lipadiax‎ > ‎acirlo/歌詞‎ > ‎

Kage'roudeisu

8月15日の午後12時半くらいのこと
lykies anpan.jyvied io nyjur io iulo,

天気が良い
pyviest vynut.

病気になりそうなほど眩しい日差しの中
kyde'i maki l'is dyril starnkax y io,

することも無いから君と 駄弁 (だべ)っていた
Eso mol niv mi lkurf co at edioll.

「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら
"Pa mi rifle niv naleru" kivuj ny lalkes mal,
 
君はふてぶてしくつぶやいた
Co lkurf la lex.

あぁ、逃げ出した猫の後を追いかけて
Arl, L'tast kivuj io josxe mal

飛び込んでしまったのは赤に変わった信号機
xipia edioll y io olfaser ralde lut y.

バッと通ったトラックが君を轢きずって鳴き叫ぶ
Fqa io l'axe chelj kolkch co mal lkarfes

血飛沫の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った
Amiftarfe, co'd yst xyrl azarlia mal zaes.

嘘みたいな 陽炎 (かげろう)が「嘘じゃないぞ」って 嗤 (わら)ってる
Nisa es niv. Nisa lut valfarst tetol la lex.

夏の水色、かき回すような蝉の 音 (ね)に全て 眩 (くら)んだ
Naleru io varn jyrus opyl'd nesnerl io als fines.
Comments