水は、化学(Chemistry)が錬金術(Alchemy)だった時代には世界を構成する要素「エレメント」として研究が行われ、その後18-19世紀の蒸気機関の時代から続く熱力学的性質の研究、現代のX線や赤外線を利用した研究など、科学の歴史の始まりから今日に至るまで研究が行われている物質です。特に、液体の水は、X線・中性子線回折による液体の水の構造研究と軟X線分光による研究が異なる結論を導き出すなど、今でも多くの研究者の興味を集めています。
 そこで、「水」を軸に議論をすることによって、赤外線、X線、中性子などを使った実験手法から計算機シミュレーションにいたる幅広い手法による液体や溶液の研究者間の交流を促進し、異なる分野の研究者の間に「水」の研究ネットワークを構築したいと考え本研究会を企画しました。 本研究会の議論は水が中心ですが、今後の研究の展開を見据えて水溶液や化学反応に関する話題も議論の対象です。 
 研究会の参加人数の把握、交流会の人数確定、および、参加者の間での交流のための参加者リストを作成するために、事前参加登録をお願いしています。
特に、交流会に参加される方、次世代若手(学生)支援を希望される方は、早めの参加登録をお願いします。登録は、本サイトの「参加登録-Registration」でお願いします。
 

熱中症防止とCOOL BIZ

今年は、関西においても電力不足の懸念から交通機関、公共施設等においても、冷房の運転を控えめにする等の対策が行われています。本研究会の開催時期は、大変暑い時期でございますので、熱中症防止のためにも、ぜひ、涼しい服装でご参加ください。

Hot News

  • 資料の閲覧サイト - 紙媒体の要旨集の代わりに
     紙媒体の要旨集の代わりといたしまして、講演者の方から、研究会でご講演いただいた際の発表の資料、ポスターなどをご提供いただいて、ユーザー認証を行い限定的に公開するサイトを用意しました。
    事前登録された方、メールで問い合わせを頂いた方には2011/09/16~17にメールでのお知らせが送られているはずです(自動なのですが、人数が多いので若干時間がかかります)。
    参加者以外の方で閲覧の希望される方は、「資料公開について」のフォームから申請いただくか、代表者までご連絡ください。
    投稿: 2011/09/17 18:01、Takashi Tokushima
  • 「液体の化学 夏の学校」のお知らせ(宣伝)

    液体ということで少し関連するかもしれない夏の学校の宣伝をさせてください。
    液体や溶液に興味のある人たちの交流のために毎年行われている(今年は第23回だと言うことです)夏の学校があるのですが、今年は、2011年9月13日(火)-15日(木)の日程で、静岡県御殿場市にある国立中央青少年交流の家で行われます。
    興味のある方は、液体の化学 夏の学校のウェブサイト
    投稿: 2011/09/05 18:38、Takashi Tokushima
  • 写真をアップロードしました
    研究会の時に撮影した写真を「写真 - Photo gallery」に掲載しました。
    投稿: 2011/09/02 19:52、Takashi Tokushima
  • プレゼン資料公開用サイトの準備中です。
    参加者の皆様のご要望が多かった、プレゼン資料の公開ですが、プレゼン資料公開のためのサイトを準備中です。参加者および申請者に限定する形で公開する予定にしています。準備が整い次第、参加者の皆様へメールにてご案内させていただきます。

    また、研究会の写真を現在アップロード中です、こちらは来週あたりに公開できる予定です。
    投稿: 2011/09/01 19:40、Takashi Tokushima
  • どうもありがとうございました。研究会 無事終わりました。

    初めての研究会開催でしたので、色々とご迷惑をおかけした部分もありましたが、無事に研究会を終えることができました。この場を借りて参加者の皆様、関係者のみなまさに御礼申し上げます。

    ところで、現在、会場でご回答いただいたアンケートの結果をまとめているところですが、アンケートの結果をみると、同じテーマで、もう一度研究会をという趣旨のコメントを複数いただいていまして、大変うれしく思っています。また、半分ぐらいの方が、放射光学会の会員ではないという結果になっていまして、すこしは異なる手法の間での交流のきっかけになったかな、と思っています。
    アンケートの結果(統計的に表示できるもの)については、本webサイトに後日掲載させていただきます。
     

     
    投稿: 2011/09/05 17:21、Takashi Tokushima
  • 昼食のために会場に近いカフェを確保しました
    研究会の会場の姫路市立美術館は、もともと姫路城の敷地内(外堀の中)なので、周りには学校とか公共の施設が多く、昼食を食べれる場所があまりありません。そこで、会場から近いカフェ(徒歩5~6分)を、研究会の参加者向けに貸切にすることにいたしました。(コーヒー or 紅茶付きのおまかせランチセットが1000円です)。
    これまでに参加登録された方にはメールで昼食に関するお問い合わせを配信しますので、お手数をおかけしますがご回答ください(もし、メールが届いていない場合には、お手数をおかけしますが、問い合わせフォームからご連絡ください)。よろしくお願いします。
    今から新しく申し込まれる方は、登録フォームの昼食の予約に関する項目を追加してありますので、そちらからご回答ください。
    昼食の休憩時間は1時間ですので、姫路駅の方に移動して昼食をとるには時間が短すぎると思います。ぜひ、昼食の予約をご利用ください。
    投稿: 2011/08/07 7:49、Takashi Tokushima
  • 交流会の情報を掲載しました
    研究会初日18日の18:00から行われる交流会の詳細が決まりました。詳しくは交流会のページをご覧ください。
    投稿: 2011/07/29 22:23、Takashi Tokushima
  • 事前参加登録の〆切は8/10
     研究会の参加人数の把握、交流会の人数確定、および、参加者の間での交流のための参加者リストを作成するために、事前参加登録をお願いしています。事前参加登録の〆切は8/10とさせていただきます。〆切を過ぎて申し込まれた場合、交流会の参加、次世代若手(学生)支援の確約ができなくなってしまいますので、ご注意ください。
    投稿: 2011/07/24 8:28、Takashi Tokushima
1 - 8 / 12 件の投稿を表示中 もっと見る »

次世代の若手研究者の参加を支援します!

近年、日本では少子化などの影響を受けて科学分野においても、次世代の人材の減少傾向が現れています。本研究会では、若手の人材を育成すべく学生の参加に対して支援を行います。支援の要件は、大学、大学院の学生であることです。本研究会は放射光学会主催ですが、幅広い研究分野からの参加を歓迎します。現在の研究が、放射光に関係がなくてもかまいません、幅広い分野からの次世代の若手研究者の皆様の参加を待ちしています。
支援の内容の詳細は「次世代若手支援 - Support for the next generation of young scientists」のページをご覧ください。