上海オフショア開発フォーラムとは?

本サイトは中国当局のインターネット規制により、
中国国内からは閲覧・編集できなくなっており更新が滞っております。
どうぞご了承ください。


2008年1月に、発足したコミュニティです。

会員間の情報交換、外部への発信を通して、会員の

『より良い考察・ノウハウの獲得による業務改善』
『人脈形成によるビジネス機会の創造』

『貢献する場』

となることを目的としています。

上海オフショア開発フォーラムという「場」の活動を通じて、
スター(明星)」を輩出できるようになるのが理想です。

例えば、フォーラムでの何らかの活動が権威のあるメディアで取り上げられて、
個人であれば、社内での評価がアップする、
会社であれば、知名度が向上してビジネスが拡大する。

といった構図です。既に事例もあります。

2008年11月に開催したセミナーは、日経産業新聞と、
BIZpresso(中国において最大手の日系メディア)で
紹介していただきました。


また、2008年3月に技術評論社から出版された、
フォーラム発起人の2人の記事が掲載されています。(福田氏、勝又氏)



さらに、2009年3月に発行された、
には藤本氏が執筆協力しています。



人脈形成に関しては、

顧問として参画していただいております。

アジャイル開発やオブジェクト指向プログラミング・UMLで
著名な長瀬嘉秀さん(テクノロジック・アート代表)は、
客員教授をされておられる浙江大学への講義時に

2009年5月には、
増満氏のとりはからいで、スクリプト言語「Ruby」の産みの親である

その他、上海最大の異業種コミュニティである
とも懇意にさせていただいており、2009年4月には
定例会で講師を担当させていただきました。

セミナー開催も記事の執筆も少なからぬ労力が必要になりますが、
個人・会社の「ブランディング」として考えれば十分にお釣りがくると思います。

機会は用意できますので、どんどんチャレンジしていただきたいと思います。


■活動にあたっての留意点・心構え

フォーラムの勉強会等に参加するにあたって
念頭においていただきたいことがあります。
それは、

「得る(TAKE)」ことでなく「与える(GIVE)、貢献」を考えること


です。

時々、営業目的(TAKE)のみと見受けられる方がいらっしゃいます。
残念ですが、そういう方は「浮いて」しまいます。
狙いに反して、何も得るものが無いまま足が遠のいてしまいます。

情報は発信する人に集まります。

Give Give Give Give Give 貢献 貢献 貢献 貢献 貢献

をベースに考えて活動に参加すると、好循環が生まれます。
ですので、勉強会等に参加する場合は

「得ること」でなく「貢献できること」を
考えるようにしていただければ、
中長期的に「得る」ものが最大化できます。

また、

『規模を拡大して、政府に意見したり、
  陳情したりする業界団体を目指しては?』

ということを(好意から)ご提案していただける方がおりますが、
現在は、考えておりません。
申し訳ありませんが、あらかじめご了承下さい。

■発足の経緯
発足のきっかけは、2007年11月に上海で開催された「オフショア勉強会」(幸地司氏主催)です。
ここで懇意になった、オフショア開発に携わる有志7名(※)が中心になりました。
いづれも上海でソフトウェア開発を手がける企業の経営者、マネージャです。
 
発起会の模様(2008年1月24日) 
 
当初は、飲み会で、ざっくばらんに意見を交換する形でしたが、
非常に有用な情報交換をしているので、
 
『せっかくだから、ちゃんとしたアウトプットを作ってはどうか?!』
 
ということで、2008年の3月から飲み会の前に
「勉強会」を行うようにして、資料、議事録の記録を残すようにしました。
また、有識者を招いて講演していただいたり、
外部向けにセミナーを開催したりといった活動を実施してきました。
 
回を追うごとに口コミで参加者が増えてきて、
2008年8月に30名を超えました。
2010年1月に70名を超えました。
 

■今後の取り組み方

規模が大きくなるにつれ、議論・意思疎通が難しくなり、
各参加者の期待することのズレも目立つようになってきました。
 
これを解決する為、率直な意見を表明してもらった上で、
会則を作成して、「目的」「参加資格」「体制・意思決定方法」などを明確化しました。
 
さらに、新しい工夫として、
中期的なテーマ設定(これまでは、毎回、脈絡のないテーマ)を行い、
ファシリテーション技術、KJ法等の発想法、問題解決手法を取り入れて、
効果的な情報交換・議論を行うよう、取り組んでまいります。
 
最終的には、上海の現場を知る私達ならではの
 
「ノウハウ・事例・考察」
 
を集大成して、世の中に発信していこうと考えています。
 

立場・経験に関わらず、真摯に学ぼうとする方は大歓迎です。

一緒に学びませんか?!
 
申込はこちら