など大宇宙連合会議加盟諸国においても布教を率先して行なっている。

思想

聖ヴィレティ団の思想としては、フィシャ・フォン・フィアンシャに命ぜられた布教、リパラオネ教におけるステトニースの教えを元とする寛容、組織の目的を表した慈愛の三点を重要なところとしており、また聖ヴィレティ・フィアンシャの理教思想を受け継いでいるところもあるためフィシャ・フォン・フィアンシャからの上下構造に依存していないところからのリパラオネ教に対する聖典至上主義がある。フィシャ派やヴィデュン派のような決まりに決まった教義からではなく、個人個人が聖典からどのように可能性を信仰するのか、ということに重きを置いている。また、ステトニースの教えはこれの例外として、理教の教えとは違う宗教の教えとしても、それはアレフィスへの信仰には間違いないという思想を持っている。



・リパラオネ教章


Comments