川島・藍場川

 人々の暮らしにとけこんだ藍場川と川島の風景と歴史

阿武川の分岐点に位置する川島は、三角州の中で最も早くから開拓が始まったところです。1604年毛利氏の萩城築城のとき、指月山麓にあった善福寺が川島に移築され、武士も移住するようになり町並みが出来上がります。
江戸時代、阿武川から取水し開削された藍場川は、農業用水、生活用水など多目的に利用され、今日まで大切に管理が行われ環境が守られてきました。
今なお清らかに流れる藍場川には、石橋やハトバが、そして旧湯川家屋敷をはじめとして池を構えた旧宅が随所に残っており、周囲の木立とあいまって往時の風景や、暮らしを感じとることができます。山県有朋公の誕生地、旧宅である汲月堂跡、そして桂太郎公が総理時代に建て直した旧宅も藍場川沿いにいまも佇んでいます。こうした風景と歴史が川島・藍場川のおたからです。