3

 その子がどこから来たのか、なかなかわからなかった。まさに気ままな王子くん、たくさんものをきいてくるわりには、こっちのことにはちっとも耳をかさな い。たまたま口からでたことばから、ちょっとずつ見えてきたんだ。たとえば、ぼくのひこうきをはじめて目にしたとき(ちなみにぼくのひこうきの絵はかかな い、ややこしすぎるから)、その子はこうきいてきた。

Edixa harmoe selunustana'st klieo'i aleron qune niv. Edixu fentonaceen nermetixaler tidest set iulo pa senost niv mi'd iulo.  Lartaxy ekcelton farces fai lkurferl infavenortij. Panqa'd klirma io si'st mi'd aiaro'it xelil io si lkurf ny la lex. (Mea, mi skurla niv mien aiaro cun es faxetuoxece)
「このおきもの、なに?」
「これはおきものじゃない。とぶんだ。ひこうきだよ。ぼくのひこうき。」
 ぼくはとぶ、これがいえて、かなりとくいげだった。すると、その子は大きなこえでいった。
「へえ! きみ、空からおっこちたんだ!」
「うん。」と、ぼくはばつがわるそうにいった。
「ぷっ! へんなの……!」

"Harmie fqa'd leskcalirz es?"
"Fqa m'es niv leskcalirz, es mi'd aiaro zu aiares."
 Edixa mi set vageleci fai la lex'i lkurfo mal selunustan lkurf ny la lex.
"Jei! Co unses lerj dyrilerl!"
"Ja." Verbenon lkurf mi's.
"Hah! e es xarne!"

 この気まま王子があまりにからからとわらうので、ぼくはほんとにむかついた。ひどい目にあったんだから、ちゃんとしたあつかいをされたかった。それから、その子はこうつづけた。
「なあんだ、きみも空から来たんだ! どの星にいるの?」
 ふと、その子のひみつにふれたような気がして、ぼくはとっさにききかえした。
「それって、きみはどこかべつの星から来たってこと?」

 Fentonaceen nermetixaler lerdhi setj mag cirla io mi elx edixa tidistostaes.Selene mi veles syten ezj cun fleno'i xel. Mal, selunustan lkurf ny la lex.
"Arjar, Co klie lerj dyrilerl! Harmue mol fal kotiel?"
 Mi vsfafgh angvirlo viestiest si'dy mag mi nun ny la lex.
"Zu, co klie lerj eten kotiel?"

 でも、その子はこたえなかった。ぼくのひこうきを見ながら、そっとくびをふった。
「うーん、これだと、あんまりとおくからは来てないか……」
 その子はしばらくひとりで、あれこれとぼんやりかんがえていた。そのあとポケットからぼくのヒツジをとりだして、そのたからものをくいいるようにじっと見つめた。

   Pa, Edixa selunustan vietist niv. Liaxu mi'd aiaro'i xel ad tydixeson lkurf ny la lex.
"Ar, Pa co klie niv fal stieniesalastan."
   Fqa'd selun irxon m'es panqa, elx edixu fanxen niexix. E moute ysneten aklurpti'a lerj wounsa mal la lex'i teles xallefiso'c xale es gia.

 みんなわかってくれるとおもうけど、その子がちょっとにおわせた〈べつの星〉のことが、ぼくはすごく気になった。もっとくわしく知ろうとおもった。
「ぼうやはどこから来たの? 〈ぼくんち〉ってどこ? ヒツジをどこにもっていくの?」
 その子はこたえにつまって、ぼくにこういうことをいった。

 Alsa'st qune lyme. Edixa si lkurf <ete'd kotiel> mal elx liaxu lior la lex. Selene mi vsfafgh quneo.
"Sel, Edixa Harmue ler klie? <Mi'd dystis> mol harmue? Ysnet'i letixelst."
Si lurfodek mal lkurf ny la lex mi'c.

「よかった、きみがハコをくれて。よる、おうちがわりになるよね。」
「そうだね。かわいがるんなら、ひるま、つないでおくためのロープをあげるよ。それと、ながいぼうも。」
 でもこのおせっかいは、王子くんのお気にめさなかったみたいだ。
「つなぐ? そんなの、へんなかんがえ!」

"Mi delok larpi'sci cun mi icve stafiort lerj co. Wioll la lex es fao fon dystis fal nukus."
"Ja dirs. Fi co jules lastan, mi amcol pikier faista ad snusel fua zelte fal ny nukus. "
    Pa, edixu nermetixalerctor niv rifle la lexe'd anlyes.
"Kieyjosti? La lex es fiun tisodo!"

「でもつないでおかないと、どこかに行っちゃって、なくしちゃうよ。」
 このぼうやは、またからからとわらいだした。
「でも、どこへ行くっていうの!」
「どこへでも。まっすぐまえとか……」
"Pa, zelte niv mal fgir tydiest fhasfa'l mal jol wioll xekyd ja dirs."
     Pa, selunustan tetol liaxi.
"Si tydiest harmuesterng fy ja!"
"Harmuestana'l, cystfechenon votyn xale es."

 すると、こんどはこの王子くん、おもいつめたようすで、こうおっしゃる。
「だいじょうぶ、ものすごおくちいさいから、ぼくんち。」
 それから、ちょっとさみしそうに、こういいそえた。
「まっすぐまえにすすんでも、あんまりとおくへは行けない……」
    Mal, xeu io fqa'd nermetixaler lkurf xale ny la lex fal es dejuk.
"Elaja, Mi'd dystis es set jyvied."
    Mal, siteon lkurf ny la lex.
"Fi tydiest fonto, cene niv tydiestelst lij niexixal co's......"

Comments