繋辞文・存在文

今回は繋辞文・存在文をやるよ。

ケイジブン・ソンザイブン!

繋辞文はbe動詞(~です)を使った文章の事で、存在文は存在動詞(~がある)を使った文章だね。

なるほど、英語の授業でもまず最初はis, am, areからはじめましたね!

そうだね、とりあえず自己紹介ができる様にならないといけないからね。

でも、英語のis, am, areみたいにルテリア語も面倒な使い分けがあるんでしょうか?

いや、ルテリア語のbe動詞はesひとつだ。
英語や他の言語のように幾つも単語を覚える必要はないんだ。

なるほど、esだけですか……。

ああ、繋辞文は主語と間接目的語の間にesを置くだけで良いよ。

間接目的語というのはなんですか?

4章の「格と緩衝音」をもう一回確認して欲しい。
与格-cで表されるのが間接目的語だ。
逆に対格-iで表される目的語は直接目的語ともいう。

なるほど、間接目的語と直接目的語ですね。

ここにいくつか例文を載せておくよ。

Mi es julia. 私はユリアである。
Co es tugumi. あなたはツグミである。
Ci es lersserger. 彼女は学習者である。

あれ?
Mis es juliac.
Cos es tugumic.
Cis es lerssergerc.
じゃないんですか?

良いところに気付いたね。
基本的にルテリス語では、主語と目的語が分るときは明示しないんだ。
別に明示しても良いけど、分る時は省略するときもあるんだよ。

なるほど!

存在動詞であるmolも大体esと同じような構文になるよ。
molは「~がある」だとか「~という天候だ」といった意味で使うね。



今回のまとめ

  • 繋辞文はbe動詞(~です)を使った文章の事で、存在文は存在動詞(~がある)を使った文章である。
  • 与格-cで表されるのが間接目的語、対格-iで表される目的語は直接目的語と呼ばれる。
  • ルテリス語のbe動詞は変化しない。

・単語

 単語意味
品詞
 es~である、です
動詞
 mol~がある、存在する動詞
 lersserger学習者名詞
 juliaユリア(人名)
名詞
 tugumiツグミ(人名)
名刺
Comments