岡山県民生委員制度の歴史

民生委員制度は、1917(大正6)年5月12日、「岡山県済世顧問制度設置規程」が公布されことを始まりとします
翌年1918(大正7年)には大阪府で「方面委員制度」が発足し、昭和3年には方面委員制度が全国に普及しました。
1946(昭和21)年、民生委員令の公布により名称が現在の「民生委員」に改められました。
民生委員の活動は、生活困窮者の支援に取り組むとともに、時代の変化に応じて新たな活動に取り組むなど、
地域福祉活動の推進のために関係機関と連携強化を図っています。
2017(平成29)年、民生委員制度は、済世顧問制度創設から100年を迎えました。
    *1974(昭和49)年3月1日、岡山県民生委員児童委員協議会発足

  済世顧問制度創設者 笠井信一 元岡山県知事

静岡県出身 1914(大正3)年から1919(大正8
)年まで岡山県知事を務める。
明治末から大正期にかけて社会経済の急速な変動がありまた1914大正3年の第一次世界大戦勃発によって国民の生活は大きな影響を受け、生活困窮者多く生み出していた。
1916(大正5)5月、宮中で開催された地方長官会議の場で、当時の岡山県知事であった笠井信一
、大正天皇から「県下の貧しい人々の状況はどうか」とのご下問を受けた。

笠井知事はすぐに岡山県内の貧困者の実情を調査し、悲惨な生活状態にある者が県内の1割に達していることが判明した
この事態の重大さに笠井知事は、日夜研究を重ね、ドイツのエルバーフェルト市で行われていた「救貧委員制度」を参考にして1917(大正6)5月12日「済世顧問設置規程」を公布し、社会奉仕の精神にあふれる人材とともに、防貧活動に取り組み、民生委員制度の前身である済世顧問制度が生まれた

 笠井知事は、困っている人に「進んで貧者に近寄り隔意なき良友、相談役」として対等に接することを顧問の理想とし、貧富の差に関係なく無料で診察する医師、農村の再生により豊かな暮らしの実現に努めた顧問の精神
は、後の方面委員制度に受け継がれ、今日の民生委員の礎となった。
1917(大正6)5月12日に「済世顧問設置規程」が公布されて、4年後の1921(大正10)には、米騒動後の情勢に対応するため、済世顧問の補助的役割を果たす済世委員が設置された。これらの制度の併設により、現在の民生委員制度の前身ともいうべき組織的な制度が確立された。

 

 

 



笠井信一銅像
1958(昭和33)年、民生委員制度創設40周年記念に建設、5月18日済世記念日除幕式、記念式が行われた。

岡山市北区丸の内
  岡山城烏城公園内

    笠井信一(1864~1929)
  (岡山県社会福祉協議会所蔵)


 書幅 「済世之心須如養花天」済世の心すべからく花を養う天のごとくあるべし
  (解説)天は、どんな花にも分け隔てなく太陽の光や雨の恵みを与えてくれる。
       済世顧問も天のように困っている人にそっと寄り添ってほしい。


サブページ (1): 笠井信一銅像めぐり