平成29年度保険データ分析に基づく地域医療の未来創造コース

 産業医科大学では、九州大学・福岡大学・久留米大学と共同で未来医療研究人材養成拠点形成事業「イノベーションを推進する国際的人材の育成―アジアの表玄関における4大学双方向性教育連携―」を実施しています。

平成29年度未来医療研究人材養成拠点形成事業の一環として「保険データ分析に基づく地域医療の未来創造コース(インテンシブコース)」を産業医科大学で開講致します。

本年度の開催内容と日程は以下の通りです。

日時


平成291110日(金曜日)から 11日(土曜日)迄


場所


産業医科大学公衆衛生学教室 (福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘11)


対象者


以下の条件を満たす方を募集します

    • DPC導入の影響評価に係る調査」に参加している医療機関に所属している
    • DPCデータを実務で取り扱う方法を習得したい
    • 目安としてDPC病院ないし準備病院での勤務経験3年以上(現在のDPCデータの使用の有無は問わない)
    • 診療情報管理士・医事課職員・医師・看護師・臨床検査技師・放射線技師・その他病院スタッフなど、上記であれば職種を問いません
    • 2日ともに参加可能な方

定 員


20名程度(予定)


内 容

    • オリエンテーション(松田教授講義)
    • データ分析の応用と実際(研究発表)
    • DPCデータの加工(演習)
    • データ分析による問題解決演習(ケーススタディ)
    • 経験年数に応じて個別論文指導
    • 災害時の診療情報管理(久保講師)

要 件

    • パソコン持参
    • Microsoft Office 2013以上。(Access, Excel必須)

事前課題

    • 勤務中に感じている問題意識
    • 応募動機(学びたい項目)
    • 今後のキャリアプラン

申し込み


※締切:7月21日(金)17:00

Comments