次回予告


第21回
永益 英敏さん
京都大学総合博物館
「ハイノキ科Symplocaceaeの分類と系統地理」
 ハイノキ科はハイノキ属Symplocos1属からなる単型科として扱われることが多く、アジア・オセアニアとアメリカにそれぞれ約200種ずつが分布している。ほとんどの種が常緑の樹木で、日本では照葉樹林の重要な構成樹種だが、ヒマラヤから日本にかけては落葉性のサワフタギ類が数種生育している。よくみかける科であるにもかかわらず、同定がむずかしいフィールドワーカー泣かせの分類群でもある。従来の分類ではアジアにくらべ中南米の方に多様な群が分布し、中南米が進化の中心と考えられてきた。しかし、分子系統学的解析の結果からはそれと異なるストーリーがみえてきた。新しい知見にもとづいたハイノキ科の分類と系統地理について紹介する。  

日時 2017年 4月28日 15:00~
会場 九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 D棟2階 D208

趣旨
「Qecoセミナー」(九州(Q)ecological セミナー)です。
生態学に関するあらゆる研究について、第一線で活躍中の研究者をお招きして、講演会と懇親会を開きます。
九大内外、教員、学生問わず自由な参加をお待ちしています。

講演者募集
講演者を募集しています。希望される方はご連絡ください。

連絡先
九州大学 理学研究院 生物科学部門 生態科学研究室 
Tel: 092-802-4277
大原 隆之 t.ohara.63920(at)ees.hokudai.ac.jp
岡部 憲和 3SL14065S(at)s.kyushu-u.ac.jp
川窪 藍    polygonum.ak(at)gmail.com
衛藤 美咲 3SL17029M(at)s.kyushu-u.ac.jp
Ċ
Shun Hirota,
2015/06/15 2:58
Ċ
Shun Hirota,
2015/07/23 4:54