ホーム‎ > ‎

PPv中心の連動ビュー

PPxには、連動ビューという機能がある。Shift+Yにより、PPcのカーソル位置のファイルを常にPPvで表示させることができる。この時、当然フォーカスはPPcにある。


これとは別に、PPvを中心に連動ビューをする方法があり、私はこちらを採用している。フォーカスはPPvにある。カーソルを上下すると、それにつれてPPcのカーソルが上下し、PPvの表示ファイルも切り替わる。

PPcを中心にするかPPvを中心にするかの違いだけで、結局同じじゃないか、と思うかもしれないが、一つだけメリットがある。それは、PPvとPPcを重ねて配置できる、という点である。PPc中心の連動ビューの場合、PPvが後ろに隠れてしまうのだ。PPvを中心にした連動ビューのほうが、デスクトップの領域を有効活用できるのである。


PPv中心の連動ビューは、デフォルトの機能では無いので、その環境を構築する必要がある。

準備

以下を編集して取込。

KV_main    = {    ; PPvメイン窓
LEFT    ,*execute C,*cursor 6, -1 %: %KC"@N"
RIGHT    ,*execute C,*cursor 6, 1 %: %KC"@N"
UP    ,%KC "@UP @N"
DOWN    ,%KC "@DOWN @N"
SPACE    ,%KC"@SPACE@N"
\SPACE    ,%KC"@\SPACE@N"
ENTER ,%K"@Q"
}

E_cr = { ; [Enter]用判別
:JPEG ,
:BMP ,
:XJS ,
:XVBS ,
PNG ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
JPG ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
JPEG ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
BMP ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
GIF ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
TXT ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
CPP ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
H ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
C ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
L ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
EL ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
HTML ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
HTM ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
XYZZY ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
EMACS ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
SCM ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
INI ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
VBS ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
JS ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
PY ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
PYW ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
HOWM ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
CFG ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
KIF ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
LOG ,%Obi *ppv -r %*name(CBD,"%R","%1") %: *focus "PPV["
}

やり方

  1. PPcでテキストファイルや画像ファイル上でEnterを押すと、PPvが起動
  2. PPvでカーソルキーやスペースキーを押すと、それにあわせてPPcのカーソルが移動し、PPvに表示されるファイルも切り替わる
  3. PPvでEnterを押すとPPvが閉じる
サブページ (1): PPv上からPPcを操作
Comments