ねこぢる

ねこぢるさんがお亡くなりになって、もうずい分経つ。

 

無邪気で残酷な「大人の童話」である、

「ねこぢるうどん」がガロに掲載されはじめたのは1990年のこと、

その後ねこぢるの描くねこのキャラクターは、

「裏キティちゃん」として人気を集め、

グッズになったり、様々な雑誌に連載されたりして、

ねこぢるは多忙を極めるようになり、

その人気絶頂の19985月、

自殺という形で、突然いなくなってしまった。

 

ねこぢるを語る時に欠かせないのは、

夫である漫画家の山野一さんである。

山野さんは1983年にガロでデビューしているので、

ねこぢるより先輩の漫画家ということになる。

 

山野さんは「鬼畜系漫画家」と呼ばれており、

貧乏、暴力、セックスなどを題材にしたストーリーの過激さ、

リアルでグロテスクな絵柄などが特徴の、

アンダーグラウンドなマンガを描いていた。

 

山野さんがマンガで表現しようとしていたことは、

現代社会の矛盾や人間性の冒涜に対する批判であり、

それを逆説的に、自虐的に描くことによって、

読者の心に一石を投じるという、

高邁な思想が反映された作品群であったのだが、

残念ながらそれらの作品は、

広く世の中に受け入れられることはなく、

一部のファンに熱狂的に支持されているだけであった。

 

そんな山野さんがストーリーを作り、

奥さんのねこぢるが絵を描いた「ねこぢるうどん」は、

山野さんの思想を柔らかいタッチで表現した、

寓意的なマンガであり、

絵柄の可愛らしさと、思想の高邁さが見事に融合した、

現代のイソップ物語のような作品であった。

 

その高度に洗練された物語は、

出版業者からも高く評価され、

ねこぢるは様々な雑誌から引っ張りだことなったのだが、

もしそのことがねこぢるの自殺の要因となっているのだとしたら、

大変不本意なことである。

 

僕はねこぢるの成功を見て、

素晴らしい作品を書きながら、

これまで正当な評価を受けることがなかった山野さんが、

このような形で評価されて、

おそらくある程度の収入も得ることができたであろうから、

本当によかったと、心から喜んでいた。

 

しかし、もしそれと引き換えに、

最愛の奥さんであるねこぢるを失ってしまったのだとしたら、

それはあまりにも大き過ぎる代償であっただろうと思う。

 

それならばいつまでも、

マイナー漫画家として貧乏にあえぎながら、

それでも奥さんと仲良く楽しく暮らしていてほしかった。

 

山野さんを含むごく一部の親しい人にしか、

心を開くことがなかったというねこぢるさん。

おそらく山野さんも、

ねこぢるさんを含むごく一部の親しい人にしか、

心を開くことができない人だったのではないかと思う。

 

そんな山野さんが、一人で、コンピューターを使って、

ねこぢるさんの絵を再現してマンガを描いているなんて、

あまりにも悲し過ぎる。

 

ċ
紀川弘之,
2011/04/05 19:12
Comments