ホーム

 精神疾患の現状は、うつ病等の気分障害、不安障害、統合失調症、認知症、発達障害など、精神疾患で医療機関に受診する患者数は近年急増しており、平成20年には320万人を超えています。このほかに、受診していない患者も多くいると推測されており、精神疾患は、国民に広く関わる疾患です。
 精神疾患は、疾患による負担が大きく、生活の質の低下をもたらすだけでなく、社会経済的な損失も生じています。うつ病、統合失調症、依存症等の精神疾患は、自殺の背景にもなっています。
 しかし、我が国の精神保健医療福祉は、長期にわたり、長期入院を中心に進められてきており、救急・急性期・在宅などを含む手厚い医療体制や、地域における 生活を支えるための支援の整備が遅れてきました。また、国民の間で、精神疾患に関する理解が広まっておらず、特に統合失調症については、理解が進んでいない状況にあります。

 このような状況のもとで、平成16年9月に厚生労働省精神保健福祉対策本部が提示した「精神保健医療福祉の改革ビジョン」では、「国民意識の変革」、「精神医療体系の再編」、「地域生活支援体系の再編」、「精神保健医療福祉施策の基盤強化」という柱が掲げられ、「入院 医療中心から地域生活中心へ」という方策を推し進めていくことが示されました。

 精神保健福祉士は、精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行います。


(引用 厚生労働省みんなのメンタルヘルス総合サイト http://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html)