Kranteerl y io xal


「あ…。」
教室に入った翔太は違和感を覚えていた。
クラス内の空気はいつもと違う。


"Ar..."
Liaxu jnsirznyki'l lex en xorta's xorln iulo'i tisod.
Jnistilt io lartmarle es xorln.

「はい、おいお前ら着席しろ!」
担任が入ってくる、と共に欧米風の銀髪の少女が入ってきた。
「今日、転校してきたアレス・シャルさんだ。」
暑苦しい担任は、教室を指し彼女に自己紹介を示唆した。


"Jei, alsasti, perne de!"
Jnistiltoer's en mal eu'ropi'a xale jukskouxfen miana's en.
"Si es ales.xal zu xemesnif fqa'l."
Attaferle inistiltoer's aubeseme'i celes.

少女は一歩前へ、

Miana's lemonpastaon fontatat.

"Mi'd aloajerlerm es ales.xal. plaxci co lu."
「じゃ、空いてる席に座ってくれ~」

「私の名前はアレス・シャルです。宜しくお願いします。」
"Mal, perne pernefeala'c plax do."

シャルは自分の横教室の左最後尾に座ることになった。
しかし、あれは何語だろうか、彼女はどこから来たのだろうか

Xala's mi'd ektir'd zu insirznyki'd les labacken nertnir io perne.
Pa, harmie ci'd lkurftless es n. Harmue ci'd icco es n.


「昼飯、昼飯っと おい、夕張!行くぞ」
夕張とは、クラスメイトの友達でいつもいっしょに飯を食っている。
「おい、八ヶ崎」
「ん?」
「あの、転校生の女の子可愛かったよな。」
「あ、うんそうだな」
「あっ、そうやって平凡気取ってても気になってるの分かってるんだからな!」
夕張が言い終わる前に屋上のドアが開いた。
そこにはシャルがいた。

"Nostususti, jei jurbalisti, lecu tydiest!"
Jurbali's blensa'd mena es. Mi's si at jui knloan.
"Mal, jazgasakisti."
"N ja?"
"Fgir io l'mol mian fon xemesnifer es jul lys."
"Ajer, ja."
"Jei, fi co es farfel xale, mi qune tisoderl co's!"
Niv liaxa jurbali's lkurf mal harmae's acelajur'd isis'i pen.
Fgir io xala's mol.

シャルは僕を見つけ手を掴んで引っ張っていった。
夕張が呆然と立ち尽くしていたが階段に入るまで「抜け駆けはゆるざんぞ!」などと喚いていた。

Mi'i lex jel xala's latas'i derok.
Liaxu jurbali's felorta tat pa mi's azuazmalife'l tydiestil io "Mi farmes niv ansourn eso!" xale iulo'i lkurf.

第二話


_____

シャルは僕を連れてどんどん歩いていく。
僕は暫く彼女にされるがままでいたが、やがて足を止めた。
シャルは急に僕が止まって驚いたのか、こちらに振り向いた。

Xala's mi'i derok mal fonton tydiest.
Liaxu mi's veles elx kyrfeo'i pa zisrles'rasta votyninerfe delok.
Xala's mi'st yuihurk deloko melsj jusnuk mal mi'l ijisnes.

「???????!! ?????!?」

"???????!! ?????!?"

彼女は何かを伝えようとしているみたいだが、僕には全く伝わってこない。
彼女はなおも意味不明な言葉を口にしている。
このままじゃ埒が明かない。
なら・・・!

Ci's fhasfa'i hartkarfel ly pa mi's als'i qune niv.
Liaxu ci's kantenerfe lkurferl'i lkurf.
Fi liaxu la lex xaleon mol, elx xeleback niv.
Mal.

「どぅ・・・Do you speak English?」

"Dur…・Do you speak English?"

僕は決して英語が得意というわけではないが、こうするしか無い。
シャルの動きが止まった。
どうやら通じたらしい。

Cene niv mi's kikud'i tesyl lot lkurf celea pa elx la lex es yst ecpielnt.
Mal, xala's lkurfo'i derok.

すると、彼女は、
「I can't understand why you stopped so quickly! I was very suprised!」

Mal, Ci's lkurf ny la lex.
"I can't understand why you stopped so quickly! I was very suprised!"

どうやらかなり怒っていらっしゃるようだ。
「I'm sorry. But, I want you to tell me why you take me. I was suprised,too because you took me without saying anything.」

Larfenkurneerle's faeo ly es.
"I'm sorry. But, I want you to tell me why you take me. I was suprised,too because you took me without saying anything."

ここまで一気に喋って、一息ついた。
ああ、英語っていざ使うとなると凄く難しい!

La lex elj als'i lkurfo faij eo lex liaxa mi's desniex.
Arx, kikud xale lkurftless'i lusele's no io snietijewel es.

「And, If you can speak Japanese,please speak in Japanese.」
日本語通じますように・・・!
そう念じながら、シャルに言ってみた。

"And, If you can speak Japanese,please speak in Japanese."
Mal, lkurf pustiej plax.

「・・最初っからそう言ってよ。あんたの英語グダグダ過ぎて分かりづらかったわよ」

"Mal, lkurf fontlesj la lex'i. Co's fistirpa kikudeso m'es firlexesykinerfe es.

なら最初から日本語で喋れよ!
俺が屋上で日本語話してたの知ってんだろ!

Mal, Shrlo pustiej'i fontles lkurf!
Co qune ny la lex. Liaxu misse's pustiej'i lkurf!

そう心の中で叫んでいたら、シャルはくすっと笑った。
その笑顔は、とても可愛らしくて、さっきの事なんかどうでも良くなってきた。

La lex'i fyrdenon vedir mal xala's tetol.
La lexe'd la tetola's set jul es mal mi's ny la lexe'd syten is.
Fi lovik nestil io eso's is alsat, vynut.

「何がおかしいんだよ」
「違うわよ。初めて話した人との会話があんなだったら、おかしくなるでしょ」

"Harmie co tetol n."
"Niv movies tea. Liaxa mi is tetoler fai fontles lkurfer'd co."

それ結局バカにしてんじゃん・・・
La lexe's movies mi'it es ja...

「転校生の挨拶の時、ちょっと皆に自慢したくて、あんな風に喋っちゃったけど、そしたらクラスで浮いちゃって。だから、君と話せて、とっても嬉しいんだ」

"Salaresal io selene mi kacklemiej fai mi lkurf xalejonj la lex mal mi is siteenj fal inistilt mag mi es vusel fai lkurf atj co."

そういえば、彼女は休み時間、ずっと席に一人でいたっけ。
もしかして、ずっと誰かに話しかけて欲しかったのかもしれない。

Firlex, liaxo liestusta io si's pernala'c mol.
Mag selene jol si's lkurf vel ly.

「って、どうしてシャルは日本語を話せるの?」
"Mal, fontahame xal lkurf cene pustiej?"

第三話


「私は、日本語を教えられたのよ。 奴らに…」
「奴ら?」
シャルは怖いほど無表情になっていたが暫くして声が漏れた。
「あなたの知ることじゃないわ」
「そう」

"Mi, veles lersse pustiej fai sipess."
"Sipess es n."
Liaxe xala's fegenerfe mol pa eo lex liaxa zisrles'rasta votyninerfe nubefi'e.
"Mole co'sci qune niv. "
"Ja do."

シャルは立ち上がって翔太の方を向いた。
「喋ってくれてありがとう、じゃあ私は教室に戻るわ。」
シャルが視界から消えかけたときシャルはこちらを向いてもう一言言った。

Xala's sneryk mal eo lex liaxa shota'i xel.
"Xace fua lkurf. Liaxi mi tydiest insirznyki'l."
Liaxa xala's tydiestebackil io xala's lkurferlesta lkurf.

「一つ聞いていい?」
「ああ」
「最近、この周りで変なことが起きてたりしない?」
「変なこと」
「幽霊とか都市伝説の類とか」
「知らないな」
「そう」

"Cene mi ekce nun?"
"E jees."
"Co qune fiun iulo mele fqa."
"Fiun iulosti,"
"Feandecarsti ader n,"
"E qune niv."
"Firlex."

奇妙な会話を終えシャルの姿は、いつの間にか消えていた。
五校時が始まることを知らせるチャイムが空しく鳴っていた。

Liaxa fiunon lkurf mal xala's fqa io mol niv
5te laesnifo lex hartkarfel fifla'i dejukon fiflaes.

--

「はぁ~疲れた」
翔太はベットに飛び込んだ。
(奇妙なことか…)

"Ar, e tieesn."
Liaxa shota's jienieje'l en.
Fiun iulosti...

翔太は知っていた最近の事件のことを。
それは夜一人出歩いていた人間が突然失踪し
ある日八つ裂きにされ路上で発見されるという一連の事件だった。

Liaxe shota's kalzaneno'd mela'i qune.
La lexe's ny la lex es.
Nukus io navaxon deser's tejiest mal juklohiiojo'it lex veles deser's jelo'i veles.

「調べてみるか」
"Wioxa lecu mi dzarn."

ジャンパーを羽織り翔太は家の外へ出る。
心地よい風が頬に当たって気持ちよかった。
「!?」

Liaxa alxkarg'i lex dipisn shota's dystise'd tykuvu'l tydiest.
Tiedypi'l lex rodestel rytiete's feut es.
"!?"

刹那、翔太の横を物凄いスピードで走りかけてゆく黒い影
影は翔太に手をかざすと何も無いところからバールを出し投げてきた。
翔太は寸でのところで避けるが避けた反動で動けない。
影はニヤリと笑った。

Nal io xorta melej delnen la ite's set jeteson luni'elink.
La ite's dysnesn'i xorta'l virortle mal elx liaxa ieselesal ler fanetor'i soloj.
Xorta's lanxerva aklot pa akloto leus nieciso'i lex celes xorta's elx edioll cene niv fudiur.
Liaxa la ite's safjurkuy tetol.

次の瞬間、影を貫通したのは矢だった。
「Iska lut fantaser!」
そう、叫びながら影は消えた。
「シャル!」

Liaxa gustu's la it'i nal lot shozhy.
"クソ連邦人め!"
Liaxa la lex xale iulo'i lex lkurf la ite's tejiest.
"Xalasti!"

矢を打った人物は他の誰でもないシャルであった。
「奇遇ね。」

Gustuer fea xal ecean es.
"Infavenorti es. "

月に照らされシャルは話し始めた。
「何故、こうなったか知りたい?」
「え」
「狙われているのよ。」
「だ、誰にだ!」
「xelkenよ。 奴らは私たちだけでは物足りず。 地球を食いつぶそうとしている。」
「どういうことだ。」
「詳しい話は、明日ね。」
シャルは霧のように消え去った。

Veis leus lex iraif xal lkurf ny la lex.
"Selene co qune iulo zu fontahame is la lex xaleonj?"
"Arl?"
"Veles faljne."
"Harmae es la lex!"
"La lex es xelken. Sipess malne misse'd mors ecean mal elx jol liaxa fenxe menecartj'ustat'i."
"Harmie la lex es."
"Mi lkurf tiliest iulo fal vydyl."
Xala's tlest xaleon tejiest.

昼飯の時間、シャルに説明を乞うために夕張と食べるのはキャンセルした。
あいつは「再稼動反対!」とか言っていたわけが分からない。

Nostusil io mi's jurbali at knloano'i kacel.
Edioll liaxu si's "E nifx fudiuresko!" xale iulo'i lkurf. Mi qune niv si.

「シャル、説明してもらえるかな。」
「まず何が知りたいの?」
「何で僕は殺されそうになったのか、それと昨日のxelkenって何者なんだ。」
シャルは仕方がなさそうに話し始めた。
「xelkenは異世界であるファイクレオネのテロ組織で古代のリパライン語を復活させようとしている団体よ。」

"Plasi plax. Xalasti."
"Mal, harmie co qune selene?"
"Fontles io fontahame edioll jol mi veles retoo'i, qate io xelken es la harmie fal lojied."
Liaxi xala's surulunerfe lkurf.
"Xelken es alcirtaium fal waxunde l'es faikleone. Sisse'd voklis es mattileno penul lineparine. "

「それと殺傷事件となにが関係があるんだ。」
「Xelkenは貴方たちの首脳に古理語を普及させなければ軍事行動に出ると脅迫したの、もちろん誰もそんなことに耳を貸さなかったわ」
「だから、民間人を殺しているというのか?」
「そうよ。」

"La lex ad l'reto mela stales?"
"Liaxa xelken lkurf xituao zu fi coss celes lersseo'i penul lineparine, elx wioll elm. Fhasfa corln letix niv vxorln la lexe'l."
"Mag, njelmer veles retoo n?"
"Ja fa."

バカな、そんな話信じられるわけないだろ。
「いかにも信じられないという顔ね。 証拠があれば信じてもらえるかしら?」
そういいながらシャルは制服のポケットから三枚写真を取り出した。
「これは…」
その写真はつい三日前に失踪したクラスメイトだった

Cene niv la lex xale movi lut iulo'i tvarcar.
"Co mol tvarcaro'd nakhirlo ja. Fi jexerrt mol , jol co tvarsna?"
Liaxu la lex'i lex lkurf xala's dqa'd zexi'o moute.
"Fqasti..."
Fqa'd zexi'o io moler's snenikefonte'd 3 eo lex liaxa lex tejiest blensa eo lex es.

第四話

「どう?これで信じて貰えた?」
「・・・確かに、この人がいなくなったのは事実だ。正直驚いたよ。」
「だったら・・・」
「でも、これが君の言うxelkenが民間人を殺しているという証拠にはならない」

"Mal, liaxi co tvarsna la lex?"
"...Liaxa cirla io la lexe'd larta tejiest. Mi nalve edixa."
"...Mal"
"Pa, fqa es niv jexerrt mels xelken reto njelmer."

僕は、彼女の言う事を全く信じていない訳ではない。
事実、3日前から失踪した彼の写真を見せてきたのだから。
でも、それでも、僕には疑問があった。

Mi mol niv ny la lex. Mi nasteon tvarsna niv la lex fai cirla io snenikefonte'd 3 eo lex liaxa lex tejiest blensa'd zexi'o'it xelo'i eo lex edioll liaxa veles.
Pa mi'c mol hmein.

「君の言う事を全く信じていない訳じゃない。でも、だったら君は何者なんだ?こんな誰も知らないことを知っていて、しかも、僕が狙われていることまで知っていた」
「・・・・・」
「だから、君が何者なのか、僕に教えてくれないか?そうしてくれないと、僕は君を信じることが出来ない」

"Mi nasteon tvarcarnerfe es niv pa co es la harmae? Edixu La lex xale iulo'i qune mal mi veles faljneo."
"......"
"Mal, co's la harmae'c molo'i mi qune selene pa niv cene niv mi tvarcar co."

シャルは暫く黙っていたが、やがて、
「・・・そうね。だったら教えましょう、私が何者なのか」
真っ青だった空が、だんだんと雲に覆われていく。
辺りの木々は風に煽られ、轟々と音をたてている。
僕はゴクリと息を呑んだ。

Xala's zisrles'rasta votyninerfe lkurf ny la lex.
"Ja, mi tuferyns co'l iulo'i zu mi es la harmae."
Liaxi stoxiet dyrilerle's urnu'c siurn.
Fka lex mol cyfoi's rytiet leus sulilo'i veles mal nesnerles.
Mi tractor.

「私はね・・・xelkenの正体を知っているの」
「・・・どうして?」
「・・・あまり、言いたくないけれど、言うしかないわね」

"Mi...qune xelken."
"...harmy es?"
"Selene niv mi lkurf pa elx jol la lex es yst ecpielnt."

そして彼女は言った。

Mal, liaxa ci lkurf.

「私・・・xelkenの会長の娘なのよ」
 
"Mi...es nojmirxa dzeparxelkene'dy."

空を雲が完全に覆い尽くす。
辺りに雷鳴が響き、風も先程にも増して強くなる。

Liaxe urnu's dyrilerl'i siurn.
Fka io snovine's fyrna mal rytiet is schesturtafireen.

「・・・え?」
僕は、そう口にすることしか出来なかった。
「君が、xelkenの会長の、娘・・・?」
「そう。xelkenは、私の父親よ。この事は、誰にも言わないで」
「ちょ、ちょっとタンマ」

"...ham?"
Cene mi lkurf la lex lap.
"Co es nojmirxa dzeparxelkene'dy?"
"Ja my, Lkurf niv la lex'i eter'l."
"Jei, mili."

落ち着け、落ち着け俺。
まずは落ち着いて因数分解を・・・
ってちがーう!
そうじゃなくて、彼女は今、何て?
xelkenの会長の娘?
そんなこと急に言われても、こちらが困ってしまう。
それに、何故父親に協力しないんだ?
何で、僕なんかを庇ったんだ?

Tyrnees, tyrnees misti.
Yst kestiek'i fontleson tyrneon es.
Celde la lex!
La lex niv es mal eo lex liaxa ny la lex'i ci's lkurf?
Mi es nojmirxa dzeparxelkene'dy?
Yuihurk veles lkurf la lex xale iulo mal mi malfarno.
Harmie anfi'eiort niv dosnoda'c?
Harmie tanlat mi'i?

頭の中がごちゃごちゃしていて、何をどうしたらいいか、分からなくなる。
「と、取り敢えず質問」
辛うじて出せた言葉はこれだった。

Liaxo feti'a'i vsfafgh mal eo lex deliu mi's eso'i eo lex firlex niv.
"Ar, mecceries tidest co'l."
Cene mecceries lkurferl eo lex es la lex.

「何かしら?」
「どうして、父親に協力しないの?」
その時、シャルは顔を伏せた。

"Ham my?"
"Harmie co anfi'eirot dosnoda'c?"
Xala's ladzex'i nal lot ulesn.

「・・・っ、それは、その・・・」
「・・・私は、小さい頃から、リパライン語は神が創り出した崇高な言語だって父に教わってきたの」
「でも、父はリパライン語が民間人の間で使われていない事に対して、かなり憤っていて、リパライン語を使わない奴らは皆死ねばいいとまで言い出したの」

"...ar, la lex es , arjar..."
"...Mi veles lersseo vixije's eso lineparine's tonir's laoziaen feysen lkurftlesse'c."
"Pa, si fae lkurfo niv lineparine'i fal njelmer mal edixi lkurf "lineparine'i niv lkurfer jisesn." ."

シャルの父さんは過激派だな。
というか激し過ぎて怖い。
「おかしいと思った。いくら何でも、それは変だって思った。だから、そう父に言ったら、そんな奴を育てた覚えは無い、出ていけ、って言われたの」

Xala'd vixije fiie valtal es.
Valtalace m'es niliej es.
"Mi tisod xorln mal elx liaxa mi lkurf la lex vixije'l. Mi veles lkurf "la lex xaleer jisesn shrlo"."

そこまで言うと、シャルの顔が崩れ、彼女の眼から涙が溢れ出した。
「お、おい・・・」
「だから、私は父と・・・父さんと戦うの。父さんが間違ってるって伝えるために」
「分かった、分かったからもう話すな。無理しなくていい。取り敢えず、涙拭きなよ」

La lex'i lkurf mal eo lex cene niv xala's feg'i caflek mal eo lex liaxi ci varkinmarkenes.
"Ar, jei..."
"Mag, liaoll mi elm vixije'c. Deliu mi jostol eso vixije's dolisno'c."

そう言ってハンカチを渡す。
シャルは泣いて赤くなった眼をこちらに向け、そして、ハンカチを受け取った。

La lex'i lkurf mal ysyl'i eo lex liaxa amcol.
Xala's lex lijiest snostod fiurs'i mi'c xesniep mal ysyl'i eo lex liaxa icve.

「ありがとう」
「気にすんなって。辛い事言わせてごめん」
「いいの。私の感情が溢れちゃっただけだから。・・・納得、してくれた?」
「女の子に涙流されたら納得するしかないよ」
「・・・そっか。でも、こんな事話せたの君が初めてだよ。君には、何でも話していいような気がする」
「どうだろうな。まあ、シャルの好きしていいよ。それで、君の父が僕を狙うのはどうして?」

"Xace."
"Als es niv, Nace fua lkurfo jonuserl."
"Niv, Letisneo mi'd larpi lap es ja. Edixe firlex co's?"
"Deliu jol mi veles beslto itj veles lijesto."
"...Arjar, pa mi fontleson lkurf mels la lex. Mi tisod iulo zu cene mi lkurf als iulo co'c."
"Arjer, xal es flentiaonj. mal harmie co'd vixij voklises mi?"

「・・・君には、特殊な力があるの」
「特殊な力?」
「そのうち分かるわ。どうやら父さんは、その力を欲しているみたい」
「そんなこと言われたって、僕はどうすれば・・・」
「まだ、その力を使えないのでしょう?だったら、それを使えるようになった方がいいわ」
「どうして?」
「その力は、父さんにとって脅威になるから」
「そうは言うけど、どうすればいいの?」
「私に聞かれても・・・。でも、巻き込んでしまった以上、私も協力するわ」

"Co letix fhanka anfi'e."
"Fhanka anfi'esti?"
"Co firlex la lex fal fhasfa. Mi'd vixij karx co'd anfi'e jol."
"Firlex, pa mi qune niv iulo zu harmie mi es deliu."
"Cene niv co lus co'd anfi'e arti? Mal, mi aubes iulo zu is luser'c anfi'e."
"Fontaharmie es?"
"Mag, la lexe'd anfi'e es vixije'd xituaerl."
"Co lkurf xale la lex pa co aubes iulo zu mi es harmie'i?"
"Mi firlex niv... pa mi anfi'eiort co'c."

その時、予鈴が鳴った。
「あら、授業始まっちゃうみたい。あとでまた会いましょ」
「待って!」
「なに?」
「メアド交換しない?連絡出来ないと何かと不便だし」
「ええ、いいわよ」

Liaxa pesta io fifla's fiflaes.
"Arti, Jol liaxi fas inieso. Wioll miss mak virot."
"Mili!"
"Harmie es?"
"Lecu miscaon amcol jokrante? Fi miss olfes niv, miss es penxenenerfe."

そう言ってメアドを交換した。
「それじゃあ、また後で」
そう言うと、シャルは廊下を駆けていった。

Mal, liaxa misse's jokrante'i miscaon amcol.
"Mal, virot fasta eso."
Xal lkurfon luni'elinkelst.

第五話


「放課後、学校の屋上で」
シャルは昼休みにそういっていた。

"Lecu ininolilaino io miss virot fal iniacelajur."
Edioll liaxa xala's la lex'i ininolaxiailo io lkurf.

「って、ことだから夕張、今日は遊びにいけないんだ。」
「あこしhれいあおwpv:あpw@!」
「ああ、またな」(スルースキル Lv.1)

"La lex it m'es, cene niv fix'onem fal sysnul"
";@.@[[l.[l.[[].[[[[!"
"Ja, Wioll lecu mak virok misse's jurbalisti."(Xelnkananfy'd voklisesnejen 1)

向きを変え屋上へ向かう。
夕張はまだ「世界平等宣言!」だとか「そうかそうか、きみはそういうやつだったのか」などと喚いていたので「エーミール!そこにクジャクヤママユが!」と言ってやったら温かい目で見つめながら呆然と立ち尽くしていた。
Lal'i furnkie mal liaxi iniacelajur'c tydiest.
Liaxu jurbali's "Ispien vi'artoen chirfar es!" adit "Arjar,arjar edixa co es xale la lex." xale lkurf.
Mag mi's "Ermirlesti! fgir io klanantynej mol!" lkurf mal si's mi'i kysenon xel.

ネタをネタで返して何が悪いのか。
Piajtise dirjeiumeso es dolisn men?

屋上にはシャルがもうすでにいた
「遅い」
「ごめん」
おお、怒らせてしまったようだ。

Iniacelajur io xala's xelvin mol.
"Nostuj es."
"Nace,"
Arjar, mi's ci'it faeo'i eo lex jol celes.

「ごめんごめん、その特別な力の話だよね」
「そう、…昔話をしましょう」
「昔話?」
「昔、ファイクレオネという異世界から掟を破り地球世界に来た集落がありました。その集落は地球のあらゆる場所で魔法―ウェールフープを使い生活していました。」
「やけにファンタジーな昔話だな」
「しかし、何が原因か魔力は現代では消え去ってしまいました。」
一体それが何と関係しているんだ?

"Nace, nace, fhanka anfi'e'd lkurfosti ja?"
"Ja, liaxi mi lkurf kaxtlurk."
"Kaxtlurkusti?"
"Penulal io waxunde cix faikleone ler fqa'l snajanerfeon tydiesten kaxilijas mol edixa. Kaxilijas sietiv fal luso werlfurp'i."
"Neciluki'ece kaxtlurk es ja n."
"Pa, hamem nio tejiest werlfurpu's liaxa."
Harmie la lex melses fqass.

「現代地球、xelkenの攻撃を避けられるのはファイクレオネから来た魔族ケートニアーの末裔であなただけなのよ。」
一生懸命さ、真面目さが伝わってくる。
それほど重要な問題なんだろうか?
「でも、別にその…ケートニアーの末裔なら他の人もいるはずじゃ…」
そう、言った刹那、シャルは手を僕の真横にかざした。
瞬間後ろで炎が上がり機械のような生物のような物体を焼いた。

"Nytyr'd menecartj'ustat io xelkene'd ceco'i akloter melsj kertni'ar'd tarvelte's l'es co lap es."
La cilarp ad la ez'i celes lyeso.
La lex xale

「連邦の盗撮システムね。」
「連邦?」
「Xelkenに立ち向かうために私たちは契約をしたのxelkenが害であるユエスレオネ連邦と…」
「どのような?」
「資金、武器、連邦が有する全てのサービスよ。 Xelkenを倒さなければ代償が私たちに降りかかるわ。」
「そんな、無茶な」
「しかも、この地域にケートニアーの末裔は貴方だけなの他の人たちは全員魔力を失っているわ。」
あんな事ができるXelkenに勝てるかは解らない。
だが、ここで引けば多くの人が不幸になる。
そんなことは…させないッ。

「解った。 協力するよ」
「本当に?」
「ああ、で何をすればいいんだ。」




Comments