三見

 赤間関街道の宿駅町として発達した三見市と街道の変遷

三見地区の中央に位置する三見市は、藩政時代、萩城下から赤間関(現下関)へ通ずる「赤間関(あかまがせき)街道北浦(きたうら)道筋」の街道沿いにあって、寛文5年(1665)に人馬継ぎ立ての宿駅に取り立てられ、街道の要衝に発達しました。
現在の三見市は、当時の宿駅の様子をよく留め、町並みとともに、仁王像や毛利家の家紋入り鬼瓦、藩主が休息した本陣・色雲寺、薬問屋の三島屋、御高札場(こうさつば)跡、目代所(もくだいしょ)(駅)跡などが残っています。
その他にも、玉江坂と御駕籠建場(おかごだてば)跡、中山箕ノ越(みのこし)焼窯跡、床並壱里塚(とこなみいちりづか)跡、石組三見橋および石組暗渠(あんきょ)など江戸・明治・大正にかけて変遷していった「街道に関わるおたから」が残っています。
これらを三見のおたからとして推薦します。