ファイクレオネ法制史

本項ではファイクレオネの法制史について解説する。

アレス法制

諸邦分離時代のアレス法制においては高度な司法制度が成立していた。皇論における「心を縛る」ことへの反感によって否定することや禁止することを嫌う、やってはいけないことは規制になった。

民事と刑事の司法的分離

刑事(古理:rognor、理:rognorr)は国家の統治の過程で発達した。民事(古理:huciervelo、理:faci'erla)は民間の紛争解決にまつわる解決屋みたいなものが存在していたが、後世になって皇帝が公的なものとして、アレス法制に組み込まれた。弁護士職であるフシエーヴェル(古理:huciervel、淮:faciervel、理:faci'erv)が成立し、これは世襲化した。

アレス裁判

初期アレス王朝において存在した裁判機構として、成立した。また、アレス王朝におけるリパラオネ人の犯罪はアレス王族家の三人の許可があればリパライン・ゾピタル(la lipalainen-sopital)という別の裁判機構で裁かれる事を許されたが、それ以外では必ずアレス裁判に従った。初期アレス王朝司法では三つの異なる性質を持つフラックガルド(古理:hlckgardo理:flarskaval, 裁判所)を持ち、様々な『判決』のみを司った(決定や命令は司法府であるアレス王が司る)、被告は三審制を利用して二回まで判決を不服とすることは出来るが第三判決はその効力をアレス王によるものでなければ取り下げる事は出来ず、事実上の強制となった(アレス王はリパライン司法整備までにこれを取り下げた事は3回しかない)。裁判は被告・訴人(刑事裁判に当たる裁判は公共の安全・安寧を守るために設置されたジュリザード dzylisardがなった。)・フキエー(古理:hucier、理:faci'erv, 弁護人)・フラッカー(古理:hlcker、理:flarskaver, 裁判官)を基本構成とした。

三裁判所

-民衆裁判所
三審制のうち第一に来る裁判所。法源は慣例法・条理である。アレス王朝の裁判所運営機構が司法に関係しない国民からランダムに裁判官に任命する。

-普通裁判所(王朝裁判所)
三審制のうち第二・第三に取られる裁判所。法源は法律・慣例法・判例法・条理・アレス王朝の命令である。宗教的な判断は完全に排除される。裁判官はアレス王朝の裁判所運営機構が立てた教育機関で教育された人間のみを利用する。

-宗教裁判所
三審制のうち第三に取られる裁判所。裁判官は各宗教の宗教家となる、例えばリパラオネ教徒ならシャーツニアーと言う風である。この裁判所の判決はアレス王以外には絶対である。法源は各宗教の教典である。第一審・第二審の罰の決定に対する宗教的判定になっており、アレス王が同席することが決まっている。被告と訴人の宗教が違っていた場合は第三審は普通裁判所で行なわれる。

フヅミ法制

アレス・フヅミによって紀元前4461年にフヅミ法典が成立すると、アレス法制はその効力を失った。

フヅミ分類

フヅミ法典においては下記の通り分類された。
  • ログノール(刑事:古理:rognor、理:rognorr)
    • (基本法:古理:Augard addacino、理:Gylery'd sopit)
    • (行政法:古理:Arlefiagnaddacino、理:Febikaxten sopit)
    • (刑事法:古理:Rognor addacino、理:Rognorrili'a sopit)
  • フキエーヴェロ(民事:古理:huciervelo、理:faci'erla)
    • (民事法:古理:Huciervelo addacino、理:Faci'erlavili'a sopit)
    • (裁判法:古理:Hlcko addacino、理:Flarska'd sopit)
    • (産業法:古理:Humenzen addacino、理:En'iar'd sopit)


Comments