Top Page‎ > ‎

舩橋惠子プロフィール

Keiko Funabashi


   次世代を産み育てることは,社会の基礎であり,社会全体で取り組むべき課題です.私は,どのような社会システムがそれを可能にするのか,また家族が社会制度をどのように利用しているのか,比較社会学の視点から研究しています.これまでに,調査研究の対象にしてきたのは,スウェーデン
(社会民主主義),アメリカ(自由主義),フランス(保守主義コーポラティスム),日本(家族主義)の4カ国です.
 

[受けた専門教育]

1967.4 - 1972.3 東京教育大学文学部独語独文学専攻

1972.4 - 1974.3 東京教育大学文学部社会学専攻

1974.4 - 1976.3 東京大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程

1986.4 - 1979.3 東京大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程 

[取得した学位]

1972.3 文学士(ドイツ文学)東京教育大学

1974.3 文学士(社会学)東京教育大学

1976.3 修士(社会学)東京大学

2006.9 博士(社会学)東京大学 

[海外研修]

1986.9 - 1988.7  国立科学研究センター(CNRS)民俗学研究所客員研究員(フランス)

1999.7 - 1999.12 ストックホルム大学女性学研究所客員研究員(スウェーデン)

2008.8 - 2009.3  メリーランド大学社会学科客員研究員(アメリカ合衆国)・安倍フェロー 

[職歴]

1979.4 - 1980.3 日本学術振興会奨励研究員

1980.4 - 1986.3 法政大学第一教養部非常勤講師

1989.4 - 1993.3 桜美林大学国際学部講師

1993.4 - 1997.3 桜美林大学国際学部助教授

1997.4 - 2001.3 桜美林大学国際学部教授

2001.4 - 現在 静岡大学人文学部教授 (2012.4人文社会科学部へ名称変更予定)

2009.4 - 現在 静岡大学副学長(男女共同参画担当)

2011.4 - 現在 静岡大学卓越研究者 

[所属学会]

日本社会学会日本家族社会学会日本福祉社会学会日仏女性研究学会日本北欧学会

比較家族史学会日本女性学会 


サブページ (1): 研究業績