小説‎ > ‎

雌獅子

登場人物

  • レフ(ライオネス)
ムスチェルルイ王国で高い地位を持つ貴族ストリグスキー家の七番目の子息。
忌み子として扱われており、その将来も絶望的であったが彼の運命は一人の旅人によって変わる。

  • レネ・ラカトーシュ
ゼルカリンゲンからレフの呪いについて調査するためやって来た女性学術者。
レフの本質を見極めた彼女は、後にこの国へ革命を起こすこととなる少年へ運命を告げる。

  • ストリグスキー卿
レフの父親でありムスチェルルイ王国きっての実力者ストリグスキー家の当主。
呪われた息子への態度は冷たいものだが、その根源を見極めようとする意思は持っているようだ。

  • リブシェ
後にレフの妻となる同年代の少女。レフの数少ない理解者であり、また生きる根源である。