松尾 隆佑 (MATSUO, 

Ryusuke

  




        [基本情報]


        

1983年, 

青森県生まれ


        

法政大学大学院 政治学研究科 政治学専攻 博士後期課程


        

政治学・政治理論


        

 (

1) マックス・シュティルナー(Max Stirner, 1806-1856)の政治思想


         (

2) ステークホルダー・デモクラシー(Stakeholder Democracy)の政治理論


        

社会学修士


        

日本政治学会(2011-), 政治思想学会(2011-)


        

Mail

kihamu[at]gmail.com

        Twitter: @ryusukematsuo





        [学

歴]

        2002. 3.    青森県立八戸高等学校, 卒業

        2006. 3.    一橋大学社会学部, 卒業

        2008. 3.    一橋大学大学院 社会学研究科 総合社会科学専攻 修士課程, 修了

        2011. 4.    法政大学大学院 政治学研究科 政治学専攻 博士後期課程, 入学


        [職

歴]

        2014. 4. -    法政大学サステイナビリティ研究所 RA(リサーチ・アシスタント)




        [業績]


                【学位論文】

        2006. 『利害関係者による討議と決定』, 2005年度一橋大学社会学部学士論文, 2006年1月提出.

        2008a. 利害関係理論の基礎――利害関係概念の再構成と利害関係の機能についての理論的考察』, 2007年度一橋大学大学院社会学研究科修士論文, 2008年1月提出.


                【雑誌論文】

        2010b. エゴイズムの思想的定位――シュティルナー像の再検討」, 『情況』3期11巻2号(3期通巻92号), 196-210頁, 2010年3月.    [依頼原稿. 2010c の要約]

        2011. 権力と自由――「自然の暴力」についての政治学」, 『法政大学 大学院紀要』67号, 91-111頁, 2011年10月.    [査読無. 2008a, 2009 と一部重複]

        2012a. 政治/理論――政治的なものについて語ること」, 『政治をめぐって』(法政大学大学院政治学研究科政治学専攻委員会), 31号, 1-25頁, 2012年3月.    [査読無]

        2012e. 「理性・情念・利害――政治の賭け金について」, 『法政大学 大学院紀要』69号, 75-95頁, 2012年10月.    [査読無. 2008a と一部重複]

        2014c. 「関係と制度――規範の存立において特別の地位を占めうる事実についての政治理論的探究」, 『法政大学 大学院紀要』72号, 49-73頁, 2014年3月.    [査読無. 2008a と一部重複]


        2015a. 辟易するエゴイスト――政治理論における利己主義の射程」, 『政治をめぐって』(法政大学大学院政治学研究科政治学専攻委員会), 34号, 1-35頁, 2015年3月. [査読無]



                【その他論文】


                【口頭発表

        2012b. 「政治/理論――政治的なものについて語ること」, 政治と理論研究会 第1回, 2012年4月21日, 法政大学大学院棟501教室. [2012a に基づく]

        2012c. 「ステークホルダーの政治主体性――ステークホルダー・デモクラシーの理論化へ向けて」, 政治と理論研究会 第6回, 2012年9月29日, 法政大学大学院棟501教室.

        2012d. 「『市民社会と立憲主義』合評会コメント」, 中野勝郎編『市民社会と立憲主義』合評会, 2012年10月27日, 法政大学現代法研究所会議室.

        2013c. 「マルチレベル・ガバナンスの民主化と公私再定義――ステークホルダー対話を通じたデモクラシーの越境可能性」, 政治と理論研究会 第9回, 2013年5月8日, 法政大学大学院棟201教室. [2014d の草稿報告]

        2013d. 「ステークホールディングの理論的再構成――福祉ガバナンスの規律を中心に」, 東京法哲学研究会 8月例会, 2013年8月10日, 法政大学現代法研究所会議室.

        2014a. 「政治的なものとガバナンスのあいだ――企業統治論からの接近」, 政治理論研究会, 2014年2月4日, 法政大学現代法研究所会議室.

        2014f. 統治・判断・責任――濱野靖一郎『頼山陽の思想』をめぐって」, 法政大学政治学専攻月例研究会, 2014年5月17日, 法政大学大学院棟701教室.

        2014g. 「ステークホルダー・デモクラシーの理論モデル構築――ポスト政治期における民主的統治の理念的・制度的研究」, 法政大学政治学専攻月例研究会, 2014年7月17日, 法政大学大学院棟802教室.

        2014h. 福島原発事故に伴う指定廃棄物の最終処分地選定をめぐる政策過程」, 法政大学政治学専攻月例研究会, 2014年9月29日, 法政大学新見附校舎A304教室.

        2015c. 「放射性廃棄物と民主政治――原発事故後の「指定廃棄物」処理を中心に」, 東北大学公共政策大学院公共哲学セミナー, 2015年11月26日.

        2016a. 「原発事故被災地の「再生」と放射性廃棄物」, 法政大学サステイナビリティ研究所公開研究会, 2016年2月3日.


                【エッセイ・書評・その他

        2010e. ステークホルダー・デモクラシーの可能性」, 『政策空間』2010年9月29日.    [依頼原稿]

        2013a. 英語圏におけるシュティルナー研究の現在――ソール・ニューマン編『マックス・シュティルナー』から」, 『政治をめぐって』(法政大学大学院政治学研究科政治学専攻委員会), 32号, 37-51頁, 2013年3月.    [査読無]

        2013b. 日本社会の分岐点――政権交代後、震災後の政治をめぐって」,  『政治をめぐって』(法政大学大学院政治学研究科政治学専攻委員会), 32号, 53-98頁, 2013年3月.    [査読無. 源島穣,西村理との座談会]

        2014b. 「ステークホルダー・デモクラシーに何ができるか」, 『αシノドス』vol. 142, 2014年2月15日.    [依頼原稿]

        2014e. デモクラシーからデモクラシーへ」, 『クレスコ』158号, 38-39頁, 2014年4月. [依頼原稿]




       


photos by "kyami" (Special Thanks!).

 (since: 2008. 10. 26)

(updated: 2016. 4. 7)