シンポジウム: 光合成による光エネルギー利用の過去・現状・未来



日時:20101229日 10:00

会場:京都大学理学部 セミナーハウス

 

このシンポジウムは、京都大学理学部セミナーハウスにて、116名の参加者のもと、開催されました。

集合写真は、ここをクリックして下さい。

プログラムは下記をご参照下さい。

 

10:00-10:05 はじめに

        田中 歩(北海道大学低温科学研究所)

10:05-10:15 色を極める

        三室 守(京都大学大学院人間・環境学研究科)

10:15-10:30 ガラスナノ空間中でのエネルギー移動、光応答、酸素発生の実現

        伊藤 繁 (名古屋大学)

10:30-10-45 緑色光合成細菌:進化・光捕集・そして生態へ    

        松浦克美(首都大学東京理工学研究科)

10:45-11:00 光合成の超高速素過程と葉緑体レベル顕微分光観察          

        熊崎茂一(京都大学大学院理学研究科)

11:00-11:15 クロロフィルの光化学      

        民秋均 (立命館大学薬学部)

11:15-11:30 ゲラニルゲラニル還元酵素による(バクテリオ)クロロフィルGGの還元過程

        大岡宏造(大阪大学大学院理学研究科)

11:30-11:45 光合成酸素発生研究:試料系と分光測定のカップリング  

        野口巧(名古屋大学 大学院理学研究科)

11:45-12:00 シアノバクテリアのアンテナの多様性と統一性

        池内昌彦(東京大学大学院総合文化研究科)

12:45-13:00 光合成細菌の光捕集系についての研究      

        大友征宇 (茨城大学理学部)

13:00-13:15 渦鞭毛藻の葉緑体遺伝子と光化学系Ⅱ

        村上明男(神戸大学内海域機能教育研究センター) 

13:15-13:30 光化学系 I サイクリック電子伝達装置の構造

        鹿内利治(京都大学大学院理学研究科)       

13:30-13:45 緑藻クラミドモナスの光化学系Ⅰ複合体の分子集合 

        高橋裕一郎(岡山大学大学院自然科学研究科)       

13:45-14:00 CO2濃縮機構の光による制御

        福澤秀哉(京都大学大学院生命科学研究科)       

14:00-14:15 高等植物における光化学系II酸素発生系タンパク質の進化と機能

        伊福健太郎(京都大学大学院生命科学研究科)       

14:15-14:30 プラスチドシグナルに関する最近の話題  

        望月伸悦 (京都大学大学院理学研究科)       

14:30-14:45 Acaryochloris marinaの形質転換の現状と可能性

        土屋 徹(京都大学大学院 人間・環境学研究科)       

14:45-14:50 終わりに

        河内孝之(京都大学大学院生命科学研究科)

 

後 援:日本光合成学会

京都大学植物環境科学ネットワーク

世話人:池内昌彦、河内孝之、鹿内利治、田中歩