トップ

大田区にあるキリスト教会・ルーテル大森教会へようこそ!
 
 
 
 
ルーテル大森教会は、ステンドグラスのきれいなあなたの街の教会です。
 
大森山王の地に生まれて60年。ドイツの宗教改革者マルチン・ルターの流れを汲む伝統あるキリスト教会です。
 
どなたでもどの集会にも参加できます。あなたのお越しをお待ちしています。教会の設備についてもぜひ御覧下さい。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
日曜礼拝:毎週日曜日午前10時半、午後7時
 
〒143-0023  東京都大田区山王2-18-3
TEL 03-5718-3120     FAX 03-3772-2909
牧師 竹田孝一
E-mail: k-takeda◎jelc.or.jp
※迷惑メール防止のため、@を◎に変えて記載しています。
お手数で恐縮ですが、◎を@に戻してご送信ください。











6 月 予 定

 3日(日)    「恵みのみ」
       ※神さは、屁理屈を言いません。何よりも人が幸せになることを助けます。神さまの恵みをのみと生きることが私たちを幸せにします。

10日(日) 「医者を必要とする」
 ※「イエスはこれを聞いて言われた。『医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。』」と聖書は記しています。ルターは、教会を病人の宿と言っています。真実です。

17日(日) 「文字は殺し、霊は生かす」
 ※文字とは人間の力を表し、霊とは神の力を表します。人の力は人を殺し、神の力は人を生かします。これを信じる人が新しく生まれ変わるのです。

24日(日) 「見えないものに目を注ぎなさい」
 ※「 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」と使徒パウロは私たちに語りかけます。目にに見えない神の力、神さまの愛は誰も奪い取ることができません。ですから「だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの『外なる人』は衰えていくとしても、わたしたちの『内なる人』は日々新たにされていきます。
 わたしたちの一時の軽い艱難は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。」









花の日の礼拝


1856年、アメリカの教会で6月の第2日曜日に、特別の礼拝を守ったのが、花の日の始まりです。(子どもの日ともいう)。

 こどもの祝福を祈って、教会、教会学校、幼稚園の合同礼拝をいたします。

日時:610日(日)10

場所:礼 拝 堂

                 ぜひ、お子さんとご家族で祝福をうけに来てください。

           ※10日は礼拝の時間は10時ですから、気をつけてください。







ヴォーリスの教会建築写真集 

   ー旧日本ルーテル神学校チャペル・日吉ルーテル教会前会堂



 写真集を作りました。ご入用な方は電話かメールでご連絡ください。


 
 
 
 
 
 
 
 











 


 

 

 
 

 
 


 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サブページ (1): 教会の設備について