Home‎ > ‎

戦う国際税理士 田邊先生のココがすごい!

 
国際税理士 田邊先生とは、一体何者?
 
 
 
国際税理士 田邊先生は、2001年に税理士を登録。その後、アメリカ人相続税申告、二次相続対策、未上場株式の物納、外国法人、非居住者の日本における税務申告、企業組織再編関係、金融機関等からの税務相談、法人税・所得税・相続税・贈与税等の申告作成などを担当されていらっしゃいました。
 
その後、上武大学経営情報学部講師(非常勤)に就任され「税務会計論」・「税法」の講座を担当するなど、分りやすい講義で定評でした。そして、海外実務は、PWCバンコク事務所にて勤務されたのがきっかけです。主に、日系上場企業のタイ国における税務・法務問題をサポートされていらっしゃいました。
 
2008年に国際税務を請け負う事務所を開設し、現在、『戦う国際税理士』として海外で事業を行う個人、中小企業から多くの信頼をうけ、税務相談を対応されています。さらに精力的に、執筆活動や海外移住、海外投資のセミナーの講演を行われています。
 
 
 
国税と戦って来た確かな実績!

田邊先生は、今までの実績として、企業の顧問税理士を務め、「国税対応で数千万円の税務リスクを回避」 「事前相談で、税務を数分の1に節税 !」など、確かな実績がある国際税務のスペシャリストです。 

事前に相談すること、サポートを依頼することで、万が一、調査が入ったときにもおおきな味方になっていただけます。


【メディアでの掲載実績】

 •週刊エコノミスト 2,013年9月号


 
Comments