民族保守運動

民族保守運動(cesnertust fon lani'ar)とは、ユエスレオネに存在した市民団体である。通称はCUFL。外国人によるユエスレオネでの問題と存在するとされる外国人問題に対して警告を成し排除するように呼びかけることを綱領として設立された。

概要

Phil.2002にLexerl J. ivaafisによって設立された組織であり、当初は外国人に存在するとされる経済的な特権に対する訂正を求めてデモを行った。当初あったユエスレオネのハタ王国に対する大幅関税緩和などを激烈に批判し、これを撤回させたなど一定の成果を上げることが出来た。ivaafisは、リパラオネ主義者であったが、ユエスレオネの経済を破壊するというこれらの特権政策を批判し、この組織をそのためのみに動かした。

会長の死

Phil.2003、ユエスレオネ革命において会長であるLexerl J. ivaafisが革命に巻き込まれることによって急死、会長の弟であるLexerl J. iurleafisが公認を担うようになった。iurleafisは急進的なリパラオネ主義者であり、この年にCUFLは内部の組織改革によって、リパナス主義が綱領に取り上げられ反する活動家を排除した。このCUFLのリパナス主義化のために活動が過激化、ラネーメ主義への対決姿勢、対外排除姿勢を強め、インターナショナルスクールでの誹謗中傷活動や生徒への傷害事件や脅迫を繰り返し、ユエスレオネ連邦から極右組織と認定された。

七六事件

Phil.2003.7.6、フェーユ・ハタ国際高等学校WP学科
において広報活動と称して生徒の下校中にCUFLが誹謗中傷をしていたが、それに対抗するために集結した数名の生徒が同盟員をWPで殺害、近くにある事務所を襲撃組織員を全員殺害する事件が発生する。これによりCUFLは活動が活発化、ハタ系への排外活動が活発化、デュインにまでついで進出したがユエスレオネ連邦の決定によってCUFLの健全化、再教育が強制的に実施され、本部をデュインに移動させ国外追放とした。この後にDAPEがおきることになるが、DAPEにおいてCUFLはシェルタスャートゥンデに集結していた。この後のシェルタスャートゥンデ空襲の影響で構成員がほとんど死亡してしまい生き残ったCUFL構成員はユエスレオネに戻りリパナス党に入党したためCUFLはリパナス党に飲み込まれ消滅した。

民族保守運動

略称 CUFL
前身 南フェーユ・リパラオネ民族主義運動
設立年 Phil.2002
種類 市民団体任意団体
目的 外国人問題の提起および解決
本部 連邦・南フェーユ
位置 右派
極右
ユエスレオネ右翼主義
リパラオネ民族主義
排外主義
メンバー 26,014人
(Phil.2004時点)
公用語 リパライン語
会長 Lexerl jumili'a ivaafis
設立者 Lexerl jumili'a iurleafis
関連組織 リパナス党
スタッフ 1252人
(Phil.2004時点)
予算 9,822,823Ledz
(Phil.2004年度)


Comments