使い方

プロジェクトの作成

録音をする

オーディオ録音

MIDI録音

打ち込みをする

VSTエフェクトを使う

書き出し

Reaperのプロジェクトファイルは他のDAWやプレイヤーソフトで開くことはできません。
出来上がった曲を他の環境でも再生できるようにするために、最後には書き出しを行なう必要があります。
書き出しをするにはFile→Render...と選択します。すると書き出しダイアログが出てきます。

基本的にはOutput fileだけ適当な場所を選べばあとはデフォルトのままで良いと思います。

MP3で書き出す

Output formatでMP3を選択するにはLame(MP3エンコーダ)が必要です。
lame_enc.dllまたはlame_enc64.dll(64bit Reaper使用時)をReaperの実行ファイルと同じ場所に置いておきましょう。

CDに焼く

Output formatにAudio CD Image (CUE/BIN format)を指定することで、音楽CDイメージの形で保存することができます。
ミックス時に使うことはあまりないと思いますが、曲のデモを誰かに渡したいときに便利かもしれません。

どちらかというと、ミックスが終了した楽曲ファイルを複数読み込んでマスタCDを作るときの機能です。

  • Lead-in silence for tracks:トラック間の無音時間
  • Extra lead-in silence for disc
  • Track mode
    • Markers define new tracks:マーカーで区切った位置でトラックを区切ります。
    • Regions define tracks:リージョン単位でトラックを区切ります。
    • One track:トラックを区切りません(1トラック目に全て入れる)。
  • Burn CD image after render:イメージ出力が終わった後、CD-Rに焼きます。
  • Only use markers starting with #:Markers define new tracksの場合に#で始まるマーカーのみをトラック区切りとします。