Photogallery‎ > ‎

27thコロキアム

posted Jun 5, 2012, 6:56 PM by parc osaka   [ updated May 16, 2013, 9:09 PM ]

プログラム

6:00-6:05 オープニング

6:05-6:45 鮫島 正洋 弁護士・弁理士
「技術ベンチャー立ち上げ時に必要な知財戦略とは」

6:45-7:00 ブレイク

7:00-8:00 グループディスカッション





eラーニングになりました!!
本講演は、PARC eラーニングサイトにて、配信しております。大阪大学個人IDをお持ちの方とパートナー企業の方は、IDとパスワードでログインしてご覧頂けます。
こちらからどうぞ→https://el.parc.osaka-u.ac.jp



6/4(月)18:00より、フォトニクスセンターカンファレンスルームにて27th コロキアムを開催いたしました。
今回は直木賞受賞小説「下町ロケット」に登場する”敏腕弁護士神谷”のモデルとなっている鮫島正洋弁護士を講師としてお招きし、『技術ベンチャー立ち上げ時に必要な知財戦略とは(Technology Ventures: Strategy planning on intellectual property)』というタイトルでコロキアムを行いました。
講演では知財戦略の成功・失敗の実例・知財戦略の重要性についてお話いただきました。
また、今回も講演の後はグループディスカッションを行い、明日から自分に活かせることについて考えました。最後の質問タイムでは、沢山の質問が出て充実した議論ができました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
アンケート結果満足度(4.48/5点満点)

The 27th Photonics Colloquium was held on June 4 (Monday) from 18:00 in the Photonics Center Conference Room. For this meeting our guest speaker was Masahiro Samejima, the attorney on whom the hot-shot lawyer, Ryoko Kamiya, in Jun Ikeido’s Naoki Prize-winning novel “Shitamachi Rocket” was based, presented a lecture entitled “Technology Ventures: Strategy Planning on Intellectual Property” in which he spoke about the importance of intellectual property strategies, giving case examples of successes and failures. In addition, there was a group discussion following this lecture also in which participants considered how they could apply the information acquired for their own benefit, starting tomorrow. In the Q&A session with which the colloquium concluded, many questions were asked and a fruitful discussion achieved. Thank you very much to everyone who participated.


27thclqm

Ċ
内山友江,
Feb 6, 2013, 9:21 PM
Comments