Bo'chan

Edioll vixiwy ler'd la hamie at niv vsfafgho io selun'd liestu'l ecpielt eso loler.
Edioll la jyvied-jiesnyp io molil jiesnyp'd jodu ler distyk than larxa'i kirto mol.
Edioll Hamie fqape'i es?
Xerf snalu mol niv.
Xu jodu ler larpy'i cuturl than plens'd panqa's movi'c
"Phasfa pani than fqa ler distyko cene niv. iska!"

Si lkurf vel.
La jiesnyp-en'iarer io nienul than dosnudil dusnod's xerf fiurs'i es than jodu ler distyk than  larxa'i kirto moler's mol? 
Fqail lkurf edioll mag Mi lkurf Fqa'd xeu's niv kirto, distyk.
Vixav'der ler vined'd lydus'i icve than stidisn lut melo'I surun'l virortle than mena'l xol than,eo lex edioll panqa'd larta lkurf "Fqa kafi'a pa cesto's mol niv vsfafgh.
Edioll niv cesto's mol niv, phaphi at cesto'i taty.
Edioll "Than co cest co'd liexyt" io lkurf.
Mag,Edioll "Ha? Cene liexyt las cest." io lkurf. 
Edioll tesnok'd ledyd'd xerf liexyt'd lalk'l cest.
Edioll xerlerl lydus es jyvied.
Edioll xerf liexyt'd larsu es siepud.
Fqaerl mag no at xerf liexyt mol lunisn mol dysnesn.
Pa lizack tejiest niv jisesn at.
Nyrtat'l p'ent  tydiest atjodu nurun.
Edioll tostiex'c ekces'd ipeiccal's mol.
Diesyst'c nosud'd xyvoj mol panqa.
Fqa es nejorto yletta le nejorto.
dyrur'd lydecil at volesil'c kienulback'i unseserl'i snyxus than
jiesnyp io knloan.
Ipeiccal'd nisn es jamaxilojaと云ふ質屋の庭續きで、此(この)質屋に勘太郎といふ十三四の忰(せがれ)が居た。
勘太郎は無論弱虫である。
弱虫の癖に四つ目垣を乘りこえて、栗を盗みにくる。
ある日の夕方折戸の蔭に隱れて、とうとう勘太郎を捕(つら)まへてやつた。其時(そのとき)勘太郎は逃げ路を失つて、一生懸命に飛びかゝつて來た。向ふは二つ許り年上である。弱虫だが力は強い。
鉢の開いた頭を、こつちの胸へ宛てゝぐいぐい押した拍子に、勘太郎の頭がすべつて、おれの袷(あはせ)の袖の中に這入(はい)つた。邪魔になつて手が使へぬから、無闇に手を振つたら、袖の中にある勘太郎の頭が、右左へぐらぐら靡(なび)いた。
仕舞に苦しがつて袖の中から、おれの二の腕へ食ひ付いた。
痛かつたから勘太郎を垣根へ押しつけて置いて、足搦(あしがら)をかけて向(むかふ)へ倒してやつた。
山城屋の地面は菜園より六尺がた低い。
勘太郎は四つ目垣を半分崩して、自分の領分へ眞逆樣に落ちて、ぐうと云つた。
勘太郎が落ちるときに、おれの袷の片袖がもげて、急に手が自由になつた。
其晩母が山城屋に詫びに行つた序(つい)でに袷の片袖も取り返して來た。
 
此外(このほか)いたづらは大分やつた。
大工の兼公(かねこう)と肴屋(さかなや)の角(かく)をつれて、茂作(もさく)の人參畠をあらした事がある。
人參の芽が出揃はぬ處へ藁が一面に敷いてあつたから、其上で三人が半日相撲をとりつゞけに取つたら、人參がみんな踏みつぶされて仕舞つた。
古川の持つて居る田圃の井戸を埋(う)めて尻を持ち込まれた事もある。
太い孟宗の節(ふし)を拔いて、深く埋(う)めた中から水が湧き出て、そこいらの稻に水がかゝる仕掛(しかけ)であつた。
其時分はどんな仕掛か知らぬから、石や棒ちぎれをぎうぎう井戸の中へ插し込んで、水が出なくなつたのを見屆けて、うちへ歸つて飯を食つて居たら、古川が眞赤になつて怒鳴り込んで來た。慥(たし)か罰金を出して濟んだ樣である。



Comments