This site is in Japanese only. Please note that this symposium will be held in Japanese.

http://www.csrs.riken.jp/jp/

炭素の循環的利活用研究プロジェクト
「植物工場による次世代生産技術シンポジウム」のご案内



来る平成26年2月5日 (水)に、理化学研究所横浜研究所 (鶴見) において「植物工場による次世代生産技術」をテーマとしたシンポジウムを開催いたしましすので、ご案内申し上げます。


--
開催趣旨:
植物科学研究の将来応用への「出口」に近い研究を展開している植物工場関係の研究者および企業の方々に最新の話題を提供していただきます。植物工場研究の第一人者の方々との議論を深め、植物科学研究成果の実用・実現に向けた情報共有の場としてシンポジウムを開催いたします。また科学技術イノベーションに資する産学官連携体制づくりおよび持続的な共同研究のためのネットワークを形成することを目的といたします。なお、このシンポジウムは理研CSRSの「
炭素の循環的利活用研究プロジェクト」の一環として開催されます。

--
日時:
平成26年2月5日(水) 13:00-17:00 (開場12:00-)

場所:独立行政法人 理化学研究所 横浜研究所 交流棟ホール
(神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号)

会場へのアクセス

参加登録:事前登録 ※オンライン参加登録は終了しました (当日参加も歓迎いたします)。
参加費:無料
 
※講演での使用言語はすべて日本語となります。あらかじめご了承ください。

--
プログラム (2014年2月3日暫定版):


時間 演者 (敬称略) 所属 タイトル
13:00-13:10 斉藤 和季
草野 都
理化学研究所 環境資源科学研究センター はじめに
概要説明
13:10-13:50 後藤 英司 千葉大学園芸学研究科 植物工場を用いる高機能性植物の生産
13:50-14:20 彦坂 晶子 千葉大学園芸学研究科 太陽光利用型植物工場におけるLED補光技術
14:20-14:50 庄子 和博 電力中央研究所・環境科学研究所 LED波長がレタスとコマツナの生長と有用成分含量に及ぼす影響
14:50-15:10 休憩 (20分)

15:10-15:40 富士原 和宏 東京大学大学院農学生命科学研究科 光生物学研究用LED光源システムと植物栽培のためのLED光照射法
15:40-16:10 福田 弘和 大阪府立大学大学院工学研究科 LED光環境下における概日時計の振舞いと制御
16:10-16:40 岡崎 聖一 株式会社キーストーンテクノロジー 消費地に生産の機能を付与する都市型植物工場~横浜発 植物工場を活用した6次産業事業化の取り組み~
16:40-17:00 総合討論



--
特記事項:

会場では無線LANの使用が可能です。ただし、PC電源のためのコンセントの数には限りがありますので、講演者優先にさせていただきますこと、ご了承ください。

理研横浜研究所内の厚生施設がご利用いただけます:

a) 食堂 (エームサービス㈱)   営業時間 昼食11:45-13:30 夕食17:45-19:30 交流棟2F ※Suica等電子マネーでの支払のみ
  (ただし、12:00-12:30の間は食堂が大変混雑いたしますので、ご利用をお控えください)
b) カフェ&バー Harmony      営業時間8:30-19:30 交流棟1F (交流棟ホール裏)
c) 売店 生活彩家 (㈱ポプラ)   営業時間8:30-20:00 交流棟2F


--
問い合わせ先:

シンポジウム事務局 plant.factory.symposium2014@gmail.com
主担当 草野 都    (理研CSRS)
副担当 七夕 高也
(理研CSRS)
       福島 敦史
(理研CSRS)


--
主催:
独立行政法人 理化学研究所 環境資源科学研究センター (CSRS)

炭素の循環的利活用研究プロジェクト

http://www.riken.jp/