Home

設置の目的及び研究概要

大阪大学固有のシーズ技術を武器に細胞レベルから組織レベルまで生命維持評価に必要不可欠な新しいバイオーマーカーを創出するとともに,臨床応用を通じてその有効性を検証し,医療機器メーカー,製薬会社と共同でビジネス展開まで視野に入れ,成果を国内外に発信していくことを目的とする.

※バイオマーカー:医療診断や治療を行う上で鍵となるバイオ指標.

2016/2017講演会

   第1回講演会 (2016.7.12)
      新井史人教授(名古屋大学), Micro and Nano Robotics for Measurement and Separation of Cells 

   第2回講演会 (2016.8.4)
      福田敏男教授(名城大学), 細胞組織構築および細胞計測に関する技術 

   市民講座 (2016.12.10)
      細胞エクササイズが拓く新世界
      講演者: 金子真(大阪大学),横山詩子(横浜市立大学),川原知洋(九州工業大学)
              Dylan Tsai(大阪大学),伊藤弘明(大阪大学)

   第3回講演会 (2017.1.10)
      山西陽子教授(九州大学), 電界誘起気泡における機能創発 

 

On-chip transmitter for high-speed cell manipulation
 


RBCs are manipulated in simple harmonic motions




The model and setup of cell pinball test

Different shaped RBCs show different motion patterns 



Piezoelectric actuator is applied for fast response





Fatigue Test of RBCs in a µ-channel





Experimental system for contact-pressure flow



Different RBCs characteristics 
under different osmotic conditions

== Osaka University, All Rights Reserved ==