小説‎ > ‎

依りびと

登場人物

  • フリスト・ワイセンベルク
主人公。エルネタリア公国で歴史と文学を修める学術者。
『依公国踏游記 外典』の執筆を終え休養に入ろうとした矢先、思わぬ来客が彼の運命を変える。

  • エルジェーベト・アントネスク
通称エルジェ。フリストの婚約者。
彼女もまたフリスト同様にエルネタリアで活動をする学術者である。

  • マルギット・セーチェーニ
エルネタリア公国きっての貴族セーチェーニ家の当主。
エルネタリアの知の宝庫である『セーチェーニ書庫』の当代管理者。

  • レネ・ラカトーシュ
流浪の学術者。ルキフェニア国外に持ち出されてしまった
自分の手帳の所在を確かめるため、エルネタリアを訪れる。

  • 骸骨騎士ノスフェラトゥ
レネに着き従う「守護の騎士」。
スカルアに突如現れた「はぐれ竜」へ、レネの命で剣一本を振るい立ち向かう。