VirtualBoxのUSBセットアップ


OWLNET
TOP
Virtual PC 2007
・VirtualBox
Vistaで使えるフリーソフト

 



VirtualBoxのUSBをセットアップしてUSBデバイスが使えるようにします。
VirtualBoxの特徴のひとつにUSBのサポートが挙げられます。しかし何の設定もすること無くUSBが使える様になる訳ではありません。
USBフラッシュメモリの場合は次の手順に従ってください。
(1)USBフラッシュメモリをVirtualBox起動前に挿入
(2)VirtualBoxを起動し、「Setteings/USB」を選択
(3)画面右側のアイコンで上から2番目のAdd Fromを選択
(4)一覧表の中から挿入したUSBフラッシュメモリを選択



(5)一覧表に選択したUSBフラッシュメモリが表示されいる事を確認し「OK」をクリック


マウス黒ポインターのアイコンがデバイス追加用です。
(6)USBメモリフラッシュメモリを「ハードウェアの安全な取り外し」から外します。
(7)ゲストOSを起動させます。
(8)起動したらUSBフラッシュメモリを挿入します。
(9)ホストOSの方でVirtualBox USBのドライバがインストールされます。



(10)次にゲストOSの方でそのドライバがインストールされます。



(11) USBフラッシュメモリの取り外しはゲストOS起動時かゲストOSの終了後に行います。

下の画面はゲストOS側にUSBフラッシュメモリを挿入したときのものです。Eドライブのリムーバルディスクとして認識されています。