Commodities‎ > ‎

空き缶コンロ

出所:
Lightweight Camping Stove by myckro
 
きっとこれまでに、いろいろな種類の缶で作ったコンロを見たことがあるでしょう。
ここでは、私のお気に入りバージョンの軽量キャンピングコンロを紹介します。


Step1:必要なもの
・2つの小さい同サイズの臭いのしない缶(コンロ本体を作ります)
・2つの中くらいの同サイズの缶(カバーを作ります)
・4本の釘(ポットを支えます。長くて細いもの)
・熱に耐える接着剤
・サンドペーパー(塗装を落とすための#150、きれいに磨くための#300)
・金属を切ったり穴をあけるための器具
・小さいコイン(燃料補給穴をふさぎます)

 
 
 
Step2:組み立て方
・缶の底部をやすりで削ります。
・小さいほうの缶2つを同じサイズに切り、お互いに合わせます。この二つがコンロ本体になります。
 上面周囲に火をつける8つの穴と釘を刺す4つの穴を開けてください(合計で周囲に12個)。
 また、円の真ん中に燃料を補給する穴をいくつか空けてください。
・中くらいの缶を、小さい缶より少し高くなる長さで切り、側面に穴をたくさんあけます(写真を参照)。 
 
 
※小さいコンロ本体が、中くらいのカバー下半分に収まっている状態。
 カバーにはたくさんの穴を、本体には釘穴×4、周囲に8、中央に補給用の穴をいくつか空ける。
 火をつけるときは中央の穴にコインをのせておく。

 
・もうひとつの中くらいの缶を、釘を全てカバーできる長さに切ります。
 中くらいの缶同士をはめ込めるように、この長めに切ったほうの缶に切り込みをいくつか入れます。
 おそらくかなりタイトなので、やすりできれいに磨くとよいでしょう。
 
Comments