Elmo'd fi'a

フィア戦争とはピリフィアー暦紀元前3年に起こった戦争

始まり
Mp.10らへんアロアイェーレームの力も弱まりADLPの各地域牽制が強まりいっそうネートニアーによるケートニアーバッシングは強くなっていった。それに伴ってケートニアーとネートニアーの地域紛争が少々だが起こり始める。 ここでラネーメ・デーノの間らへんに反ケートニアーの集団勢力が現地政権とXelken勢力が紛争を始める。

Xelken.valtoalの分離
Xelken.valtoal内は思想の違いで分裂し始め、初期の原理派閥が中核派、これに反して国を作ろうとする派閥であるウスラー派(後に過激な思想でXelken.alesになりDAPEを起こす。)が分離するが完全に分離していないXelken.valtoal内では緊張状態が続いていた。

NKSSの成立
反ケートニアー勢力は拡大し続けネートニアー解放戦線(Neprtodnipad kudephadud Sepn-Sepn)を構成、さらに勢力を拡大していくが途中でADLP勢力に西側から、Xelken勢力に東側から攻め込まれ膠着状態になる。

東側Xelken.valtoalの分離内戦とラネーメ人勢力
Xelken.valtoalのNKSS東側勢力は派閥を考慮していなかった。本部X.Vの派閥分離が激化していくにつれNKSS東側X.V勢力は北西のX.V中核勢力と南西のX.Vウスラー勢力、南東のX.V中立自衛勢力の三つに別れ内戦を始めるが消耗が激しく直ぐに終戦する。これを知ったADLP勢力は東ラネーメ海から攻め込みX.Vと交戦を開始する。 Mp.7年、NKSS西側勢力にラネーメンが加勢を始めるがADLPとの連携がうまく行かずデーノ中核部までNKSSに入り込まれる。ADLPとラネーメ地域政権、デーノ地域政権、リパラオネ地域政権はXelken.valtoalとNKSSに宣戦布告する。これを受けXelken.valtoalとNKSSは休戦協定(フェプアド停戦条約)を結び協戦することになる。

ADLPと地域政権の亀裂
ADLPは地域政権軍をADLPのコントロール下に置こうとしたが地域政権が拒否し現地での亀裂がどんどん深まっていく。
フィア戦争


戦争:フィア戦争(フィア紛争、フィアの乱)
年月日:ピリフィアー暦紀元前3年頃からlart.に入るまでに終結
場所:ファイクレオネ全地上
結果:反ケートニアーン勢力・Xelken勢力の勝利、ADLP勢力の弱化→政権樹立戦争へ…
交戦勢力
Xelken勢力

Xelken.valtoal
-中核派
-WsLer(ウスラー)派
→後にX.Alesになる勢力
反ケートニアーン勢力
ネートニアー解放戦線 ラネーメネン派(NKSS-Rn)
反Xelken同盟
クワイエ・ネート解放同盟
 ADLP勢力
聖学会派
古理派
現地政権勢力
ラネーメ地域政権(ラネーメン)
デーノ地域政権(デヘーノエン)
北レアディオ地域政権(ケーレアディオン)
南レアディオ地域政権(ファーディオン)
リパラオネ地域政権(リパライネン)
 中間勢力
ラネーメ人武装勢力
クワイエ人武装勢力
 
Comments