京都400km‎ > ‎

京都400km 試走レポート&コースガイド






相変わらず投げやりコース解説を始めます。

時間がなさすぎて、BRM317からずっとこの京都400にかかりきり、というか実はBRM317の開催準備中も並行して京都400にかかってましたから、ものすごく時間かけてるんですけどいまだに納得いかない状況もあります。
ですが、もうしかたないので皆さんに走ってもらうという状況です。

申し訳ないと謝ってしまうのは簡単ですが、私はあくまで自分の信じる道を貫き通しますのでどうぞお付き合い下さい。

世間的には4月はサイクリングシーズンの序盤なんですが、BRM京都シリーズとしては今回が2012年最終節でして、クライマックスです。もう今年はありません。
思い返せば1年前、300kmまでの構想が固まった後、400kmとしては何をやろうか、と思った時にひらめいたのが天橋立をぶち抜くコースを作ると度肝を抜かれるに違いない、と思い更にBRMですから天橋立を通るのが当然なコースを作ることにしたわけです。
たくさんの方が一斉に天橋立を通過するには負荷が高いので、できるだけ遠く、しかし日中に通過できることも条件でした。
今回の天橋立は140km地点ぐらいで到達するので、普通のイベントだとそろそろゴールですが、BRMだとまだ1/3ぐらいしか来てないという狂った状況なわけですね。

さて貴方の正気と狂気は400km保てるでしょうか。

六丁峠まで

当たり前ですが、キューシート通りに走ったら走れます。
が、とにかく京都の市街はややこしいし、混雑します。
スタートから日吉までの区間は以下のルールに従って臨機応変に対応して下さい

1.桂川サイクリングロードは使用禁止

サイクリングロードは道路交通法上自歩道扱いなので、接触事故を起こしたら裁判に負けます。
タイム制限のあるイベントで利用するべきではない、という判断ですので利用は避けて下さい。

2.国道9号線は進入禁止

往路でR9に入る必然性はないはずです。R9を走ったら一発でレッドカードを貰うと思って下さい。

3.府道50号 六丁峠 神明峠を経由する

当然ですが六丁峠を避けたら失格です

細いスジを一本一本キューシート通りにトレースするために行ったりきたりする必要は無いです。
隣のスジでも六丁峠にでられるなら構いません。
とにかく安全で、事故のないように進んで下さい。
ルートラボ上にも若干アレンジした進み方を例示してあります。

六丁峠以降

六丁峠は従来の京都コースでいえば犬打峠に相当する激坂です。
別に近畿名物というわけでもないんですが、序盤に雄ノ山が来たり市街地を抜ける合図のような峠が入りますね。

神明峠なんですが、これは激坂ってわけではないんですが、とにかく長くて辛いです。
私も去年走ったときは足がかなりやられましたが、4,5回走ってだいぶ慣れました。
神明峠は道なり直進しかないように見えるんですが、実は林道との分岐三叉路になってます。
なので峠っぽくないのに峠という名前がついてるんですね。
それからまだ1kmほど緩い登りがあって、そこが府道50のピークです。
こっちにはなんちゃら峠という名前がついてないので、気にしてなければいつの間にか下る、という感じになります。

まあ、雰囲気的には従来コースで言えば御斎峠に相当する立ち位置ですね。
しかし、御斎峠は伊賀の絶景が眺められますが、神明峠は陰鬱な森の中をひた駆け下る感じになります。
要はまだまだこれからだぞ、ということです。

通過チェック日吉

早くも日吉駅でリタイアの相談を始めるスタッフ(3/31撮影)

日吉駅はキオスクがあります、がBRM当日は臨時休業らしいです。
休憩所があるのでサイクリストには割と使われているようですが、逆に使われすぎて自転車持ち込み禁止の張り紙がはってありますね。
マナーよく利用しましょう。
しかし、スタッフが日吉駅前の駐車場で待ち構えていますので、ここでチェックを受けて下さい。
レシートチェックではありません。スタッフを探して下さい。

52kmなので7:00スタートなら10:30には着いておきたいですね。
ただ、経験上ここを15km/hを守るのはかなり困難だと思います。
赤字でもまだ挽回可能なので頑張りましょう。

キューシート29 胡麻駅近傍


こんな標識があがってます。
まるで左折して真っ直ぐ行くしかないように見えますが、すぐ右折できるポイントがありますので曲がって下さい。

しばらくすると分水界があります

とても重要な看板なので見つけて下さい。
多くの方は太平洋側に住んでいると思いますが、此処から先は日本海世界だということです。

ここからはかなり細かい道を経由して国道27にでることになります。
国道27の出入りするポイントは判りづらいので往路でしっかり覚えておきましょう。

PC1 舞鶴しおじプラザ


キューシート34番で府道1号から府道51号に入ります。
菅坂峠という結構高い峠を超えて舞鶴にはいることになります。
府道51をひたすらまっすぐ行くと日本海に到達します。
まだ4月になったばかりなのにもう日本海に行くのかよ、と思いますがよく考えたら結構ひどいコースですよね。

日本海は当然突き当たりなのでそれ以上進めないわけで、海に突き当たって左折すると右手にしおじプラザがあります。
いかりのモニュメントの近くで受付しますので、チェックを受けて下さい。
有人チェックです。


キューシート37~48

いくつかのポイントで自転車進入禁止があります。
高架道路に侵入する前に自転車進入禁止の標識がたってないかどうか確認するのはサイクリストとして常識です。
今更注意しません。
キューシートは道路交通法が守れるように指示してあります。

キューシート49


国道178から旧道に入るところです。
このポイントの右手にヤマザキがあります。
ここを最後に網野まで50kmコンビニは無いので、雑貨が欲しい人はかったほうが良いでしょう。
200mぐらい先にニシガキというスーパーもありますから、食料品が欲しい人はどちらかでどうぞ。

ここから伊根地区に入るわけですが、通過時間が17時までなら割といろいろ食べられます。
17時を超えるとお店が続々閉まるので困難な時間帯に突入します。
ヤマザキとニシガキは20時まで開いているので、全員入れるはずです。
このポイントを20時を越えて通過する方はおそらく城崎のPCには間に合わないでしょう。

通過チェック 伊根工房


海岸線をずーっとひたすら進むと通過チェック伊根工房です。
ここも有人です。

通過チェックはタイム制限はないんですが、ここを19:30になっても辿りつけなさそうな方は今野宛に連絡下さい。
お店を借りている手前、19時ぐらいに通過チェックの撤収準備を始めます。
ちなみにここを19時過ぎに到達する人はPC2をクリアするのは絶望的です。(ここまでが平坦区間で、これからが山岳区間なので)

あとカレーが食べられます。700円です。
一応15食は予約してありますが、それ以上はあれば食べられる、という程度です。
昼間はそうでもないのですが、17時以降はここで食べないと網野まで45kmほど何も食べる場所は無いです。
どうしてもカレー食いたい人は今野宛にメール下さいkyoto-brm_since2012@audax-kinki.com
予約増やします。当日メール貰っても仕込みがあるのでもう遅いです。

ちなみに伊根工房さんは陶芸家さんのお店です。
陶器が買えます……が、自転車では持って帰れないでしょう……
余裕があればスタッフ(今野が居れば)が購入物をゴールまで運搬します。

また、お店自体が本物の舟屋なので、舟屋の見学もできます。

キューシート59

道の駅 てんきてんき丹後直後に信号があるんですが、ここはうっかり道なり直進してしまいがちです。
別に直進してもいいですが正ルートの方がおそらく早く移動できます。

間人地区という温泉があったりする場所です。

キューシート63

これはかなりわかりにくいです。
日中通ったときはわかりやすいのですが、陽が落ちるとここが小天橋への短絡路であると見分けづらいのです。


一応参考に昼間の画像を載っけておきますが、多分殆どの人はこんな風景だったのか、と驚くでしょう。
スタッフですらこの光景を見た人は居ないと思います(真っ暗だったと思うので)

キューシート65

ここはもっと判りづらいです

曲がるポイントにはこの標識があります。
わかるかコンチクショウ、という声が聞こえてきそうです。
うんそうなんだ、すまない(´・ω・`)

正解のルートに入るとダイドーの自販機があります

更にバス停もあります。

間違えると突き当りの府道11号にでます。
これがミスコースの例です

わからなかったらここから右折して三原峠に入って下さい。

近くの地図を張っておきます。

河内バス停のあたりをよくよんでおいて下さい。


PC2 城崎温泉

城崎温泉駅 足湯

特に言うことは無いです。
温泉は23時まで外湯が開いてる場所がありますので、チャンスがあれば入ってみましょう。
PC受付はローソン城崎湯島店です。
スタッフが待っていることもありますが、ここは基本的には無人PCです。
レシート取得して下さい。

また、PCにはサポートカーを入れていいんですが、ローソンに常駐されても困るので、城崎温泉の市営駐車場に入れるなりして下さい。
そのかわり、城崎温泉街全体をPCとみなします。
温泉街内部ならどこでも物資の補充や着替えを受け取ってもOKです。

PC2城崎



PC3 福知山

急に飛びましたね。
はい、書くのが面倒になってきました。

福知山にでるまでには注意点らしきものは無いです。
出石の郊外にあるファミマから福知山までの40kmは全く補給できるポイントはありません。
腹が減っても近くの軒先で膝を抱えて朝になるまで待つしか無いです。
頑張って耐えて下さいね。

福知山に入る直前に国道426から国道9にでてしまいます。
この区間は例外として国道9号を通って下さい。

福知山にもPCサポート範囲を設定しておきます。夜間自信がないものは知り合いに支援を頼むと良いでしょう。
スタッフのサポートはありません。

PC3福知山


通過チェック ローソン京丹波升谷店

往路も通るのですぐわかると思います
右手にあるので、道路を横断する時気をつけて下さい。

キューシート87

京丹波~日吉は往路も通った区間が多いので、それほど戸惑わずにいけると思います。
国道27号バイパスから細い道に入るポイントは要注意です。

またスタッフが毎回ミスコースするポイントがありますので、水別れの道の看板は必ずチェックして下さい。
往路では道なりだった部分が、復路ではY字になっている(往路は逆Y字で合流してくるだけなので気付かない)部分があります。
どちらにしても水別の道の看板で前で合流してくるんですが、若干距離が狂います。
また水別れの三叉路は道なりは胡麻駅方面ではないので、看板を見つけていない人はミスコースします。

国道27を真っ直ぐ行くと国道9号にでます。
国道9号は復路も進入禁止ですので戻りましょう。
国道9号経由で進んでいる姿を見かけたら福知山まで戻ってもらいます。(二枚目の福知山のレシートを要求)

キューシート94~PC4 ファミリーマート亀岡馬路町店

日吉からは府道50→府道19→府道25と乗り継いできて、船岡駅前を通過した後、府道408に入り、国道477をまたいで一旦市道(水鳥の道)に入り直進して府道405に入れば亀岡のファミリーマートにたどり着くはずです。
亀岡には国道9号に出ない限りここしかコンビニはありません。
とにかく国道9号に出ずに亀岡馬路町のファミリーマートにたどり着けばどうルート取りしてもOKです。
国道9号は進入禁止です。
国道9号経由で進んでいる姿を見かけたら福知山まで戻ってもらいます。(二枚目の福知山のレシートを要求)

キューシート99

ルートラボにも書いてありますが、車止めの柵があって入りづらいと評判です。
一応ここから和らぎの道に入るのを正ルートとしておきますが、次の信号を曲がってもOKです。

キューシート106~108


老ノ坂だけはどうしても国道9号を避けられませんでした。
王子信号から次の信号までの4.2kmだけ例外として国道9号を通って下さい
ただし、トンネルは自転車歩行者専用の旧トンネルを通行して下さい。
国道9号を避けられる次の信号に入ったら直ちに左折して下さい。
国道9号を下っている姿を見かけたら亀岡まで戻ってもらいます。(二枚目の亀岡のレシートを要求)

キューシート110  クイズポイント ロータリー

ロータリーの内側に自転車を入れて記念撮影して下さい。
この記念撮影を避けることはできません。
PC4の亀岡はこのクイズポイントを見込んだ時間に出立しなければなりません。

カメラの用意できない人はスタート受付で申し出て下さい。筆記問題を渡されます。

ゴールまで

ゴールはいつものジョイフル京都久御山です。
フィニッシュタイムは手前のローソン久御山島田店のレシートが採用されます。

Comments