Spectrometer Exhibit

The “Spectrometer Exhibit: Instruments that Separate Light into the Colors of the Rainbow” was held at the Osaka Science Museum. I was thrilled to visit the exhibit, due to the fact that they were presenting measuring instruments that I use on a daily basis. One of the displayed items that particularly caught my eye was a spectrometer used in the early 20th century. More than half of the spectrometer’s housing was formed of wood, and a photographic plate was used for recording the spectra. Today the photographic plate has been replaced by a CCD camera, and the rotating mechanism of the optical element is now controlled electrically. Despite this, the internal construction is not much different from modern apparatuses. In fact, the device even employed quartz for the internal prism and lenses, a clever solution that allows passage of ultraviolet light while enabling analysis of a broader range of light wavelengths. This spectroscope was displayed alongside emission spectra of the various chemical elements that were acquired at the time the spectroscope was in use. It was startling how vivid the spectra appeared on the photographic plates. As I gazed at the images, I began to speculate how the scientists using these apparatuses in those days must have felt catching a glimpse of a world no one else had seen.


July, 28th, 2015
Jun Ando, post-doctoral research fellow, Osaka University

Next events

datetitleplace
2015/10/05 46th Colloquium Photonics Center(P3), Osaka University 
2015/10/29-10/30 TERS-5 Osaka University Nakanoshima Center 
2015/12/08 - 12/09 International Photonics Student Meeting 2015 Photonics Center(P3), Osaka University 
2015/12/10-12/11 Nanophotonics in Asia 2015 Osaka University Nakanoshima Center 
2015/11/23 The 6th Kid's Photonics School Super HIKARIJUKU Osaka University Suita Campus Icho Hall 
Showing 5 items from page Events sorted by edit time. View more »

News in English

  • The 45th Photonics Colloquium was held on 3rd August. We had the honor to invite Associate Professor. Takeshi Uchida from Office of the Secretary-General, Osaka University and  Mr. Junichiro Nakayama from Unit general Manager,  Advanced Technology Research Laboratories,  Research and Development Division, SHARP Corporation.Ass. Prof. Uchida talked about "The observation as an ex-person in charge of Creation of Innovation Centers or Advanced Interdisciplinary Research Areas Program", and Mr. Nakayama gave a lecture of "Collaborative research and what we expect of Photonics Center".Participants said they could understand the way of MEXT's thinking, or that was surprise to know SHARP's unthought-of research activities.We would like to appreciate for the participants.
    Posted Aug 5, 2015, 5:42 PM by 倉田早織
  • Pleasant chat with Vice Governer of Osaka Prefectural Government at TMT On July 28th, Sadakazu Konishi, Vice Governer of Osaka Prefectural Government and Junko Ikeda, Director of Life Science Industry Division, Osaka Prefectural Government dropped in on us and specially joined TMT.Inouye, Executive Director of PARC, Takahara, Professor of Osaka University, Sakai, Vice Director of PARC and Iwasaki, Program Coordinator of PARC welcomed them. They were having a good time with active exchanges of their views on future promising industries and innovative technologies, and so on.With regards to "Kansai Innovation International Strategic Comprehensive Special Zone (life-innovation)" which Osaka Prefectural Government has been promoting, we introduced that the field of Life and Medical science including Microscopes were based on "Photonics" and Photonics played a role in the sports and ...
    Posted Jul 30, 2015, 5:48 PM by 田中千秋
  • Review of Superresolution fluorescence microscopy: Mnufacturing & Technology 2015 Summer Review of superresolution fluorescence microscopy to observe nano-scale objects by Prof. Katsumasa Fujita is published in  Manufacturing & Technology (SEISAN TO GIJYUTU), 2015 Summer (in Japanese). Some methods were awarded Nobel prize in Chemistry last year. SAX invented by Prof. Fujita has been introduced in this home page. R&D of widely available and high performance superresolution fluorescence microscopy is expected to advance science and technology in various fields such as biology, medical and material.
    Posted Jul 12, 2015, 7:54 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp
  • A device to measure antioxidants in foods in minutes with a fluorescent + electrochemical Prof. Tamiya's group developed a device above: the Nikkei Sangyo Shimbun, 2015 June 29. 
    Posted Jul 6, 2015, 5:30 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp
  • Eco-Bulb An article by prof. Takahara on Eco-Bulbwas published in Applied Physics (Oyo Butsuri), June 2015. Holes in the filament surface of a bulb serves to improve the conversion efficiency to visible light, by cutting off the infrared radiations of long wavelength on the principle of microwave waveguide. The photonics center’s “start-up and commercialization projects” paved a way for the productization of the Eco Bulb. Click here for the article file (in Japanese).
    Posted Jun 9, 2015, 5:48 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp
Showing posts 1 - 5 of 128. View more »








「分光器展」

大阪市立科学館で「分光器展 ~光を虹色に分ける機器~」が開催されていました。日常的に使用している計測機器が紹介されるとあって、嬉しくなって見学に行ってきました。展示物の中で一際目をひかれたのは、20世紀前半に使用されていた分光器でした。筐体の半分以上は木製で、スペクトルの撮像には写真乾板が用いられていました。今では写真乾板はCCDカメラに置き換わり、光学素子の回転機構は電動制御になっています。それでも、内部の仕組みは現代の機器とほとんどかわりありません。むしろ、分析できる光の波長の幅を広げるため、内部のプリズムやレンズに、紫外光を透過しやすい石英を用いる工夫がなされているほどでした。この分光器が現役の時代に取得した、様々な元素の発光スペクトルも併せて展示されていました。写真乾板に映し出されたスペクトルの鮮明さには驚かされました。当時この機器を使って、これまで誰も見た事のない世界を垣間見ていたのだろうかと、想像を膨らませながら眺めていました。

2015年7月28日
博士研究員 安藤 潤

次のイベント

日時タイトル場所
2015/09/30 防災訓練 大阪大学フォトニクスセンター 
2015/10/05 46th コロキアム 大阪大学フォトニクスセンター(P3) 
2015/10/29-10/30 TERS-5 大阪大学 中之島センター 
2015/11/23 第6回こども科学の教室 スーパー光塾 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館 
2015/12/08 - 12/09 国際フォトニクス学生交流会 2015 大阪大学フォトニクスセンター(P3) 
Showing 5 items from page イベント sorted by 日時, タイトル. View more »

ニュースヘッドライン

  • 8月4日、第45回フォトニクス・コロキアムを開催致しました 8月3日(月)に第45回フォトニクス・コロキアムを開催致しました。大阪大学総長室企画調整主幹の打田剛准教授とシャープ株式会社研究開発本部 基盤技術研究所の中山純一郎所長をお招きし、「先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム」をテーマにご講演を頂きました。文科省の立案者からみた先端融合拠点プログラムの考え方、そしてフォトニクスセンターの協同企業であるシャープ株式会社の共同研究内容や今後の期待についてお話を頂きました。参加者からは「文科省の方からの考えを聴けたのが大変興味深かった」「研究成果のアピールの必要性を感じた」「シャープの意外な取り組みの紹介を知ることが出来て良かった」「大学との連携を考えているので刺激になった ...
    Posted Aug 3, 2015, 11:53 PM by 倉田早織
  • 大阪府副知事らとTMTで歓談 7/28(火)、大阪府副知事 小西禎一様と大阪府商工労働部成長産業振興室 ライフサイエンス産業課課長 池田純子様がセンターにご来訪され、TMTにご参加されました。井上センター長、高原教授、坂井副センター長、岩崎プログラムマネージャーらとご歓談されました。大阪府の推進しているライフ特区に関連して、フォトニクスは顕微鏡はじめライフ・医療の基盤となるもので、箕面スポーツヘルスケア事業にも医工連携の一翼を担っていること、さらにフォトニクスはレーザー製造装置などこの枠を超えて、大阪の家電産業の次の産業を生み出すものであることを理解していただきました。フォトニクスが次世代の成長産業であることや、大阪大学が世界的なトップシーズを持つことを井上センター長が小西副知事に説明する様子 ...
    Posted Jul 28, 2015, 12:44 AM by フォトニクスセンター eラーニング
  • 第4回起業・製品化選定委員会が開催されました。 丸山瑛一委員長((株)理研イノベーションキャピタル 取締役)をはじめとする4名の委員で平成27年6月22日に厳正な審査を行いました。選定委員会日時:平成27年6月22日 13:00~17:10場所:フォトニクスセンター 509講評今回で起業・製品化公募は4回目にあたり、引き続き意欲的で、実現性が具体的に見え且つ拡がりがあることは評価できる。本プロジェクト開始期は、ビジネスモデル・プランなどなかった提案が見うけられたが、徐々に意識が芽生えこれらの発想が根づいてきており、非常に価値のあるものとなってきた。この流れをさらに加速・拡大し、教員のみでなく学生にまで広がることが期待される。教員が将来の起業・製品化を想定して研究を推進する姿勢は ...
    Posted Jul 27, 2015, 7:53 PM by 音野多映
  • 光でナノを見る超解像蛍光顕微鏡の解説:生産と技術 2015年夏号 藤 田 克 昌准教授の標記解説記事が生産と技術 2015年夏号に掲載されました。生物、医学、材料分野等で科学技術の発展に寄与している蛍光顕微鏡で、光の波長に比べてはるかに小さな構造を観察する手法が発明され、いくつかの手法に2014年のノーベル化学賞が贈られました。藤田准教授の発明したSAX超解像蛍光顕微鏡については、本ホームページ内でいくつかの研究成果を紹介しています。これらの手法はまだ発展段階にあり、普及型・高性能超解像蛍光顕微鏡が開発され、広範な応用分野で使われ今後の科学の発展に大きく貢献することが期待されています。
    Posted Jul 12, 2015, 7:20 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp
  • 食品中の抗酸化物質を蛍光+電気化学で数分で測定 民谷栄一教授等は、光の強度から、最近関心が高まっている食品の抗酸化作用を手軽に迅速に測定する1kg以下の測定器を開発し、日経産業新聞2015年6月29日に掲載されました。
    Posted Jul 6, 2015, 5:15 PM by iwasaki@parc.osaka-u.ac.jp
Showing posts 1 - 5 of 147. View more »




Comments