イーヴァイン・フォン・ツェレスタイン

概要

イーヴァイン・フォン・ツェレスタイン(Iwein von Zährestein)は、現在のシュヴァイスラント女王国にかつて存在していた騎士貴族である。ツェレスタインとは「涙(しずく)の石」という意味であり、イーヴァインが当時治めていた地方に降る特殊な形状の雪に由来する。

生い立ちと家族

自らの武勲によって騎士階級を得た貴族家系である。幼少時より騎士道と文学に打ち込み、当時文盲の多かった騎士階級の中では珍しく教養のある人物であった。両親とは早くに他界し、若くして地位と領地を相続した彼は、領地の民の平和を第一に考え、また家族同様である民の信頼も厚かった。

性格

温厚で優しい性格。騎士・領主としての手腕もさることながら、文学を愛した彼を慕うものは多かった。一転、他領主から領地を攻め込まれた際には鬼神のごとき強さを見せ、一方では恐れられても居た。

暗殺

イーヴァインは、歴史書によれば政敵に暗殺されたとある。
当時は群雄割拠の時代であり、領主それぞれが一国の王とも言える位置づけであった。そのため領主となる人物には敵も多く、様々な複合的要因が重なり暗殺と結論付けられたと思われる。
イーヴァイン自身の手記によれば、彼はレプラの呪いに侵されており、暗殺者がその呪いを放ったとある。結果的に呪いによって彼が命を落とし、その直後に他領主から領地へ攻め入られた経緯があるため暗殺の疑いが濃厚となったのである

ツェレスタインはイーヴァインが命を落とした後、一夜にして攻め落とされた。しかし、その後彼の遺体は今なお見つかっていないという。

関連項目

シュヴァイスラント女王国
騎士
暗殺

登場作品


Comments