1


 ぼくが6つのとき、よんだ本にすばらしい絵があった。『ぜんぶほんとのはなし』という名まえの、しぜんのままの森について書かれた本で、そこに、ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところがえがかれていたんだ。だいたいこういう絵だった。

 Edixa mi fea 6'd larva esil io l'akranti kranteerl io xorlnem aklurpti'a mol. E es <<Als cirlaen kaxtlurk>> l'es akrapten la kranteerl mels cyfoi fean xyfarzteno. La lex io mi xel knofeaneol boa l'es xerf toyj's pyse'i. La lexe'd aklurpti'a fontals es ny la lex.
「ボアというヘビは、えものをかまずにまるのみします。そのあとはじっとおやすみして、6か月かけて、おなかのなかでとかします。」と本には書かれていた。
 そこでぼくは、ジャングルではこんなこともおこるんじゃないか、とわくわくして、いろいろかんがえてみた。それから色えんぴつで、じぶんなりの絵をはじめてかいてやった。さくひんばんごう1。それはこんなかんじ。

"Stujesn'd 6 io listin desniexonj destekenerfeonj pesta boa elx liaoll l'es toyj knofeane cheku nivan stistojo." Mi xel iulo xale la kranteerl.
 Mal, mi niexix mels voles fal khorxlordz narju. Mal, mi skurla aklurpti'astan mienj. La lex es aziuken lateen 1. Ny la lex xale es.
 ぼくはこのけっさくをおとなのひとに見せて、こわいでしょ、ときいてまわった。
 でもみんな、「どうして、ぼうしがこわいの?」っていうんだ。
 この絵は、ぼうしなんかじゃなかった。ボアがゾウをおなかのなかでとかしている絵だった。だから、ぼくはボアのなかみをかいて、おとなのひとにもうまくわかるようにした。あのひとたちは、いつもはっきりしてないとだめなんだ。さくひんばんごう2はこんなかんじ。

 Mi nunurlstainalst eso niliej mels jos.
 Pa als lkurf "Fontaharmie, ven'gsestan es niliej?".
 Fqiu aklurpti'a es niv ven'gs. Boa's pepur'i listinola'd aklurpti'a m'es, mi skurla boa'd uies fua neverfe'd firlexo. Fgiu lartass flernes fynetenascho. Aziuken lateen 2 es ny la lex.
 おとなのひとは、ボアの絵なんてなかが見えても見えなくてもどうでもいい、とにかく、ちりやれきし、さんすうやこくごのべんきょうをしなさいと、ぼくに いいつけた。というわけで、ぼくは6さいで絵かきになるゆめをあきらめた。さくひんばんごう1と2がだめだったから、めげてしまったんだ。おとなのひとは じぶんではまったくなんにもわからないから、子どもはくたびれてしまう。いつもいつもはっきりさせなきゃいけなくて。

 Neverfestess falamtenenes mels boa'd aklurpti'a'd uies xelenj o xelenerfej. Parxam, shrlo stydyl adit zisedol adit stusnyp adit fagrigecio fonj lersse. Edixa neverfe lkurf. Mag, edixa mi ysev iserl lexisn fal 6'd larva cun aziurken lateen 1 ad 2 m'es ny suite, fusafasta elx liaxa ysev. Liaoll cene niv neverfestess naste quneme als mag selun is kojoi cun als elx deliu is fynet.

 こうしてぼくは生きてきて、ちゃんとしたひとたちともおおぜいであってきた。おとなのひとのなかでくらしてきた。ちかくでも見られた。でもそれでなにかいいことがわかったわけでもなかった。

 La lex xale niejod mi's mal virot ez larta. Edixu neverfessesteal io setiv mal veles xelo niss. Pa, la lex niv stukiek fhasfa zu es vynut iulo.

 すこしかしこそうなひとを見つけると、ぼくはいつも、とっておきのさくひんばんごう1を見せてみることにしていた。ほんとうのことがわかるひとなのか知りたかったから。でもかえってくるのは、きまって「ぼうしだね。」って。そういうひとには、ボアのことも、しぜんの森のことも、星のこともしゃべらない。むこうに合わせて、トランプやゴルフ、せいじやネクタイのことをしゃべる。するとおとなのひとは、ものごとがはっきりわかっているひととおちかづきになれて、とてもうれしそうだった。

Ekceen snylod lartaxy farces mi's mal mi jui kverniacel josen aziurken lateen 1 cun la cirla'i firlexer eso qune selene. Pa ni korlixtel lot lkurf "ven'gs es ja?". La lex xale larta'c mi lkurf niv mels boa, xyfarzten cyfoi, kotiel. Mi tallatvaon lkurf mels klenioxfi'a adit xejiren adit parcax adit stisir mal neverfe es xale vusel fai virot firlexer.




Comments