不動産投資Q&A

このページでは皆さまからよく寄せられる米国不動産投資への質問をQ&A形式でお答えしていきます。

Q: アメリカ不動産は最低何万ドルから始められますか?
A: 投資をする場所によって格差がありますが、一般の投資家の方へは30万ドル以上の物件をお勧めします。インターネットで検索をすれば、5万ドルから可能であるとか色々な情報が飛び交っていますが、安い物件はそれなりのリスクが高まるということを覚えてください。裏ワザでやる方法を選ぶ方は、それなりの勉強と時間を割いてやらなければなりません。当社でお勧めしている案件は、あくまでもサイドビジネスとして資産形成を目指す方、それなりに任せながら、なるべくリスクの低い投資を目指す方を対象に、当社の目の届く範囲内の物件(LA,OC郡)をお勧めしています。

Q: 全額キャッシュでなければ購入できませんか?
A: キャッシュフローメリットを最大にするためには、全額キャッシュ買いが理想ですが、そうでなければ買えない訳ではありません。こちらではForeign National Loan という、ソシアルセキュリテイ番号を持たない外国人を対象に貸してくれる銀行がいくつもあります。金利は一般のモーゲージ利率よりも若干高いですが、変動制のプログラムを合わせることで低く抑えられるやり方があります。最低頭金は35%以上必要です。

Q: 現地に来なければ投資はできませんか?
A: ご自身の購入される物件を一緒に探してみたい方は、どうぞお越しください。喜んでご案内をいたします。ただし、その旅行期間に運良く物件が見つかるかどうかはわかりません。当社の日本から投資をされているお客様は、電話とEメールだけで全くお見えにならない方も数名お見えになりますが、全てを当社にお任せいただけるケースですと現地を訪れる必要はありません。

Q: 米国の銀行に口座を持つ必要はありますか?
A: 購入の際には持つ必要はありませんが、購入後に家賃を受け入れる口座が必要です。又エスクローや郡、光熱費などの払い戻しを受けることがあります。その場合はほとんどチェックが届きますので、それらを入金するためにも米国口座が必要です。また支払いをする際にも米国銀行のチェックが必要です。三菱UFJ銀行ユニオンバンクは、日本に居ながら米国口座を開設できますので大変便利でお勧めします。

Q: 購入後の不動産管理が心配ですが、サポートはありますか?
A: 不動産は自宅にしても、投資にしても管理が立地の次に重要だと当社も認識しています。当社では、4ユニットまでの物件の場合直接管理をいたします。管理は、テナントの入居後のサポート、修理、クリーニングの手配、家賃入金確認、契約更新、テナントの入れ替えなどをサポートいたします。また5ユニット以上の物件になりますと、大手管理専門業者に仕事を委託しますが、当社はその管理会社の連絡先として立場をとり、モニタリングの業務を行います。これらは有料ですが、お客様が採用するかどうかを選ぶことができます。





Comments