ゾルターン・エトヴェシュ


概要

ゾルターン・エトヴェシュ(Zoltán Eötvös)は、エルネタリア公国南東部にある工業都市オルビトールに住む鉱夫。オルビトールの実質的な指導者である。
ストリグスキー一家によるクーデターの際には、後にエルネタリア公国の主要兵器となる『スヴァローグの声』をゼーベックと共に開発した。そしてその功績から、オルビトールの実力者として立てられることとなる。

生い立ちと家族

前王朝時より変わることなく続く鉱夫の家系である。
二人の娘と、一人の息子が居る。レネがエルネタリアを訪れた時点での年齢は40歳前後。

性格

気が良く快活な性格で、よく「ガハハ」と笑う。人や階級によって態度を変えることはなく、常に裏表のない一枚岩であるかのような印象である。


Comments