学校情報‎ > ‎

カリキュラム

【カリキュラムの特徴】

得意分野/マンハッタン・アドバンテー ジ

多くの方々もご存知のとおり、SternといえばFinance分野が非常に有名です。Corporate Finance / ValuationのDamodaran教授を筆頭に充実した教師陣、卒業後は投資銀行やヘッジファンドに行く学生達、そしてファイナンスビジネスの中心であるウォールストリートとの強い関係。この3要素が全て凝縮し、Sternの地位を不動のものにしています。更に、近年はファイナンス以外の分野にも注力し、成果をあげています。特に、ニューヨークという地の利を活かした、マーケティング、メディア・エンターテインメント、不動産の分野では、全米でもユニークかつ先進的な授業が充実しています。 

パートタイム生の存在/他の学部院との連携

Sternは全米最大のパートタイムビジネススクールとしても有名で、昼間はウォールストリートやミッドタウンで働いている人々がナイトクラスでは一緒のクラスで学ぶ相手となります。クラスメイトからビジネスの生の息遣いを感じることができるのは、Sternならではの醍醐味です。また、全米トップクラスのLaw School、Tisch School of Arts(芸術院)やWagner School(公共政策)との共同授業を取ることも可能で、他学部との交流の中でダイナミックに学ぶことができます。 

ケースと理論のバランス

Sternでは、講義をベースに理論を着実に身に着ける授業と、ケースディスカッションを通じて理論の活きた展開を学んでいく授業が、バランスよく配置されています。ビジネススクールの中には、ケースディスカッションをほぼ主体とした授業を行うところもあり、それはそれで非常に有用であると思います。しかし、実際に授業を受けた経験からいうと、バランスよい組み合わせこそが最大の効能をもたらすのではないかと感じます。特に、ケースディスカッションではなかなか活躍できず消化不良に終わってしまう人にとっては、具体的に身につく実感のある講義形式の授業は欠かせません。講義形式といっても、相当Interactiveなものが多いです。

グループスタディと協調性

授業の多くにおいてgroup paper, presentation等のgroup workがアサインされ、それに伴いstudy groupが形成されます。入学直後のオリエンテーションおよび秋学期(Core科目中心)は、学校から指定された5〜6名のグループで課題に取り組むこととなります。このグループは、学校側が意図的にバックグラウンドの異なる学生をミックスするように作っており、学生それぞれがMBA生活においてどのようにグループやクラスに貢献できるか学べる絶好の場所となっています。1年生の春学期以降は授業ごとに自主的にグループを形成することが求められており、授業によってはこのグループのマネジメントをうまくできるかどうかで、成績や授業で学べることの深みが大きく左右されます。Sternで幾つものグループを作って感じたことは、Sternの学生は非常に協調性が高いということです。他の学校については、人から聞いたことだけしか分かりませんが、もっと競争的であったり実利的であったりするところも意外と多いようでした。私の勝手なイメージでは、Sternは社交的な、こういうと語弊があるかも知れませんがイージーゴーイングなタイプが多く、あまり競争ギラギラ的な学生はいません。スタディグループでは多くの時間を共に過ごすので、いい友人がたくさんできますよ。


【カリキュラムの設計】

必修単位数

卒業に必要な単位数は60単位で、最大63単位まで取ることが可能です。授業は基本的に一つ3単位(一学期間毎週3時間)、または1.5単位(一学期間毎週1.5時間または半学期間毎週3時間等)です。合計およそ25~30個の授業を取ることになります。このうち、Coreを原則9科目以上履修する必要があるため、自由選択は15~20科目ぐらいになります。いろんな分野を満遍なく取る人や、ファイナンスばかりをゴリゴリやる人もいて、人それぞれ自由です。ちなみにCoreは、Required Coreと呼ばれる必修科目が4科目(Accounting and Financial Reporting、Statistics and Data Analysis、Teams and Leaders(1.5単位)、Professional Responsibility(1.5単位))、Menu Coreと呼ばれる選択型科目が7科目(Foundations of Finance、Strategy、Marketing、Leadership in Organization、Global Economy、Firms and Markets、Operations Management)あり、その中から最低5科目を履修です。 

専攻分野(Specialization)

卒業単位をそろえると、Master of Business Administrationの修士号に加え、その中でのSpecializationの証明が付与されます。Specializationは選択した授業の組み合わせによって変わります。人によって違いますが、最大3つの分野取得することになるようです。分野としては、Accounting、Financeといった大きなものから、Leadership and Change Management、Entertainment, Media and Technologyといった特化したものまで、合計24個あります(MBA-Specializations)。

2年間のおおまかなスケジュール

Pre-term

(8月末~9月上旬)

オリエンテーションと考えて頂いて良いでしょう。イントロダクションやソーシャライジングのイベントが催されます。

1年秋学期

(9月上旬~12月中旬)

ほとんど必修科目となります。同時にSummer Internshipの就職活動も始まり、もっとも忙しい時期です。

1年春学期

(1月下旬~5月上旬)

選択科目も始まります。殆どの学生が引き続き就職活動を行っていて、忙しい日々が続きます。3月中旬のSpring breakには、多くの学生がスタディツアーに行きます。

2年秋学期

(9月初旬~12月中旬)

サマーインターンが終わったと思えば、もうフルタイムの就職活動が始まります。

2年春学期

(1月下旬~5月上旬)

一番のんびりできる時期かも知れません。授業、クラブ、課外活動など、いろんな分野に精力的に学び、遊んでいます。

5月上旬

NYU全体の卒業式とStern独自の卒業式の二つが開催されます。2013年は、NYU全体の卒業式はYankee Stadiumにて、Sternの卒業式はRadio City Hallで行われました。


開講授業一覧

Part-time studentまで含めると総勢3,000名にも達する生徒数の多さを受け、基礎的な物から非常にニッチな物まで、Sternでは多種多様な授業が開講されています。Financeが注目されることが多いSternですが、それ以外の分野により強い興味を持つ学生の需要も十二分に満たしうる構成となっています。

開講授業の一覧は、SternのRecords & Registration officeのサイト(Course Syllabi)で公開されており、syllabusも併せてupされていますので、是非一度ご覧になってみてください。


【人気授業】

幾つかのお勧め授業(詳しくは教授のページ参照)

Engle教授、Spence教授、Sargent教授のノーベル経済学賞受賞者が3名在籍しており、ノーベル賞受賞者が3人も現役教授として在籍しているビジネススクールは、世界でSternだけです。ファイナンスでは、コーポレートファイナンスの第一人者であるDamodaran教授、企業破産の権威であるAltman教授、企業ガバナンスとリストラクチャリングの気鋭Yermack教授、ウォール街からのたたき上げ実務家Smith教授、投資理論のベテランSilber教授等々、枚挙にいとまがないほど、顔ぶれは多士済々です。経済学の分野では、メディアの寵児Roubini教授、ゲーム理論のBrandenburger教授、経済成長理論とUrbanization ProjectのパイオニアRomer教授がいます。マーケティングでは、ブランド・マーケティングの次世代を担うGalloway教授、マーケティングの大家Winer教授。組織論では、世界中を席巻したドラッカー教授を輩出したことでも有名で、今でもLechner教授のように多くのトップ企業を指導している教授陣がいます。 その他、オペレーションのJuran教授、統計のSimonoff教授など、生徒からの信奉厚い個性的な教授が揃っています。 

海外学習について

海外で学ぶチャンスも多く用意されています。世界中で29カ国50のビジネススクールと交換留学することができます。またもっと短期集中型として、2週間で一つの国のビジネス、経済、文化を徹底的に学ぶスタディツアー(DBi (Doing Business in...) program)があり、中国、イタリア、アルゼンチン、オーストラリア、アイルランド、ハンガリー等々、普段詳しく知らない国を学ぶことができ大変人気があります。また、3月中旬のSpring Breakには、学生が企画するスタディツアーが行われ、 日本、インド、南アフリカ、イスラエルなどへ学生が繰り出します。我々日本人留学生は、毎年日本へのスタディツアー(Japan Trek)を行っており、これは一生の思い出になります。あと、変り種として、The Craft & Commerce of Cinemaという授業では、映画産業について勉強したあと、実際にカンヌ映画祭に行くというものがあります。

Metropolitan Operaへ のコンサルティング

Marketingの授業の一環として、Metropolitan Operaに対するコンサルティングというものがあります。Metropolitan Operaはオペラの殿堂の一つですが、近年は観客の減少と高齢化が大きな課題となっています。2年前に経営陣を一掃し、新たなメンバーで革新的なマーケティングを打ち出しているところです。Sternの学生に対しても、ビジネスプロフェッショナルかつニューヨーカーとしての視点からアイデアを求めてきており、これに対して我々とディスカッションの機会を持ち、また選ばれたチームは改善提案をプレゼンテーションします。こうした、マンハッタンならではのユニークな取り組みは他にもあり、Barneys New York, Lincoln Center, New York Mets, Atlantic City, Steinway & Sonsへ訪問する機会もあります。

Michael Price Student Investment Fund

Richard Levich教授による”Managing Investment Funds"という授業では、Michael Price Student Investment Fund (MPSIF)という1.9百万ドル(2013年9月末時点)のファンド運用に携わる機会が提供されています。2000年の第1号投資案件依頼、29.6%の累積リターンを上げているファンドです。非常にcompetitiveなセレクションを経て、毎年約45人の学生がMichael Price Fundの運用に携わり、投資案件の発掘からプレゼンテーション、投資期間中のマネージメント、そして売却に至るあらゆる投資活動を経験するチャンスを得ています。 

Stern Consulting Corpsについて

このプラグラムは、学生が企業やNPOに送り込まれ、これまで学んだファイナンス、 マーケティング、マネジメント論を実際に活用するというものです。単なる学習の機会ではありません。受け入れ先の企業・NPOは実際に問題を抱えていて、Sternの学生が組織経営のプロとして変革・改善してくれることを本当に求めているのです。経験した人の話を聞くと、プロとして扱われ、責任とプレッシャーは相当なもので、だからこそ多く学ぶことができるとのことでした。受け入れ先のNPOはマンハッタンを拠点におくものが多く、例えば、クリントン元大統領がハーレム地区の活性化をめざして設立したクリントン・ファンド、などもあります。このプログラムには大手コンサル会社も協力しており、コンサルタントがメンターとして学生を指導するため、コンサルタントとしての実務を学ぶ良い機会にもなります。(Experimental Learning
Comments