トップページ




科学技術が“trial and error”によって進展してきたことは間違いありません。この“trial and error”を科学技術の効率的な発展につなげるためには、偶然の産物を求めた無作為な試行の繰り返しではなく、「errorを深く分析し次の有効なtrialにつなげる」プロセスが重要であると我々は考えています。

 自然言語処理の技術は、様々な応用を目指して進んできました。1960年代には対話技術が、70年代には情報検索技術が、80年代には情報抽出、要約技術が、2000年頃からは質問応答が盛んに研究されてきましたが、それらすべての応用システムの精度は60%程度まで達成した後にそれ以上の精度向上が見られないまま、新たな応用を求めて移ろって来たという歴史があります。90年代から始まった大規模なコーパスを元にした経験的な手法により新たな展開が生まれ、統計手法や機械学習を巻き込み発展してきた事は事実ですが、未だ60%の精度の先に必要とされているものの正体がきちんと見えているとは言いがたい状況です。

 そこで、この問題の正体を明らかにするために、様々な言語処理技術においてしっかりとしたエラー分析を行い、次に対処すべき課題を明確にする事は非常に重要だと思います。言語処理技術の各領域においてエラー分析はこれまでも個別の研究の一部として個々の研究者が行ってきていますが、そのほとんどは特定のタスクにおける特定のシステム・手法を対象とするもので、システム・手法に固有の問題が混在した形で課題が明らかにされてきただけでした。このプロジェクトでは、それぞれのタスクについて複数のシステムでエラー分析を行う事で、そのタスクにおいて共通に重要な問題点を明らかにしていきたいと考えます。また、1つのタスクだけではなく、多くのタスクのエラー分析を同時に行う事で自然言語処理全体における問題点の列挙ができるものと考えます。このような大規模なエラー解析は過去に経験がなく、どのような結果が得られるのかやってみないと分からない部分もありますが、今後の自然言語処理研究の方向性を決めるために重要なデータになる事は間違いないと思われます。一人でも多くの研究者に今回のワークショップに参加していただき、自然言語処理研究における次なる展開につなげていくことを期待しています。

最新ニュース

  • これから(その2) まずは、「今後(その1)」のメイルに対し、半数以上のタスクから反応をいただきました、ありがとうございました。現在の所、論文誌特集号に6〜9本程度の論文提出の意向を伺っています。とても楽しみにしています。提出意向のあるタスクに対しては、論文や発表への私の個人的なコメントをお送りしました(受け取ってない方がいましたら、お知らせください)。まだ、返答をいただけていないタスクの中で論文提出の意向がある方はお知らせいただければ、喜んで、私の個人的なコメントを送ります。さて、このメイルではProject Next NLPの今年度以降の活動について議論を開始したいと思います。最後のディスカッションで、今後の方向がきちんと打ち出せなかったのですが ...
    投稿: 2015/04/06 13:18、Satoshi Sekine
  • これから(その1) ワークショップでは、皆様、非常に面白い発表、活発な意見ありがとうございました。どの発表もとても面白く、学ぶことがたくさんあったワークショップでした。少し間が空いてしまいすみませんでした。今後の話を始めたいと思います。*タスクリーダーの「これから」 ー発表スライドをHPにアップしてください ー言語処理学会の雑誌論文を投稿する予定かどうかお知らせください(以下のコメントが必要かどうかの判断のため)*関根、アドバイザーの「これから」 ーWSの論文、発表へのコメント(言語処理学会雑誌に向けて)を、タスクリーダー自由にお伝えください。  投稿される論文の質がなるべく高くなるようにアドバイザーの皆様のご協力をお願いします ...
    投稿: 2015/03/29 20:33、Satoshi Sekine
  • 「自然言語処理におけるエラー分析 (兼:Project Next NLP報告会)」 開催案内および発表募集 (〆切2015年2月15日) 言語処理学会大21回年次大会ワークショップ「自然言語処理におけるエラー分析 (兼:Project Next NLP報告会)」 開催案内および発表募集本ワークショップでは、自然言語処理におけるエラー分析に関連した論文を募集しています。Project Next NLPの各タスクの成果報告とともに一般発表を行う予定です。一般発表ではProject Next NLPの参加者、非参加者に関わらず論文発表を受け付けます。(ただし、著者の中に言語処理学会の会員がいることが条件になります)一般発表はその件数によって、口頭発表かポスター発表の形式で行うかを決定致します。詳細は以下のページをご覧ください。ワークショップWebサイト ...
    投稿: 2014/12/13 17:57、Satoshi Sekine
  • 言語処理学会年次大会ワークショップに採択されました 2015年3月に京都で行われる言語処理学会年次大会ワークショップに採択されました。Project Next NLP外からの投稿も促すために、ワークショップのタイトルは「自然言語処理におけるエラー分析(兼:Project Next NLPの報告会)」としたいと思います。開催日は、3月20、21日になります。ワークショップの形態、運営などにご意見のある方は是非、関根までお知らせください。
    投稿: 2014/11/21 13:28、Satoshi Sekine
1 - 4 / 15 件の投稿を表示中 もっと見る »

よくある質問

Issue
タスク分割について 
連絡担当者の役割について 
メンバーの役割 
システムがなくても参加したい 
データ分析の規模 
リーダーの役割 
タスクの進め方(案) 
皆様からのコメント 
よくある質問」ページから 8 件のアイテムを編集日時順に表示しています。 もっと見る »