お茶ラジプロジェクト

皆さん、東北の言葉で行われる、ラジオ体操をご存知ですか?

「おらほのラジオ体操」です!

とっても楽しいですよ。 まだの方は、ぜひこちらの動画でチェック! http://youtu.be/GEI5LxkPi-4

「お茶ラジプロジェクト 」は、ボランティアさんと被災地の皆さんが一緒に「おらほのラジオ体操」を行い、
そのあとにみんなでお茶を飲みながら、楽しくコミュニケーションをとるプロジェクトです。

まずは、facebookで繋がりませんか? 「お茶ラジプロジェクト」  facebook
 
前回の活動はこんな感じ  →  お茶ラジ@平磯 レポート
 
★一緒に、東北へ行きませんか?ボランティアさんを募集しています!

下記の日程で参加出来る方、ご連絡ください。連絡先:oharadio311@gmail.com 松田まで。

グループでも個人でも参加できます。春休み中の大学生、ぜひご参加ください!

どんなボランティアなのかはこちら。お茶ラジプロジェクト ボランティア募集


●開催日程
    
・3/4(日) 開催予定
 
・3/13(火)南三陸町で2か所同時開催決定! 戸倉津の宮仮設住宅談話室/南三陸町戸倉荒町  募集締め切り
 
        岡山大学生の皆さんが参加してくださいます。 
 
・3/18(日)南三陸町上保呂毛生活センター  10:0​0~11:30  ボランティア募集中。 
 
・3/27(火)開催予定
 
・3/28(水)開催予定
 
 

お茶ラジ日程


 
お茶ラジプロジェクト@南三陸  2/4は、こんな感じでした!

お茶ラジプロジェクト@南三陸 2/4

 
 
お茶ラジプロジェクト
 
参加ボランティアの任務は被災地の仮設住宅居住者、
自宅避難者のおられる集落に出向
いて頂き、被災地の皆さんと元気にラジオ体操を行ない、お茶会でコミュニケーション
を図る事です。物資の支援などは行ないません。
当プロジェクトは組織ではありません。
提案する枠組みの中で皆さんが自由にアイデア
を持ち寄り、情報をシェアし活動して頂ければと思います。共に作り上げていく感覚で
是非ご参加下さい。
 
★お茶ラジが提供する 3 つのきっかけ
 
1、楽しく習慣的に体を動かすきっかけ
 
東北弁の「おらほのラジオ体操」の号令発声にのせて楽しく気持ち良く!
生活不活発病の予防をします。
体がイキイキすると心が軽やかになり前向きな気持ちを
後押ししてくれます
 
2、コミュニティ形成のきっかけ
 
老若男女、集落、地域の皆さんが気軽に交流できる時間と場の提供
ひきこもりがちな方を一人でも多く見つけ参加を促し孤独にさせない
 
3、個と個としての縁や繋がりを作るきっかけ
 
ボランティアもお茶会に参加交流し、震災経験や東北の文化からの学びの場に!
ボラと被災者ではなく細く長くお付き合いし、名前で呼び合うような関係を築く
 
 
★開催までの流れ
 
1、チームでの参加がベスト、
  (個人参加者はチームをコーディネートします)
  集落、地域の大きさにもよりますが一箇所3~5人が最低人数と考えて下さい。
 
2、開催エリアを決めます
  個人のご縁があればその地域、集落で開催(ご縁がない場合プロジェクトがコーディネートします)
  地域の代表者に取り次いでもらい、許可をもらう。複数の代表者がい
  る事が多いので必ず全員の許可をもらう事。基本的には小さく開催し、深く関係を築
  く方が望ましいですが、大きな会場でたくさん人を集めるような開催になりそうな場
  合はプロジェクトに相談して下さい。
 
3、日時と場所を決めます。
 曜日と開催できる場所を代表者と相談して下さい。開催時間は昼食の落ち着いた 13:
 30~16:00 がお勧めです。寒い時期の開催は屋内必須です。
 
4、備品の準備(冬場は集会所などは凍結により断水していること事を前提として)
  開催場所にあるか確認するもの (なければ必要に応じて用意)
  長テーブル、座布団、電気ポット、ガスコンロ、脚の悪い人用のソファーかイス
 
 
 
★必ず用意するもの
 
・おらほのラジオ体操のCD
 音楽 CD の問い合わせ注文先 ※災害復興義援金 200 円を含み、一枚 500 円で販売
 しております。ラジオ石巻 TEL 0225-96-1010 FAX 0225-96-1022/石巻日日新聞社
 TEL 0225-95-5231 FAX 0225-94-4720(到着が間に合わない場合CDを焼きます)
 
 
★用意するもの(こちらで準備もできますのでご依頼ください。担当:小林 weneedcosmetics@gmail.com まで
 
・飲み物、お茶(ティーパックがベスト。もしくは急須で淹れるか)
・ミネラルウォーター、(ポットかヤカンでお湯を作るため。目安:参加人数×600ml)
・お茶菓子(ご年配を配慮して。参加者の地元の名産や、被災地で購入するのも支援)
・消毒液(感染症の予防)
、紙皿、紙コップ、砂糖、コーヒークリーム、ティスプーン、
台ふきん、ティッシュ、残ったお菓子を分ける袋、ゴミ袋、ネームカードなど
※ゲームや遊びを企画する場合は各自準備願います。
 
 
★心構え
① 宿の用意はありませんので民宿など確保して下さい。ご案内もできます。
② ラジオ体操第一はできるようにしておいて下さい。またラジオ体操の前の補助運動は会話をしながら
  ゆっくり時間をかけて和むような雰囲気作りを心掛けて下さい
③ 遠路からの参加の場合、天候など考慮し、早めに現地入りして下さい
④ 傾聴を心掛け、震災については興味本位で話題にしないで下さい
⑤ 小さな縁を作る事が何より大切です。連絡先などの交換は積極的に行なって下さい。
⑥ 現地の方に後かたずけを残さずきれいに撤収を心掛けて下さい
⑦ お車の方はくれぐれも安全運転でお願いします。スタッドレスタイヤ必須。
⑧ 出来る限り同地区第 2 回の開催も視野に入れて下さい
 
 
★参考資料
 
おらほののラジオ体操
生活不活発病について(厚生労働省
 
★お茶ラジプロジェクト世話人 松田孝司(埼玉県越谷市在住)
東京都武蔵野市大川カイロプラクティックセンターにしくぼ整体院院長
 震災後 4 月から単独で被災地入り、自宅避難者中心に小さな避難所と集落をま
 わるボランティアを展開。現在に至る
携帯 090-3699-5725 アドレス ocharadio311@gmail.com
facebook ページ http://p.tl/B4id / twitter アカウント@ocharadio

サブページ (2): スケジュール 開催の様子