このサイトでは、RefWorksの使い方を動画でご紹介します。 ※動画は今後、随時追加・更新されます。




【新RefWorks】
1.ドラッグ&ドロップでインポート【新RefWorks】
          新RefWorksではドラッグ&ドロップで自動的にインポートすることができます。
               ログインからドラッグ&ドロップによるインポートまでの方法を説明します。(2分18秒)


【RefWorks2.0】
1. RefWorksを使い始めるには【RefWorks2.0版】
    アカウントの作成とログインの方法を説明します。(5分20秒)

2. RefWorksに情報を取り込む
    <PubMedから>

    PubMedのデータをRefWorksにインポートする方法を2通り説明します。
            ①RefWorks内からPubMedを検索してインポートする
              
  【RefWorks2.0版】 (2分19秒)
              

            ②PubMedの検索結果からインポートする
                【RefWorks2.0版】 (2分13秒)
               
    <CiNiiから
        
CiNiiのデータをRefWorksにインポートする方法を説明します。
                【RefWorks2.0版 (53秒)※2012年4月12日更新

3. 情報を共有する -RefShare-【RefWorks2.0版】
    RefWorksの情報共有機能RefShareについてご説明します。(9分14秒)

4.レコードをフォルダで整理する【RefWorks2.0版】
        インポートしたレコードをフォルダで分かりやすく整理する方法を説明します(6分38秒)

5.参考文献リストを作成する
参考文献リストの作成(7分59秒)
    3つの参考文献の作成方法をご紹介します。
出力フォーマット(投稿規定)の管理(3分29秒)
    出力フォーマットの管理方法についてご説明します。 
Write-N-CiteをMacintoshで使用する上での注意点(1分27秒)
    Macintoshのユーザーを対象に、Write-N-Citeを使用する上での注意点をご紹介します。


【RefWorks Classic ※2012年4月より提供終了
1. RefWorksに情報を取り込む
<PubMedから>
    PubMedのデータをRefWorksにインポートする方法を2通り説明します。
            ①RefWorks内からPubMedを検索してインポートする
                
【classic版】 (1分46秒)
               

            ②PubMedの検索結果からインポートする
                【classic版】 (2分00秒) 

 <CiNiiから
           
CiNiiのデータをRefWorksにインポートする方法を説明します。
                 【classic版】 (1分31秒)