エラー分析ワークショップ(言語処理学会年次大会2015)

言語処理学会第21回年次大会ワークショップ(2015)

「自然言語処理におけるエラー分析 (兼:Project Next NLP報告会)」

会場



発表形式

  • タスクごとの30分の発表. その後30分のディスカッション
  • タスクごとの発表は 25分の発表 5分の質疑応答
  • パネルディスカッションは 各タスクから1~2名が参加 (参加者が決まっていないところは決めていただけると助かります)
  • パネルの議題・質問等は Google Moderator を使い事前に収集
    • Google Moderator は、質問の収集、および質問の投票が行えます。自分が質問をしなくても良いと思われる質問に投票いただけることで質問の優先順位が決めやすくなります
    • 回答の収集も行えますので、パネラーで回答が可能な方は回答していただけると助かります


プログラム


3月20日(金)

9:00-9:30: 趣旨説明

「Project Next NLP概要 (2014/3-2015/2)」 (論文スライドイントロスライド
関根聡(ニューヨーク大)、乾健太郎(東北大)


9:30-11:30 Project Next NLP報告(1) チェア:鈴木久美

9:30-10:00     「形態素解析のエラー分析」 (論文)
                      鍜治伸裕、森信介、高橋文彦、笹田鉄朗、斉藤いつみ、服部圭吾、村脇有吾、内海慶

10:00-10:30 「構文解析」 (論文)
                      河原 大輔 金山博 颯々野学

10:30-11:00 「固有表現抽出におけるエラー分析」 論文
                      岩倉 友哉 

11:00-11:30 「パネルディスカッション」(パネラー: TBD)
                          質問 (受付は終了しました)



12:30-13:30 口頭発表(一般発表)  チェア:関根聡

12:30-12:45  「Error Analysis of Named Entity Recognition in BCCWJ」(論文
                       Masaaki Ichihara (茨城大),  Kanako Komiya (茨城大),
                      Tomoya Iwakura (富士通研), Maiko Yamazaki (東工大)

12:45-13:00  「様々なジャンルのテキストに対する固有表現認識の分析」(論文
                      平田亜衣(首都大),小町守(首都大)

13:00-13:15  「複数の知識源を利用した語義曖昧性解消手法のエラー分析」(論文スライド
                      白井清昭(JAIST)

13:15-13:30   「語義曖昧性解消の機械翻訳への利用可能性を探る」(論文
                      藤田早苗(NTT),Graham NEUBIG(NAIST)



13:30-15:30 Project Next NLP報告(2) チェア:乾健太郎

13:30-14:00 述語項構造解析 「Project NEXT 述語項構造タスク」 (論文, スライド)
                       松林 優一郎  吉野 幸一郎 林部 祐太 中山 周

14:00-14:30 照応解析 「日本語書き言葉を対象にした省略・共参照解析の誤り分析」(論文スライド
                       飯田龍(NICT),柴田知秀(京大),井之上直也(東北大/デンソー)

14:30-15:00 知識獲得 「日本語Winograd Schema Challengeを題材として」 (論文)
                      柴田 知秀

15:00-15:30 パネルディスカッション パネラー(TBD)
                       質問 (受付は終了しました)


16:00-18:30 Project Next NLP報告(3) チェア:賀沢秀人

16:00-16:30 日本語校正「Project Next日本語校正タスク」 論文、スライド)
                       山本和英(長岡技科大) 鄭育昌(富士通研)

16:30-17:00 英語校正  「Project Next英文校正タスク: 前置詞誤りを対象とした誤り分析」 (論文、スライド)
                       水本智也,三田雅人(NAIST)

17:00-17:30 語義曖昧性 「語義曖昧性解消の誤り分析」 (論文スライド
                       新納浩幸(茨城大), 白井清昭(JAIST), 村田真樹(鳥取大), 福本文代(山梨大),
                       藤田早苗(NTT), 佐々木稔(茨城大), 古宮嘉那子(茨城大), 乾孝司(筑波大)

17:30-18:00 翻訳 「Project Next における機械翻訳の誤り分析」 (論文)
                       赤部 晃一, Graham Neubig (NAIST), 工藤 拓 (Google), John Richardson,  中澤 敏明 (京大), 
                       星野 翔 (総研大)

18:00-18:30 パネルディスカッション (白井,藤田,Graham)
                        質問受付中



3月21日(土)

9:00-11:30 Project Next NLP報告(4) チェア:奥村学

9:00-9:30   情報抽出 「情報抽出タスクの誤り分析 --商品の属性値抽出を題材に--」(論文, スライド
                     新里圭司(楽天技研)

9:30-10:00  レビュー解析 「レビュー解析を題材とした「誤り分析マニュアル」の試作に向けた検討」(論文スライド
                     藤井敦(東工大),乾孝司(筑波大),中山卓哉(筑波大)

10:00-10:30  要約 「Project Next Summarization: Project Next 要約タスク最終報告」(論文スライド
                      小倉由佳里(お茶大),菊池悠太(東工大),小林一郎,鈴木聡子(お茶大),
                      高村大也(東工大),西川仁,平尾努(NTT),森田一(京大)

10:30-11:00  Web応用 「〜事実性解析と主体解析を題材に〜 」 論文,スライド) 
                      荒牧英治  叶内晨  北川善彬  岡崎直観

11:00-11:30  パネルディスカッション(新里,藤井,平尾,荒牧)                     
                     質問受付中


12:30-15:00 Project Next NLP報告(5) チェア:徳永健伸

12:30-13:00 言い換え 「言い換え認識技術の評価に適した言い換えコーパスの構築指針」(論文スライド)
                       藤田篤(NICT),柴田知秀(京大),松吉俊(山梨大),
                        渡邉陽太郎(NEC),梶原智之(長岡技科大)

13:00-13:30 「情報検索のエラー分析」論文スライド
                       難波英嗣(広島市立大),酒井哲也(早稲田大)

13:30-14:00 「『ロボットは東大に入れるか』プロジェクト 代ゼミセンター模試タスクにおけるエラーの分析」
                       (
論文スライド
                       松崎拓也(名古屋大),横野光(NII),宮尾祐介(NII),川添愛(NII),
                       狩野芳伸(静岡大),加納隼人(名古屋大),佐藤理史(名古屋大),
                       東中竜一郎(NTT),杉山弘晃(NTT),磯崎秀樹(岡山県立大),菊井玄一郎(岡山県立大),
                         堂坂浩二(秋田県立大),平博順(大阪工業大),南泰浩(電気通信大)

14:00-14:30 対話 「Project Next NLP 対話タスク:雑談対話データの収集と対話破綻アノテーションおよびその類型化」                         (論文スライド
                       東中竜一郎(NTT),船越孝太郎(HRI-JP),荒木雅弘(京都工繊大),塚原裕史(デンソーITラボラトリ)
                       小林優佳(東芝),水上雅博(NAIST)

14:30-15:00 パネルディスカッション  (藤田あ, TBA, 松崎, TBA)
                       質問受付中

15:00-15:10  休憩


15:10-16:00 全体ディスカッション 司会:関根聡

TBD 司会が関根、乾さん、話題提供の提案を工藤さんからいただいている事以外は決めていません。特にパネラーは必要ではなく、全体が全体として議論できればと思いますが、WSの進行に応じて前に出ていただく方を決める必要があれば決めさせていただければと思っています。

                                 
                                  質問受付中


 
(セッションが2時間以上の場合には間に5分の休憩を入れます)





言語処理学会第21回年次大会ワークショップ
「自然言語処理におけるエラー分析 (兼:Project Next NLP報告会)」 開催案内および発表募集


本ワークショップでは、自然言語処理におけるエラー分析に関連した論文を募集しています。
Project Next NLPの各タスクの成果報告とともに一般発表を行う予定です。

一般発表ではProject Next NLPの参加者、非参加者に関わらず論文発表を受け付けます。
(ただし、著者の中に言語処理学会の会員がいることが条件になります)
一般発表はその件数によって、口頭発表かポスター発表の形式で行うかを決定致します。


ワークショップWebサイト:
 https://sites.google.com/site/projectnextnlp/ws2015

開催日:2015年3月20日(金)および21日(土)
   (21日は午後4時までに終了予定です)
会場: 
 京都大学 吉田キャンパス
 所在地:〒606-8501 京都市左京区吉田本町
 アクセスは次のウェブページをご覧下さい.
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/

参加費:本会議参加費に含まれています

論文投稿(一般発表の手順です。各タスクのエラー分析報告論文の投稿方法と締め切りは違いますのでご注意ください。):

締切り:   2015年2月15日
投稿方法:  projectnextnlp-ws2015-submit@googlegroups.com にSubjectを
      「エラー分析ワークショップ2015:論文投稿」としたメイルに論文を添付し、
       お送りください。
      (注意:言語処理学会本会議の原稿提出サイトからの投稿はできません)
論文形式:  PDF(10MBまで、ページ数は無制限。それ以外の事項(フォーマット
       など)は本会議の原稿提出要項を参照してください。
      (http://www.anlp.jp/nlp2015/submit.html)。
著作権の帰属:ワークショップの論文の著作権は言語処理学会に帰属します。
       論文提出時に以下の文言をメイル本文にお書きください。

-------------
  言語処理学会第21回年次大会:発表申込、原稿提出、大会発表各要項(http://www.anlp.jp/nlp2015/submit.html)の発表申込要項8にある「執筆に際しての注意事項」ならびに「著作権および電子媒体による論文の公開」に同意します。
-------------

査読:    一般投稿につきましては、エラー分析とは関係ない論文など本ワーク
       ショップの主旨と違っているものの発表をご遠慮いただくことがあります。
発表形式:  受理した論文は、口頭発表またはポスター発表で発表していただきます。

※:Project Next NLPの論文投稿手順については各タスクのリーダーに別途お知らせします。(こちらの締め切りは2月28日です)


ワークショップ概要:

科学技術が“trial and error”によって進展してきたことは間違いありません。
この“trial and error”を科学技術の効率的な発展につなげるためには、
偶然の産物を求めた無作為な試行の繰り返しではなく、「errorを深く分析し
次の有効なtrialにつなげる」プロセスが重要であると我々は考えています。
言語処理技術の各領域においてエラー分析はこれまでも個別の研究の一部として
個々の研究者が行ってきていますが、そのほとんどは特定のタスクにおける
特定のシステム・手法を対象とするもので、システム・手法に固有の問題が
混在した形で課題が明らかにされてきただけでした。
 本ワークショップでは、上記の現状と課題を踏まえ、約1年間にわたって
総合的なエラー分析を目標に活動してきたProject Next NLPの成果報告を行う
とともに、プロジェクト外からの関連研究発表、招待講演、パネルディスカッション、
ポスター発表などを行い、自然言語処理全体における課題を明らかにして行きます。



ワークショップ実行委員会:

関根聡(ニューヨーク大学):委員長
乾健太郎(東北大学)
鍜治伸裕(東京大学)
森信介(京都大学)
河原大輔(京都大学)
松林優一郎(東北大学)
岩倉友哉(富士通研究所)
飯田龍(NICT)
藤田篤(NICT)
新納浩幸(茨城大学)
柴田知秀(京都大学)
難波英嗣(広島市立大学)
高村大也(東京工業大学)
平尾努(NTT)
西川仁(NTT)
新里圭司(楽天)
藤井敦(東京工業大学)
乾孝司(筑波大学)
岡崎直観(東北大学)
荒牧英治(京都大学)
宮尾祐介(NII)
横野光(NII)
松崎拓也(名古屋大学)
工藤拓(グーグル)
グラム・ニュービッグ(奈良先端大学院大学)
山本和英(長岡技科大学)
鄭育昌(富士通研)
水本智也(奈良先端大学院大学)
東中竜一郎(NTT)
船越孝太郎(HRI)
賀沢秀人(グーグル)
相澤彰子(情報学研究所)
黒橋禎夫(京都大学)
加藤恒昭(東京大学)
奥村学(東京工業大学)
佐藤理史(名古屋大学)
鈴木久美(マイクロソフト)
神門典子(情報学研究所)
中村哲(奈良先端大学院大学)
酒井哲也(早稲田大学)
徳永健伸(東京工業大学)
佐々木裕(豊田工業大学)
影浦峡(東京大学)
ć
Satoshi Sekine,
2015/02/21 7:40
Ċ
Satoshi Sekine,
2015/02/21 6:11
ć
Satoshi Sekine,
2015/02/21 6:13
Ċ
Eiji ARAMAKI,
2015/02/25 0:52
Ċ
鍜治伸裕,
2015/02/28 23:49
Ċ
Daisuke Kawahara,
2015/03/01 15:50
Ċ
tomoya iwakura,
2015/03/08 20:15
Ċ
tomoya iwakura,
2015/03/08 19:56
Ċ
tomoya iwakura,
2015/03/08 19:56
Ċ
tomoya iwakura,
2015/03/08 19:57
Ċ
shinnou@mx.ibaraki.ac.jp,
2015/03/22 19:10
Ċ
tomoya iwakura,
2015/03/08 19:57
Ċ
松林優一郎,
2015/03/31 7:35
Ċ
松林優一郎,
2015/03/01 14:15
Ċ
Ryu Iida,
2015/03/12 21:53
Ċ
Ryu Iida,
2015/03/29 21:56
Ċ
Tomohide Shibata,
2015/03/01 16:09
Ċ
山本和英,
2015/03/01 4:51
Ċ
山本和英,
2015/03/22 21:40
Ċ
Tomoya MIZUMOTO,
2015/03/31 19:30
Ċ
shinnou@mx.ibaraki.ac.jp,
2015/02/26 22:58
Ċ
shinnou@mx.ibaraki.ac.jp,
2015/03/22 19:10
Ċ
Koichi Akabe,
2015/03/01 22:36
Ċ
Keiji Shinzato,
2015/03/30 16:09
Ċ
Keiji Shinzato,
2015/03/22 18:06
Ċ
Takashi INUI,
2015/03/02 19:47
Ċ
Takashi INUI,
2015/03/25 20:15
Ċ
Hitoshi NISHIKAWA,
2015/03/02 22:45
Ċ
Hitoshi NISHIKAWA,
2015/03/20 23:10
Ċ
Eiji ARAMAKI,
2015/03/02 20:12
Ċ
Atsushi Fujita,
2015/03/21 20:30
Ċ
Atsushi Fujita,
2015/03/21 20:30
Ċ
Hidetsugu Nanba,
2015/03/01 14:53
Ċ
Hidetsugu Nanba,
2015/03/20 23:23
Ċ
Takuya Matsuzaki,
2015/03/01 3:15
Ċ
Takuya Matsuzaki,
2015/03/30 19:47
Ċ
Ryuichiro Higashinaka,
2015/03/20 23:39
Ċ
Ryuichiro Higashinaka,
2015/03/02 1:56
Comments