代表者紹介


大石龍太郎 President
 

慶應義塾大学商学部を卒業ののち、1982年にクーパースライブランド東京事務所に入所。米国から日本への進出企業の会計監査に従事し、米国の会計基準を修得する。その後、1986年にプライスウォーターハウス・ロサンゼルス事務所に入所。日本からの米国への進出企業の会計監査、及びコンサルティングを通じて日米のビジネス文化を学ぶ。1991年から1992年までクーパースライブランド・ロサンゼルス事務所での監査部門の在職を経て1992年に、ロサンゼルスで独立し、大石会計事務所を設立。その後、会計業務のみならず、合併・買収等のリストラクチュアリングを始めとするコンサルティング分野でも幅広く活躍。現在、会計をベースとする新しいスタイルの複合コンサルティングを目指して、サービスの充実に努めている。米国公認会計士。

福沢博昭 Vice President
 


東京大学法学部卒業後、三菱重工業(株)法務部に勤務。ワシントン大学ロースクールにてLL.M.(法学修士号)を取得した後、Los Angelesのアメリカ系アウトソーシングカンパニーGTGS, Inc.のVicePresidentに就任。税務関係のアウトソース業務等を担当し、約7年間勤務した後、大石会計事務所に加入。デューディリジェンス、ビジネスバリュエーション、経営計画等の分野を中心に活動中。米国公認会計士。
 
(c) All Rights Reserved by Oishi&Company 2006