2


それまで、ぼくはずっとひとりぼっちだった。だれともうちとけられないまま、6年まえ、ちょっとおかしくなって、サハラさばくに下りた。ぼくのエンジンの なかで、なにかがこわれていた。ぼくには、みてくれるひとも、おきゃくさんもいなかったから、なおすのはむずかしいけど、ぜんぶひとりでなんとかやってみ ることにした。それでぼくのいのちがきまってしまう。のみ水は、たった7日ぶんしかなかった。

La lex el mi es siteen. Fhasfa'c ny nilanda niv mal 6 routufont io m'is nyix, accaha'rarlkubrario edzun. Edixu mi'd fedueslexy fhasfa snuvod. Mi io xeler adit enforle mol niv mag usosno p'es snietij, mi'scit als'it usosno'i snojij mi's. Mi'd nejorto veleso snojij fai la lex. Kyrnal mol fua 7'd snenik.

 1日めの夜、ぼくはすなの上でねむった。ひとのすむところは、はるかかなただった。海のどまんなか、いかだでさまよっているひとよりも、もっとひとり ぼっち。だから、ぼくがびっくりしたのも、みんなわかってくれるとおもう。じつは、あさ日がのぼるころ、ぼくは、ふしぎなかわいいこえでおこされたんだ。
「ごめんください……ヒツジの絵をかいて!」
「えっ?」
「ぼくにヒツジの絵をかいて……」

1'd snenike'd nukus io mi riejiel fal klestorxa. Larta sietival mol ark xelal. Edixu mi es sistise'd systi io kurnoner le siteen mag jol mi corln jusnuk. Cirla io ny nukusesil io koni'endeen jul ytarta faij stukiek mi.
"Salarua...... skurla aklurpti'a fon ysnet plax!"
"E?"
"Skurla aklurpti'a fon ysnet fua mi plax......"

 かみなりにうたれたみたいに、ぼくはとびおきた。目をごしごしこすって、ぱっちりあけた。すると、へんてこりんなおとこの子がひとり、おもいつめたよう すで、ぼくのことをじっと見ていた。あとになって、この子のすがたを、わりとうまく絵にかいてみた。でもきっとぼくの絵は、ほんもののみりょくにはかなわ ない。ぼくがわるいんじゃない。六さいのとき、おとなのせいで絵かきのゆめをあきらめちゃったから、それからずっと絵にふれたことがないんだ。なかの見え ないボアの絵と、なかの見えるボアの絵があるだけ。

Edixa mi pen xale rodestel snovin i xelerl'i. Xelerl'i za'cca setj mal ezon pen. Mal, koni'endeen panqa'd mion xel xale veles valfarstenaineso i mi. Mi skurla si'd ziechija pesta la lex pa elx cene niv molkka cirla'd lekhnaxaitsnej. Deliu niv mi isnaxte cun mi ysev 6'd larva io iserl skurlaer aklurpti'a. Mag, edixu la lex ler mi xerlu niv skurlao aklurpti'a. Edixu mol laxyrxelesykinerfe boa'd aklurpti'a ad laxyrxelesyk boa'd aklurpti'a.
 それはともかく、いきなりひとが出てきて、ぼくは目をまるくした。なにせひとのすむところのはるかかなたにいたんだから。でも、おとこの子はみちをさが しているようには見えなかった。へとへとにも、はらぺこにも、のどがからからにも、びくびくしているようにも見えなかった。ひとのすむところのはるかかな た、さばくのどまんなかで、まい子になっている、そんなかんじはどこにもなかった。

 La lex m'afnar, mi jusnuk fai josnyn larta cun mi mol laal ark setival larta's. Pa, edixu kurnon niv ly mal kojon niv ad lidesnes niv ad kayet niv ad ydicel niv ly. Mi naste niv xel xale ny la lex.  Larta setival ark ali'enexiace io kurnon.

 やっとのことで、ぼくはその子にこえをかけた。
「えっと……ここでなにをしてるの?」
 すると、その子はちゃんとつたえようと、ゆっくりとくりかえした。
「ごめんください……ヒツジの絵をかいて……」

 Edixa mi dettis lanxervaj.
"Ar......harmie fqa io co es e'i."
 Mal, ny jeteson mefidi fua hartkarfel ezj selunustana's.
"Cespal...... skurla aklurpti'a fon ysnet plax."

 ものすごくふしぎなのに、だからやってしまうことってある。それでなんだかよくわからないけど、ひとのすむところのはるかかなたで死ぬかもしれないの に、ぼくはポケットから1まいのかみとペンをとりだした。でもそういえば、ぼくはちりやれきし、さんすうやこくごぐらいしかならっていないわけなので、ぼ くはそのおとこの子に(ちょっとしょんぼりしながら)絵ごころがないんだ、というと、その子はこうこたえた。

Set koni'ende m'es, mag e'i eso mol. Mal, mi niv naste firlex als pelx jol jisesn ark larta's sietival pa mi moute tox ad tydiveste lerj wounsa. Pa, firlex, mi lersse lapj stydyl adit zisedol adit stusnyp adit fagrigecio mal mi (tenevostanaschon) lkurf miona'c ny la lex'i.

「だいじょうぶ。ぼくにヒツジの絵をかいて。」
 ヒツジをかいたことがなかったから、やっぱり、ぼくのかけるふたつの絵のうち、ひとつをその子にかいてみせた。なかの見えないボアだった。そのあと、おとこの子のことばをきいて、ぼくはほんとうにびっくりした。

"Fafsirlenerfe es. Skurla aklurpti'a fon ysnet fua mi plax."
 Liaxa mi niv lenivifarlo skurlao ysnet niv mag mi skurla panqa faller skurlasyk qa'd aklurpti'a zu es uies'i xelenerfe boa'd aklurpti'a. Mi naste nalve fai mionen lkurfo.

「ちがうよ! ボアのなかのゾウなんてほしくない。ボアはとってもあぶないし、ゾウなんてでっかくてじゃまだよ。ぼくんち、すごくちいさいんだ。ヒツジがいい。ぼくにヒツジをかいて。」
 なので、ぼくはかいた。

"E nix! Mi karx niv pepur xe boa. Boa set m'es malef, pepur es xerf ad pyxi. Mi'd dystis es set jyvied mag mi karx ysnet. Skurla aklurpti'a fon ysnet fua mi plax."
Mal, edixa mi skurla.

 それで、その子は絵をじっとみつめた。
「ちがう! これもう、びょうきじゃないの。もういっかい。」
 ぼくはかいてみた。

 Mal, selunustan xel setj aklurpti'astan.
"E nix! Fqa veles xelo kyde. Skurla makj."
 Edixa mi skurla.
 ぼうやは、しょうがないなあというふうにわらった。
「見てよ……これ、ヒツジじゃない。オヒツジだ。ツノがあるもん……」
 ぼくはまた絵をかきなおした。

 Mion tetol xale lkurfo celespacon.
"Xel la lex......Fqa es niv ysnet. Annia'd ysnet es cun letix listis."
 Mi mak skurlaesk aklurpti'astan.
 だけど、まえのとおなじで、だめだといわれた。
「これ、よぼよぼだよ。ほしいのは長生きするヒツジ。」
 もうがまんできなかった。はやくエンジンをばらばらにしていきたかったから、さっとこういう絵をかいた。

 Pa, delion veles lkurfo nixo'it.
"Fqa es ferlen. Mi karx aler niejapalt l'es ysnet."
 Merli'een jurkenel m'es selene mi ny kestiek feduesle mag mi lyeson skurla aklurpti'astan.
 ぼくはいってやった。
「ハコ、ね。きみのほしいヒツジはこのなか。」
 ところがなんと、この絵を見て、ぼくのちいさなしんさいんくんは目をきらきらさせたんだ。
「そう、ぼくはこういうのがほしかったんだ! このヒツジ、草いっぱいいるかなあ?」
「なんで?」
「だって、ぼくんち、すごくちいさいんだもん……」
「きっとへいきだよ。あげたのは、すごくちいさなヒツジだから。」
 その子は、かおを絵にちかづけた。
「そんなにちいさくないよ……あ! ねむっちゃった……」
 ぼくがあのときの王子くんとであったのは、こういうわけなんだ。

Mi lkurf ny la lex.
"Stafiort m'es, co karxen ysnet mol la lexe'd diesyst."
 Pa, si xel aklurptia mal jyvied dzarner elx edixa sinh la lex.
"Ja, mi karx xale la lex! Jol ysnetestan styxud set sierostass?"
"Fontahamestirng?"
"Cun, mi'd dystis set es jyvied."
"La lex es elajarnerfenen cun, fein mi celes icve set jyvied ysnet."
 Selunustan fegerlstes aklurpti'astana'c.
"La lex es niv jyviederlestanen ysnet.....arl! Liaxe sulaun......"
 Mi virot nermetixalerstana'c fai la lex xale iulo.

Comments