リパライン論‎ > ‎文化‎ > ‎

xelken

ファイクレオネではリパライン二代目をFAFSが作ったとき派閥が2つに分かれた 
akademice(学会派) そしてxelken(古理派)だ 
もともとFAFSのいた団体がxelkenのもとで文法を変更し造語法も変更したFAFSをすてValtol(※1)という青年が一代目にもどすよう学会に要請したが学会は裏でFAFSに操作されていたためxelkenは一代目にもどすために各地でテロ行為を働いている

一方akademiceもFAFSに激怒し学会から追い出した 
その後FAFSは新たな派閥である「中理派」を作り上げ学会に参加し続けた

イスラム教過激派みたいなもんでレシェール語やユナ語の利用箇所で爆発デロを起こしている 
いまでも西ルートではテロの脅威にさらされている 
(東ルートはxelkenや中理派が多い)

※1.もともとの表記はxelken.valtoalのため古い文章ではそう書かれている場合がある
Comments