パッチノート2.2

PCは3/1、コンソールは3/8適用
(翻訳元:http://forums.ubi.com/showthread.php/1398192-In-depth-Patch-Notes-Update-2-2-1MAR2016-for-PC-8MAR2016-for-Console

新規機能


コミュニティ健全化:チート対策

報告ボタンの追加

コミュニティ権限強化のため、報告ボタン機能を追加した。この機能によりプレイヤーがチートの疑いに対してフラグを立てることができる。この報告は直接運営のチート対抗手段の強化につながる。

ランクマッチのキルカム導入

我々は、高レベルのランクマッチがチーターにより台無しになっているという雰囲気が蔓延していることに気付いた。しかし我々は「魔女狩り」を可能な限り阻止したいと考えている。ランクマッチからキルカムをなくすという設計となっている一方、ゲームの品質を損なうわけにもいかない。結果、我々は「スポットを隠す」ことをやめ、ランクマッチでキルカムを有効にすることにした。これでコミュニティは自身で怪しい振る舞いをより確実に特定することができる。ゲームの本質(破壊、監視ツール、高い死亡率)のもと、プレイヤーはキルされたときに何が起こったのかと考えてしまうものだ。これではキルしたのが正当なプレイヤーであるのか、チーターであるのか分からなくなってしまう。これにより、試合にチーターが居るかどうかに関わらず、プレイヤー全員によくない雰囲気が生まれる。そのため、ランクサーバに次の2つの目的でキルカムを有効にする。1つは、どうやってキルされたのかを知ることにより、チートを隠すことが難しくすること、2つ目はプレイヤーの知見を高めること。我々はキルカムがより正確に、より信頼できるものになるよう、継続して改善を行っていく予定である。

プレイリスト変更
新しいカスタムゲーム設定:試合用に、無限ラウンドにすることが可能になった。
試合などでこのオプションが提供されるのは重要であると考えている。そのため、カスタムゲームにて、無限ラウンドのオプションを追加した。無限ラウンド設定した上で、スコア差を2に設定すると、相手よりもスコア差が2になったときのみ、ゲームが終了する。これでマッチの公平性は保たれている(ゲームは非対称のため)。

全般的な修正と改善


バランス:スポーンキル対策
スポーン位置を修正。
スポーンしたプレイヤーを防衛側から確実に守るために、いくつかスポーン位置を変更し、スポーン位置を隠すようにした。この修正により、非常に多くのスポーンキルがなくなると信じている。我々は引き続きモニタリングし、すべてのマップで攻撃側が安全にスポーンできるようにする予定である。この修正についての詳細は、一番下に図解しているので、スクロールして参照して欲しい。

ランクマッチのマッチメイキング改善
2月22日の週に、我々はランクマッチのマッチメイキング品質改善のため、ホットフィックスをリリースし、プレイヤーが自身とランクが近いプレイヤーとマッチするよう、「スキルランク」の緩和パラメータをを変更した。

この更新前は、この緩和が非常に短い時間で発生したため、スキルランクの緩和が非常に大きくなっており、更にチーム間でのスキルランク差の最大値が無かった。これにより、高いランクのチームが、低いランクのチームとマッチしてしまうことがあった。

更新後は、ランクマッチについて全体の品質を改善し、よりよいバランスで、より高い品質でマッチするようになった。現在、ランク緩和はより短い時間で行われるが、上げ幅を小さくし、またチーム間の最大ランク差を設けた。マッチメイキングの時間は長くなってしまうと予想しているが、それはちょっと違う!最も注目して欲しいのは、大きなランク差があるマッチが、5-9%から2-4%になったことだ。また、平等もしくは非常に近いスキルランクでマッチするように約5%の改善を行っている。我々は正しくトラッキングできており、パラメータを改善できていると信じている。

またランクマッチについて、マッチメイキング機能を含め、他にも多くの改善を行っている。我々は現在明確な計画に基づいて改善を行っており、これは後日、Know Issuesの一覧の中にある、high priority issuesセクション内にて共有する予定である。

主なバグフィックス


これはすべてを網羅したリストではないことに注意。これらは一般に報告されたバグ修正のみである。

ゲームプレイ
  • オペレータがT-ポーズでテクスチャが無い状態になる(FIX)
  • 命中判定:ラペリング中、もしくはドローン使用中に撃たれても、プレイヤーがたまにダメージを受けなかった(FIX)
  • 命中判定:プレイヤーが足を撃たれてもダメージをうけないときがあった(FIX)
  • 命中判定:人質を運んでいる人がラペリングしていると、防衛側に不利な状態になっていた(?)(FIX)
  • 武器がときどき壁を突き抜けてしまう(FIX)
  • ドローンを投げたときに、ときどき境界を越えて飛んでいってしまう(FIX)
  • ドローンがときどきマップの下に落ちてしまう(FIX)
  • ガジェットがバリケードの破片の上に置けない(FIX)
  • シールド持ちのエイムで、ADSアニメーションがときどきおかしかった(FIX)
  • テルミット:ときどき、補強されたフロアハッチがヒートチャージにより破壊されなかった(FIX)
  • バック:サブウェポンを持った状態でガジェットキーを押しても、スケルトンキーモードを解除できなかった(FIX)
  • グラズ:サブウェポンを持った状態でガジェットキーを押しても、スコープのON/OFFができなかった(FIX)
  • スレッジ:ラウンド終了カメラのときに、ハンマーが空中に浮いているように見えていた(FIX)

レベルデザイン

  • ヨット(グリッチ):プレイヤーがヨットの船先の天井辺りをのぼって天井の中に入れてしまっていた(FIX)
  • ヨット:操舵室の部屋全体が、エリア確保のエリアになっておらず、特定の位置に立ったときに確保/確保阻止できなかった(FIX)
  • ヨット:防衛側が内側の階段に有刺鉄線を設置できなかった(FIX)
  • ヨット:東の氷河にて、氷ブロックにドローン衝突判定がなかった(FIX)
  • ヨット:準備フェーズにて、いくつか赤ブロック壁が表示されなかった(FIX)
  • オレゴン(グリッチ):攻撃側が小さな隙間から防衛側を撃つことができていた(ジャンクヤードスポーンポイントの近く、ダイニングホールの外)(FIX)
  • オレゴン:ドローンが廃棄スクールバスの近くにある2つの空調シャフトを通りにくかった(FIX)
  • 山荘:2Fの手すり近くで、見えない物体があり、それに隠れるとプレイヤーが撃たれるのを防げてしまう(FIX)
  • 民家:波止場近くでプレイヤーがラペリングすると、マップから落ちてしまう(FIX)
  • 民家:まくらにガジェットの当たり判定がなかった(FIX)
  • カフェドストエフスキー:ブリーチ可能な壁を破壊しても、ダイニングルームから跳び越えて入ることができなかった(FIX)
  • たまに、照明がおかしかった(FIX)

観戦モード

  • キャラクター選択画面中にて、スコアが反映されていなかった(FIX)
  • 観戦ターゲットがフラッシュ中にキルされたときに、観戦者が白い画面のままになってしまう(FIX)
  • 観戦者がプレイヤーのドローンを見ているときに間違った視点になってしまう(FIX)
  • 観戦モードのときに、ドローン跳躍指示が正しく働いていなかった(FIX)
  • タクティカルビューでオペレータが死亡した場所をフォーカスしていると、他のプレイヤー視点に変更するまで自由にカメラを動かせなかった(FIX)
  • ファーストパーソンビューでプレイヤー間をスイッチしたときに、グラフィックがおかしかった(FIX)
  • 観戦モードにて、フォーカスしているときにはプレイヤーのフルユーザー名はもう表示されない(FIX)
  • 観戦モードから抜けたあと、どんなモードでもコントローラーが振動しなくなってしまう(FIX)
  • PC:観戦者がF10キーを押してもオプションメニューが開けなかった(FIX)

その他

  • ラウンド終了間際でディフューザーが設置された後に、カウントダウンのボイス(残り15/10/5秒)が終わってしまう(?)(FIX)
  • PS4:PS4プレイヤーがプレイステーションダイナミックメニューのフレンドタブから招待する機能が働いていなかった(FIX)
パッチサイズ:750MB(プラットフォームによって変わる)

IP保護について状況更新
既にアナウンスした通り、このパッチにてIP保護を提供する予定だが、一方で、予想していたよりも技術的に複雑であると判明した。我々はIP保護をできるだけ早く提供するつもりである。PCバージョンはコンソールバージョンよりも前になりそうで、準備ができ次第できるだけ早くこの機能のみのホットフィックスを提供する予定。コンソールについては、それよりも後になる(できるだけ早くはするつもり)。IP保護はプレイヤーのIPが表示されるのを制限し、プレイヤーを標的とした試合中のDDoS攻撃の可能性を劇的に低くする。この機能は現在優先事項となっている。


翻訳元では、ここでスポーン位置について画像で説明されています)