Q.1
『サーチ』は、ダンジョンカードを規定の枚数出していれば同じダンジョン深度で何回も出来るの?

A.1
いいえ。サーチは1つのダンジョン深度につき1度のみです。
スキル『クイックサーチ』は通常ではサーチできない状態(行動済み)でサーチが可能になる効果ですが「1つの深度でサーチは1回」の原則は破れません。
あくまで「ターンプレイ中で行動済みを無視してサーチできる」という効果です。


Q.2
キャラクターカードを複数枚出す時は、全部じゃんけんで勝ってるカードじゃなきゃだめ?

A.2
いいえ。複数枚出したうちの1枚でもじゃんけんで勝利していれば大丈夫です。
BPは全てのキャラクターカードの合計値になります。


Q.3
スキルが発動した場合の処理の順番ってどうなるの?

A.3
スキルの処理の順番は自由です。
例えば、ダンジョンカードが4枚、場に出ている状況で、エネミーを複数枚のキャラクターカードで撃破したとします。
この時のキャラクターカードに「アドバンス」が2と「クイックサーチ」が1つあったとします。
この時、アドバンス2つでダンジョンカードを2枚出し、ダンジョンカードの合計を6枚に。
そのままクイックサーチでお宝ゲットというコンボが成立します。

要するに「最初に出したキャラクターカード」という概念はない(全部同時に出している)ので、スキルは自分の都合のいいように使用できます。


Q.4
エネミースキル『シールド』に対して、スキル『ジョーカー』で『TS無視』を選択した場合どうなるの?

A.4
結論から書きますと「スキル『シールド』に対する勝利条件を満たせなくなり敗北」と判定します。
『シールド』の効果は「TS、BP共に勝利しなければ撃破できない」ですので『シールド』の効果が消えない限りTS、BP共に勝利しなければならないのは変わりません。
次にスキル『TS無視』の効果についてご説明します。
通常の戦闘判定は——

TSでの勝負 → 未決着ならBPでの勝負 → 未決着なら敗北判定

——という流れになります。
スキル『TS無視』は、このうち最初の「TSでの勝負」を無視するものです。
未決着と判定し、BPでの勝負に持ち込むものになりますので、スキル『TS無視』をスキル『シールド』を持つエネミーに使用するとTSは未決着判定になり、スキル『シールド』に対する勝利条件が満たせなくなるということになります。


Q.5
エネミーカードはダンジョン深度以下のレベルしか出せないけど、キャラクターカードもダンジョン深度以下しか出せないの?

A.5
いいえ。キャラクターカードはレベルに関係なく出すことができます。
例えば、自分のダンジョン深度が1で、相手にレベル1のエネミーをセットされた場合、レベル2や3のキャラクターカードでも撃破できます。


Q.6
REレギュレーションVer3.0で、自分のターン中は自由に手札を捨てられると言う記述が見当たらなくなったんだけど……。

A.6
はい。こちらのルールは廃止となりました。
一見、大きなゲーム性の変更、ゲームの自由度が下がったような気がしますが、ご安心ください。
プレイ感覚に関しましてはほぼかわりません。

まず廃止の経緯ですが、本作には各フェイズ間での対戦プレイヤーの割り込みルールがない上、カードの効果処理の順番は全てターンプレイヤーの裁量で行えます。
たとえば、ダンジョンフェイズでダンジョンセットを行ったのち、アドバンス効果を発動させるのと、エンドフェイズでアドバンス効果を発動させるのは、フェイズの違いだけで実質的には同じ状況になりえるものですが、どちらも対戦プレイヤーに行動を阻害されることはありません。
いつでも捨て札ができるというのは、戦略性に大きく影響しない割にはルールとして非常にわかりづらいものでした。

懸念されるゲームの自由度の阻害、プレイ感覚の変化についてですが、REレギュレーションVer3.0からはスキルの効果、発動条件を明確化しております。

特に今まで明確な記述の無かったスキルカード「ファントム・シェード【戦闘回避】」について、発動条件として捨て札ではなく「バトルフェイズ中に場に出す」という明確な定義を行いました。

また、サーチフェイズにつきましては前版2013.03.10版ルールにて大幅な仕様変更を行いました。

これはサーチのリスクを大きくすることで、戦略性の上昇とシャッフルの回数を減らしてゲームスピードのアップを狙ったものでしたが、サーチフェイズには「サーチを終えたら手番を終了する」と記述されている中、手札の整理にはこれまで通り「いつでも捨ててよい」という記述が混在し、混乱の原因となりました。

仕様としては「サーチを終えたらただちに手番を終了する」が正しかったのですが、このような記述をしてしまったことでサーチフェイズ中の捨て札、およびスキル発動が可能なような記述となってしまっていました。

これは前述の「サーチフェイズのリスクを増大し、戦略性の上昇を図る」というルール改訂の意図に反するものですので、REレギュレーションVer3.0にて改訂させて頂きました。

ルール制定のための精査の結果として、我々の意図通りの仕様にした場合に表題の「自分のターン中は自由に手札を捨てられる」というルールがないほうがルールを把握しやすく、また意図したプレイ感覚を損なうものではないため廃止と致しました。


Q.7
治療スキルが発動した時、ケガカードは2枚同時に捨てられるの?

A.7
はい。治療スキルが発動すればケガカードは何枚でも同時に捨てることができます。


Q.8
サーチが終わった階層にもエネミーはセットできるの?

A.8
はい。ダンジョンカードが裏返っていてもエネミーはセットできます。