小説‎ > ‎

輝香の道

Photo by FreeImages.com/Artist's Krzysztof (Kriss) Szkurlatowski

登場人物

  • エレク・"琥珀"・クーロン
主人公。エルネタリア公国出身の男娼。不当に捕らえられ奴隷として売り飛ばされそうになっていたところをルキフェニアの学術者レネに助けられるが、すぐに彼はルキフェニアへと送還され天涯孤独の身となってしまう。

  • マックス・ゾイファー
ルキフェニアへと送還されたエレクの身をずっと探し続けていた『院』の医術師兼魔導師。奴隷市場でエレクを発見し、半ば強引にその身柄を確保する。

  • レネ・ラカトーシュ
奴隷として売り飛ばされていたエレクを身請けした旅の学術者。しかし彼は、ほんの数日共に過ごしただけで、すぐにエレクを手放してしまう。

  • ノヴァーク
エレクがエルネタリア公国へと帰還する際に用心棒として雇った暗殺ギルド『リヴデューザ』の暗殺者。

  • ヤン・ファン・ルメル
エルネタリアへと帰還したエレクを、旧知の仲であるライデンフロストと引き合わせるきっかけとなった人物。通称『ルメルのヤン』。岩窟教会に隠遁している修行僧・画家で、以前エレクの肖像画を描いたこともあった。

  • ライデンフロスト
エレクの幼馴染み。エルネタリアの機密兵団『セクリタテア』の一員。極秘にエルネタリアへと帰還したエレクの手助けをする。

  • ユラン
エルネタリアへと飛来した『はぐれ竜』。死への絶望からエルネタリアの首都ルメルグラッドを襲うが失敗、教会に保護される。以後エレクの説得によって、仲間として行動を共にする。