助成金 Participation Grant

助成金の申込みは締め切りました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。
結果、3万円を2名に、2万円を2名に支給することになりました。
ご支援、ありがとうございました。

教育実践は教師達の日々の営みから生み出されていくものであり、現場の教師達の視点なしに議論をすることはできません。しかし、実際のところ、経済的援助が少ない‟貧しい言語教師”にとっては、日本国外で開催されるシンポジウムに参加することは難しく、参加を断念せざるをえないという現状があります。そのため、これまで国際シンポジウムというと、経済的にゆとりのある研究者達の自身の研究成果発表の場となり、現場の教師がその議論に参加することが難しかったのではないでしょうか。

本シンポジウムでは、資金不足により、海外でのシンポジウムに参加することが難しかった言語教師や大学院生、若手研究者にシンポジウム参加を促すため、助成金をだしたいと考えております。

助成金の資金は、クラウドファンディングを用いて捻出しました。
(たくさんのご支援、ありがとうございました!)

みなさまのご応募、心よりお待ちしております。

言語教育の「商品化」と「消費」を考えるシンポジウム 助成金 募集要項
  1. 趣旨
    • 本助成金は、2016年7月16-17日に香港大学にて行われるシンポジウムへの参加を奨励することを目的として、助成金を給付し必要な経費の一部を補助するものである。
  2. 応募資格
    • 7月16-17日に行われる「言語教育の商品化と消費を考えるシンポジウム」に両日とも参加する
    • 助成金を必要とする非常勤講師、語学学校教師、研究者であり、日本学術振興会の科研費補助金や他団体による旅費補助金、研究助成金等を受給していない
  3. 助成金
      • 助成金として、以下の金額を給付する。
          • 香港・マカオ・広東省からの参加者 参加費免除
            • 上記以外からの参加者 30,000円(参加費は助成金から支払うものとするため、参加費は免除しない)
        1. 給付人数
          • 給付人数は、予算と応募者数に応じて決定する。
        2. 支給時期と方法
            • 香港・マカオ・広東省からの受給者には、参加費免除という形で支給する。
              • 上記以外の受給者には、7月に会場で現金にて支給する。
            1. 申請手続き
              • 所定の書類をシンポジウム運営委員会(meeting@alce.jp)に提出する。
            2. 提出期限
              • 2016年4月15日(金)23:59(日本時間)
            3. 選考および結果の通知
              • 提出書類に基づき、委員会において選考し、選考結果は5月上旬までに本人に通知する。
            4. 受給条件
              • 受給者は、「言語教育の「商品化」と「消費」を考えるシンポジウム」への参加を目的として助成金を自由に使える。シンポジウム終了後、8月31日までに参加者としての報告文を作成し、提出する。報告文は言語文化教育研究学会のメルマガにて発表される。
            5. 問い合わせ先 
              • シンポジウム運営委員会 meeting@alce.jp




            The submission for this participation grant is closed.
            Thank you very much for many submissions.
            As a result, we will sponsor 2 applicants with 30,000 yen and 2 applicants with 20,000 yen.
            Thank you very much for your support! 

            We would like to give a participation grant for language teachers, graduate students, and young researchers who cannot afford to come to the symposium. 

            How to Apply
            1. Objective
              • This participation grant gives financial support to recipients to participate in the Symposium on Commodification and Consumption of Language Education held on July 16-17, 2016 in Hong Kong.  
            2. Qualification 
              • Qualified applicants are those who (1) can attend the symposium on both days, (2) are part-time instructors, language school teachers, and/or researchers without funds, and (3) do not receive any grants from other institutions.   
            3. Participation Grant
              • Recipients will receive the following amount:
                • Waiver of the participation fee (Recipients from Hong Kong, Macau, and Guangdong)
                • 30,000 JPY (Recipients from other regions)
            4. Number of Recipients
              • Number of recipients will be decided based on the budget and number of applicants. 
            5. How and when receipients receive the grant
              • Participation Fee will be waived for recipients from Hong Kong, Macau, and Guangdong.  
              • Other recipients will receive the grant at the site on the day of the symposium.  
            6. Application Form
              • Please download the application form and submit it to the Symposium Committee (meeting@alce.jp). 
            7. Application Deadline
              • 23:59 (JST, UTC+9) Friday, April 15, 2016 
            8. Notification
              • The applicants will be notified the result by the beginning of May, 2016. 
            9. Requirement of Recipients
              • Recipients are required to write a short report/reflection about the symposium by 31 August, 2016. It will be published on the ALCE newsletter.  
            10. Contact
              • Symposium Committee   meeting@alce.jp 

            ĉ
            Masaki Seo,
            2016/03/17 1:34
            ĉ
            Masaki Seo,
            2016/03/13 21:42
            ĉ
            Masaki Seo,
            2016/03/13 21:42
            Comments